眠れない寝る方法☆ストレスフリーで試せるものはこれ!

眠れない寝る方法☆ストレスフリーで試せるものはこれ!

「眠れない・・・」つらいですよね?「明日大事な仕事があるのに・・・」こんな時に限って眠れません。いったいどうしたのでしょうか?

眠りは人間の身体を休めるいい機会です。しかし身体が疲れていても眠れない事があります。本当にそれで大丈夫なのでしょうか?

いいえ大丈夫ではありません。自律神経の乱れやひどい場合はうつ病などが疑えます。出来るだけ早く専門外来を受診されるべきです。

今回はそんな事が出来ない人の為に試して欲しい方法を載せておきます。眠れない方は是非試してみてくださいね。きっと快眠出来る事でしょう。



 


眠れない寝る方法☆
ストレスフリーで試せるものはこれ!

 


入浴時間で眠りやすくしよう。


眠れない原因って何があると思いますか?一番はストレスなどによる自律神経の乱れであると推測されます。眠れない寝る方法ではまずこの自律神経に働きかけてみたいと考えます。

自律神経は交感神経と副交感神経で出来ていて眠れないのは交感神経が異常に昂る事で起こるとされています。副交感神経を上手に出してあげるようにすればいい訳です。睡眠時間以外で副交感神経が高まるのはお風呂の時間です。

温めのお湯にゆっくり15分~20分浸かりましょう。時間は睡眠時間の1時間前ほどが良いです。こうするとお風呂に入ってからちょうど体温が下がり始める頃に入眠する事が出来ます。

上手く入浴時間と方法を実行して快眠を手に入れましょう。

 


睡眠前の準備をしよう。


睡眠前の準備も大事なものです。あなたはスマホなどを寝るギリギリまでやっていたりしませんか?あるいはテレビなどを入眠ギリギリまで観ていたりしませんか?

それは寝る準備としてはふさわしくないものです。光を浴びる事で人間の身体は調整されます。眠りに入る時も本来は日が沈んで暗くなってそうして眠ると言う自然のサイクルを繰り返しているものなのです。

ところが強い光(スマホやテレビ)などを浴びてしまうとこの入眠へ向けた準備が上手く整わないまま入眠する事になります。やり方は簡単です。寝る前30分はスマホをいじったりテレビを観たりをやめる事です。

そうするだけでも睡眠の質は変わり眠れない寝る方法となる事でしょう。睡眠前の準備がとてもいい影響を与えます。

 


香りで寝てみよう。


それでも眠れない方は自律神経などの病気を疑ってもいいですが、そんな方のために眠れない寝る方法を教えます。香りで眠るのです。

アロマキャンドルなどを用意しましょう。ラベンダーやカモミールなどリラックス効果のある香りで快適に入眠してみませんか?あとはその他の香りでもいいです。

あなたが心地よいと感じる事が出来ればそれはいい香りだと言う事です。いろいろ試してみましょう。さらにボディクリームもアロマ効果のあるものを使用する事が出来ます。

お風呂上りに肌に塗るだけです。保湿効果も合わさりいい効果ですね。いろいろ試してみて下さい。

 


飲み物で寝てみよう。


寝る前のティータイムも入眠を良くする為に必要な事です。あなたは何かやっていますか?俗にいうのはジャスミンティーですがこれは間違いです。

いいのはカモミールティーやラベンダーティーあとは生姜湯さらにホットココアです。寝る前40分ほど前にこれらを摂ると入眠に良い効果があるとされています。

身体を瞬間的に温めそれから体温が下がるところで寝ると言う事が一番いい方法です。眠れない寝る方法でもこの方法は高い評判を得ています。これらの飲み物は身体に優しく体内を温める効果とリラックス効果があります。

いけない飲み物はカフェインの入っている飲み物とアルコールなどです。これらは睡眠を阻害します。アルコールを飲むと眠くなる人いますがこれは一時的なもので恒久的ではありませんので注意してください。

 


眠れなくてもいいと思おう。


精神面で「どうしても眠らないといけない」と思う事が逆に入眠を妨げている原因かも知れません。眠れない寝る方法としてはどうせ眠れなくても大丈夫だと思う事にあります。いい意味で開き直ると言う事です。

これが結構効果があってやはり眠れない時「眠れなくてもいいんだ」と考える事で正常な眠りを誘う事が解っています。この時に眠れないからといってテレビを観てしまったりする事は良くありません。あくまでベットの中で目を閉じておきましょう。

ベットの中で目を閉じているだけでも身体は少し休まります。眠れないからといって動くのではなくそこは割り切って1日2日ぐらいであれば大丈夫です。じっと目を閉じ耐えましょう。

 


違う事を考えて寝てみよう。


よく「明日プレゼンあるから眠れない・・・」と言う話を聞きますがこれはその事に執着しているから起こる事です。眠れない寝る方法としてはこの執着心を取り払う事によって眠る事が出来るとされています。物事に対する執着心は非常に大事なものです。

しかし睡眠となったら別の事を考える方が交感神経の昂りを抑える効果があります。何か違う事を考えてみましょう。出来る事なら明日の予定じゃない事を考えるといいです。

「あぁあの時楽しかったなぁ?」とか「あぁあの人きれいだったなぁ」とか「あぁあの人かっこよかったなぁ」なんて考えていると自然に眠りに入れるはずです。悩みの種類でも多くても大丈夫です。睡眠には関係ありません。

 


起床時間で調整しよう。


起床時間は一日の体内時計をリセットするチャンスです。起床時間にちゃんとした日光を浴びる事が一日の活力に繋がります。眠れなかったとしても起床時間には日光を浴びるようにしてください。

起床時間が夜の方は起きたらまず強い光を浴びる事をやってみてはいかがでしょうか?それによって体内時計がリセットされ正確な時間に眠くなるといった状態を作り出します。寝ていない人も起床を大事にすればいいのです。

人間の体内時計は25時間と言われています。朝の光を浴びる事でそれがリセットされて正常な時間を刻む事が出来ます。眠れないのも1日だけかも知れません。

次の睡眠と為に朝の光を浴びてみる事は重要な事でしょう。

 

いかがでしょうか。こういう手段を用いてみても1週間とか眠れない場合は不眠症の疑いがあります。そうなれば病院を受診して睡眠薬をもらうなどの対策が必要になります。

市販の睡眠薬も試してみるといいでしょう。どうしても寝れない状態が続き時は病気を疑うべきです。アルコールで寝た場合などは夜中に目が覚めるといった状態になる事があります。

これを習慣にしておく事はやめましょう。あくまで健康的に快適な睡眠を取る事があなたにとってとても大事な事なのです。あなたの眠れない日々が改善され眠れるようになる事を期待します。

 


まとめ


眠れない寝る方法☆ストレスフリーで試せるものはこれ!

・入浴時間で眠りやすくしよう。
・睡眠前の準備をしよう。
・香りで寝てみよう。
・飲み物で寝てみよう。
・眠れなくてもいいと思おう。
・違う事を考えて寝てみよう。
・起床時間で調整しよう。