ストレスの症状別解決法はこれだ!7つの視点で大解剖

ストレスの症状別解決法はこれだ!7つの視点で大解剖

あなたはストレスありますか?多分多くの方が「あります。」と答えると思います。なかには「ストレスで胃が痛い。」「円形脱毛症になった。」なんて症状で苦しんでいる話はよく聞きます。

そのまま放置しあまりにひどいと鬱病などになってしまいます。私の周りの方も鬱病の方沢山いますがほとんどの原因が「ストレス」です。人間関係、恋愛、仕事、家庭など現代の社会とは切っても切れない「ストレス」について述べてまいります。

特にストレスは早めにその対処方法を知り行動に移す事に意義があります。少しでも異常な症状が見られたらどうすればいいのか?解決法を伝えさせていただきます。



 


ストレスの症状別解決法はこれだ!
7つの視点で大解剖

 


ストレスを受けなくする為に。


仕事の上でどうしても嫌な客がいるんですが・・・?、家庭で義理の母と上手くいかないのですが・・・?なんてよくあるケースですよね?

そんな時皆さんどうしてますか?大概は我慢して付き合うと答えると思うのですが、これが「ストレス」です。ではストレスを受けなくする為にその人とは付き合わない。

こんなこと出来ませんよね?じゃあどうするか?答えは発散方法を見つけることです。趣味や自分が没頭できるものを見つける。

例えば一人カラオケ、一人で自分の世界に浸ることが出来てストレス発散に効果的です。あとは旅行知らない場所に行くと新鮮さもあり集中出来てストレスに効果ありです。

 


自律神経の乱れを無くす。


皆さんは規則正しい生活していますか?実はストレスにはこの規則正しい生活がとても効果的なのです。逆に強いストレスを受けるとこの自律神経が乱れ規則正しい生活がおくれないとも言えます。

特に大事なのが睡眠自律神経を正常化するのに役立ちます。自律神経とは交感神経(興奮するなどの症状を促す)と副交感神経(安らぎ、癒しを与える)のバランスで成り立ってます。基本起きている時は交感神経が活発で寝ている時は副交感神経が活発になります。

その為ある程度規則正しい生活が大事になります。自律神経の乱れを放置しておくとひどくなり自律神経失調症や鬱病などを引き起こします。

 


眠れないひとに。


強いストレスは自律神経の乱れを引き起こします。これによって一番影響を受けるのが睡眠です。大概強いストレスは不眠症などの症状などで出てきます。

睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠の2種類が1.5時間周期で周っています。つまり1.5時間ごとの睡眠3時間、4.5時間、6時間等にてとっていくのが理想です。

また朝の光を受けて体内時計をリセットしますので起床は日の光が当たる時間、場所がいいでしょう。眠れない人は起床時間を調整することをおススメします。

もしどうしても眠れないなら病院へ行って睡眠薬をもらってください。

 


原因不明の胃痛に。


時々胸を締められるような痛みにおそわれませんか?それ多分ストレス性の胃痛です。仕事や家事が出来ないくらい痛みますよね?

原因はこれもストレスです。強いストレスに胃が収縮しているのだと推測されます。基本はストレスの元を絶つか発散すれば治ります。

でも酷い場合は医者に診てもらってください。遠慮せずに病院へ行くのが一番の近道です。何故ならストレスはおそらくその病院へ行く理由でダメになること(会社や家庭)にあるからです。

市販の胃薬もいいですけどあまり効き目がないと言う話を聞きます。休みをもらって病院へ行きましょう。

 


その他の異常信号に。


強いストレスはその他様々な影響を身体に表します。例えば突然の目まい、吐き気などなどあります。私も通勤途中で突然倒れ救急車で病院へ運ばれた事がありました。

その時は脳の病気(脳外科)だと思いましたが後日ストレスによる解離性障害(総称して鬱病)で精神科へ通うこととなりました。皆さんのそばに原因不明の病で悩んでいる方いませんか?

それは精神科で一回診てもらうことをおススメいたします。ただ精神科の治療するのは抵抗あるって方以外と多いですよね?痛いことはしないただ薬をもらうだけなので安心してください。

 


入浴で一日の疲れを取る。


起きているうちで副交感神経が働く場所、それが浴室です。(働かない人もいるのですが・・・)入浴は必ずするようにするといいでしょう。

まず清潔ですし、何といっても眠りが深くなれます。ぬるめのお湯(41℃くらい)に15分~30分ゆっくり浸かってください。

入るタイミングですが寝る前の1時間ほど前がベストです。何故ならお風呂に入っている間に体温が上昇します。それからお風呂からでて体温が下がり始める頃に寝るのが一番深く眠れるからです。

私もお風呂の時間は大事にしてます。一日の流れを整え、規則正しい睡眠をとるためにもお風呂は大事な時間となります。シャワーだけでは意味がありませんので要注意です。

 


鬱病になってしまったら・・・。


ストレスを完全に除去することは不可能です。ましてや理由が重大なもの(消え去らない記憶、家庭内暴力など)であったなら解決することは出来ないでしょう。そんな時は遠慮なく病院へ行きましょう。

痛いことはありません。鬱病と診断されたら仕事も減らすか辞められる状態なら辞めてしまいましょう。そして家族、恋人などの支えを受けて規則正しい生活を心掛けましょう。

鬱病ははずかしいことではないです。診断されたら生涯手帳か自立支援医療制度を利用しましょう。医療費が安くなるのと同時に就職支援サービスなどが受けられます。

私も自立支援医療制度を受けて薬をもらっていました。4年ほどかかりましたが全快し今こうして働いております。ストレスを除去するにはそのストレスから逃げるのが一番です。

 

いかがでしょうか。ストレスとその症状について述べてきたわけですがご参考になりましたか?私の経験上「ストレスを受けた度合によって身体が様々な反応をする。」ということがご理解いただけたかと思います。

中には解決策とは言えないものも含まれているかも知れませんが基本ストレスはその元を絶つか?ストレスを発散して飛ばすか?この二点だけです。

その為に日々規則正しい生活を送ることが大事となります。初期症状のうちに早めに病院へ行くことも大事なことです。「精神科なんて・・・」なんて偏見持たずに受けてください。
症状が軽いうちなら治療期間も短くて済みますし、今の仕事を辞めたりするリスクは少なくなります。どうしてもやめられない人間関係によるストレスにはこの方法が一番良いと考えます。

 


まとめ


ストレスの症状別解決法はこれだ!7つの視点で大解剖

・ストレスを受けなくする為に。
・自律神経の乱れを無くす。
・眠れない人に。
・原因不明の胃痛に。
・その他の異常信号に。
・入浴で一日の疲れを取る。
・鬱病になってしまったら・・・。