精神病の症状かな?と感じたらやってほしいセルフチェック

精神病の症状かな?と感じたらやってほしいセルフチェック

面倒くさい、やる気が出ない、食欲が強すぎる、やたらと眠たい……気がする、など普段の自分ではないような状態、もしかして精神病の症状かもしれないと感じたらセルフチェックを行ってみましょう。

病院やクリニックにかかるのも良いですが、精神科や心療内科を受診するのに抵抗がある方は多いでしょう。たいした事じゃないのに受診して笑われたくないなんて考える方もいらっしゃるでしょう。

もちろんセルフチェックはあくまで「セルフ」なので、必ず合致するものではありませんが、今の心配をこれ以上深刻な問題にさせないための目安にはなります。心の健康診断も必要ですよ。



 


精神病の症状かな?と感じたら
やってほしいセルフチェック

 


うつ病のセルフチェック


すっかり人々の生活に馴染んだ「うつ病」という言葉ですが、症状の軽い重いはあるにせよ、現代社会で発症しやすい病気になってしまいました。自覚症状が見えたら早めに手を打ちましょう。

・とにかく憂鬱で楽しいことや希望が見出せない
・不眠が続いている
・些細なことで泣いてしまう
・体重の増減が激しい
・疲れやすく、すぐにだるくなる
・自分を非常に優柔不断だと感じる
・友人知人家族に対して自分は不要な人間だと思う

 


自律神経失調症のセルフチェック


環境の変化やストレス耐性により出やすいのが自律神経の乱れです。崩れたバランスを放置しておくと健全に機能している別の部位にも支障をきたすので、休養や専門家への相談が必要です。

・少し動いただけでやたらと疲れる
・めまいや耳鳴りがひどい
・便秘や下痢が多い
・動悸がする
・気候の変化で体調が変わる
・よく立ちくらみやひどいめまいが起きる
・夏でも手足が冷える
・冬でもよく汗をかく
・首周りのコリがひどい
・吐き気をもよおすことが多い

 


パニック障害のセルフチェック


いきなり不安に襲われ、それに怯えて日常生活を普通に送ることができなくなります。不安自体には自分で気付いておらず、突然発作として症状が出るので自覚しやすいかもしれません。

・呼吸が急に速くなる
・動悸がする
・息がしにくくなる
・軽い吐き気を感じる
・冷や汗が出る
・眩暈がする
・死の恐怖を感じる
・置かれている状況に混乱する
・指先や足の先が痺れたようになる
・体のふるえが出る

 


社会不安障害のセルフチェック


社会と関わる状況に対して強い恐怖を感じ、社会生活を送ることが難しくなる病気です。うつ病だと思っていたら社会不安障害だったというケースもある、わたしたちの生活の近いところにいる病気です。

・人前に出ると震えが出る
・周りからの評価が異常に気になる
・人前で何かをするときにどう思われるかが気になり恐怖を感じる
・恥をかくのが嫌で人との関わりを避ける
・他人の視線が怖い
・多人数の中で孤立しがち
・人と会う約束を取り付けるのをためらう

 


認知性のセルフチェック


「覚えていたけど忘れていた」ではなく、「それ自体を覚えていない」のが認知性の症状です。うつ病や意識障害と間違われることがありますので、正しい診断と治療が必要です。

・物忘れが以前よりひどい
・仕事や家事など今までできていたことが困難になった
・同じ事を何度も話す
・買い置きのものがやたらと多い
・自分の年齢を3歳以上間違う
・5分ほど前に覚えたことが思い出せない
・簡単な計算を間違う
・知っているモノの名前が出てこないことがたびたびある

 


統合失調症のセルフチェック


幻聴・幻覚・妄想などの症状や、感情が不安定になったり欠如したりするなど、異常行動が目立つようになります。症状に自覚を持てず、受診が遅れがちですが、早くに周りが気付いたら専門家へ相談するようにしましょう。

・自室にこもって人と接さない
・人と話すことが苦痛で誰とも話をしない
・不安と緊張を非常に感じる
・頭の中に誰かがいる
・見えない誰かに指示命令される
・集中力が極度に欠けている
・楽しいことを感じられず、気力などがない
・いつ見てもぼんやりしている

 


醜形恐怖症のセルフチェック


自分の容姿がこうだったらよいのに、と思うコンプレックスは多くの人が多少なりとも持っていることですが、これを気にしすぎて精神に異常をきたす障害があります。自分を認められず、他人の言うことも聞かず、自己解決が悪循環を呼ぶというとても怖い病気です。

・自分の見た目がとにかく気に入らない
・欠点を見つけたらそのことばかりが気になる
・自分の容姿は異常・奇形であると思う
・他人は自分を否定していると考える
・美容整形を繰り返し、それでも満足いくことはない
・人の目が気になってしょうがない
・「普通」「気にならない」「チャーミングだと思う」など肯定の言葉は受け入れない

 

いかがでしたでしょうか。なんとなく気分が優れない日が続くなぁ、と思ったら、気分だけでない部分にも目を向けてみてください。複合的にみることで症状に気付くことができます。

知っている病気だけに囚われて、自分はきっとこの症状に違いない、と思い込むのも危険です。自覚症状だけでは判断仕切れないことも多く、また病気にも様々な種類があります。自己判断をして自分が思い当たった病気の対策を練っても、本当は逆効果になることだってあります。

セルフチェックをして、ちょっと精神病の可能性が考えられるかなと思ったら、きちんと専門家に相談しましょう。診てくれる方との相性もありますので、どうしても合わない場合はそこにこだわらず違う専門家にかかると良いでしょう。

 


まとめ


精神病の症状かな?と感じたらやってほしいセルフチェック

・うつ病のセルフチェック
・自律神経失調症のセルフチェック
・パニック障害のセルフチェック
・社会不安障害のセルフチェック
・認知性のセルフチェック
・統合失調症のセルフチェック
・醜形恐怖症のセルフチェック