イライラが病気に繋がる7つのストレス度チェック

イライラが病気に繋がる7つのストレス度チェック

「何だか最近イライラするんだよね。」こう言っている風景よく見かけますよね?また「最近怒りやすい」と言った症状を持っている方もいるのではないでしょうか。それは病気に繋がるかも知れないです。

知らず知らずのうちに病んでいる証拠かも知れません。そんな方の為に簡単なストレス度チェックとして7項目挙げてみました。直接病気を疑えるものからそうでないものまで基本これをチェックしてみれば大丈夫というものです。

「最近何だか・・・」と言う方は是非読んでください。自分で自覚すれば病気になる事なく生活を送れます。これを読んでご自身と比較してみて下さい。



 


イライラが病気に繋がる
7つのストレス度チェック

 


ムッとしたら初期段階と思おう。


イライラの前段階「ムッとする」事ありませんか?なんでか解らないけどムッとするという症状ありませんか?それは病気の前段階です。

それがイライラに変わる前に何とかしましょう。一番いいのがリラックスする事です。ムッとしたら背伸びをしてみたりあるいは仕事をちょっとサボってどこかでリラックスしてもいいかも知れません。

一番悪いのが溜め込む事です。ムッとするを溜め込んでしまうとやがてイライラに変わる事になります。それが病気に繋がる事もあります。

ムッとしたら初期段階だと思いましょう。この段階で気がつけばまだ手遅れにならずにすみます。早めのリラックスを心掛ける事です。

 


疲れやすいかチェックしよう。


「何だか最近疲れやすいんだよねぇ?」何が原因でしょうか?イライラから疲れはやってきます。放置しておくと治る事もありますが疲れやすいと感じた時には手を打っておく必要があります。

いろいろと原因はあります。特に外的要因の場合はそれを取りさらう事が困難な状態です。日々のお風呂や睡眠で取りさらえたならいいのですが、そうにもいきません。

疲れやすいと感じた時はもう病気に繋がる一歩かも知れません。きちんと生活をしているのに疲れると言う方はそれはイライラが原因かも知れません。イライラの原因を突き止めて対処する事です。

もし取れ払えないものなら一時的に逃げる手もありです。ともかく大きなストレスになる前に行動する事です。

 


風邪を引きやすいか考えよう。


「最近免疫が下がったのかな?」こう思う事ありませんか?「最近何だか風邪気味でさぁ」こんな症状はありませんか?イライラからくるストレスは免疫系にダメージを与え風邪などに対する抵抗力が弱くなります。

キチンと規則正しい生活をしているにもかかわらず何だか風邪の状態が多いと感じた時はストレスを受けている証拠です。放置しておくと病気になったりします。一番いい解消法は趣味などに没頭できる事です。

ですが子育てなどそうも出来ない状態の場合は一日少しでもいいのでストレス元から逃げてください。自分の入浴時間なんかはそういった時間がとれるはずです。仕事の場合は上手くオンオフを切り替えてください。

これが健康へ繋がります。ダメな場合は大抵いろいろ引きずって考えています。そうすると風邪を引きやすいといった症状が現れる事があります。

 


キレたら反省しよう。


キレてる事は発散出来ているのでしょうか?答えはNOでしょう。キレてる事も時には必要な場合があります。

イライラを溜めすぎてキレている状態は健康体とは言えません。やがてそれが病気になる事だってあります。キレたら反省をしましょう。

周りに迷惑をかけている事は本人も解っているのです。発散出来ているのか?発散出来ていないです。

キレる事の前にしっかり注意してあげる事です。その時は恐ろしいぐらい丁寧に注意をしてあげる事です。それが人を動かすコツというものです。

キレると言う事は病気の一歩手前です。反省しましょう。

 


眠れているかチェックしよう。


あなたはちゃんと眠れていますか?この問いにYESと答えられていれば大丈夫です。イライラから来るストレスは睡眠を妨害します。

眠れない状態は交感神経が優位になっている事が多いです。ですから眠れていない事は色々な病気に繋がる恐れがあります。当然一時的に眠れないといった事はあります。

しかし1週間なり続く場合はこれは病院へ行くレベルです。眠れているかチェックしましょう。眠りは大事なストレス発散場所です。

原因なく眠れていない場合はイライラの原因と一致するものが多いです。原因が解るものならそれはその原因を取りさらえばいいです。

 


自律神経をチェックしよう。


イライラによって自律神経が乱れている可能性があります。理由なくイライラするといった症状などはこの自律神経がやられている場合が多いです。自律神経とは興奮やか身体の活動をサポートする交感神経と安らぎを与え身体の休息を促す副交感神経の二つがあります。

これがストレスなどによって乱れると不眠や異常な汗などといった症状で現れてきます。そうなったらもう自律神経失調症と言われる病気です。早めに病院へ行きましょう。

ここまで来ると完全にすぐに快方へ向かうと言う事は出来ません。ある程度の闘病生活は覚悟しなければいけません。自律神経をチェックしましょう。

 


鬱病を疑おう。


さらに放置しておくとこの鬱病になる恐れがあります。こうなったらもう完全に仕事量を減らしある程度の時間闘病生活を送るしかありません。イライラのストレスがマックスになると自分の身体を傷つけたりする行為に及ぶ事になります。

そうなったら病院へ行き薬を貰ってあとは規則正しい生活をする事以外に治療はありません。こうなる前になんとか抑えたいものです。もしなってしまったらそれは受け入れてしっかり自分と向き合い治療するしかありません。

治療は長く続き費用面でもかなりの負担になりますが、健康には変えられません。立派な病気なのです。

ストレスを溜め続けているとこうなります。

 

いかがでしょうか。イライラのストレスをしっかり発散しないと大変な事になる事が十分に解ったのではないでしょうか。病気になったらそれはそれで受け入れて治療するしかありません。

規則正しい生活をしてきちんと食事を摂っているにも関わらずイライラが来る場合などは病気の可能性が高いです。病気になると非常に時間を要します。本人一人ではそれは解決する事が困難になります。

ですからなんとか病気になる前に兆候を見つけて上手くストレスの捌け口を見つけてあげる事が重要です。このチェックはそのようなものに警鐘を鳴らすとともに病気の大変さをよくご理解いただければ幸いです。

 


まとめ


イライラが病気に繋がる7つのストレス度チェック

・ムッとしたら初期段階と思おう。
・疲れやすいかチェックしよう。
・風邪を引きやすいか考えよう。
・キレたら反省しよう。
・眠れているかチェックしよう。
・自律神経をチェックしよう。
・鬱病を疑おう。