睡眠不足にならないために再確認すべき食事と生活習慣

睡眠不足にならないために再確認すべき食事と生活習慣

あなたは睡眠不足ですか?多くの人が「睡眠不足です。」と答える事でしょう。それだけ快眠をしている人は少ないものです。

眠れているのに睡眠不足を感じている人もいます。朝なかなかベットから起きられない人もいます。休みの日は一日ベットにいる人もいます。

そんな方食事と生活習慣をチェックしてみませんか?ひょっとしたらそこに原因があるのかも知れませんよ。睡眠不足にならない為にチェックする情報を伝えます。

是非とも読んでチェックしてみてください。当たり前の事ですが皆さん意外と出来ていないものです。そんな項目を挙げてみました。



 


睡眠不足にならないために
再確認すべき食事と生活習慣

 


寝る前の食事を見直そう。


あなたは寝る前の4時間の間に食事を摂りますか?あるいは寝る前にものを食べないと夜中にお腹が減って寝られないですか?寝る前の食事実は安眠の妨げになっているケースが多いのです。

そこから睡眠不足が始まります。また香辛料の多い食事を摂っていたりしませんか?これも安眠の妨げとなるのです。

寝る前の食事が無いと寝ている時にお腹が減ると言う方は寝る前に温めた牛乳を飲む事を薦めます。それでもお腹が減るとなったらそれは病気かも知れません。またカフェインを多く含む飲み物も当たり前ですが厳禁です。

寝る前4時間は基本何も食べずに水分補給のみで過ごしましょう。夜食が癖になっている方は睡眠不足になりますのでやめましょう。まずは寝る前の食事を見直してみてください。

 


アルコールは控えよう。


アルコールは飲みますか?適量のアルコールは血行促進を促しいい効果があります。しかしアルコールを飲まないと眠れないなどの症状は明らかに異常です。

アルコールには覚醒作用があります。体内で分解されると身体に毒となる成分が出来てしまいます。睡眠不足にならない為にはアルコールは控える事です。

寝るまではアルコールは良いのですが、寝てからの状態が良くありません。結果睡眠不足と言う形で現れます。

アルコールで眠るのではなく食事の時の趣向品、楽しむものとして割り切る事です。そういう考えがとても大事です。

 


たばこは控えよう。


たばこは吸いますか?どのくらい吸いますか?たばこも睡眠に良くないって知っていましたか?

たばこは血管を収縮させる働きがある事が解っています。これが安眠には良くない症状なのです。血流が良くなりそれが自然と血流が悪くなるのと同時に寝るととてもいい状態です。

たばこを吸うと確かに落ち着くといった効果もあるのですが、血管を収縮させて血流が悪くなりそれが眠気と重なるのは身体にとってとても負担が大きいのです。寝る前のたばこはやめましょう。

肺の観点からもたばこの煙や灰が入る危険性もあります。たばこは百害あって一利なしです。たばこは控えましょう。

 


入浴時間で調整しよう。


丁度よく熟睡できるのは体温が下がりはじめて来る頃です。入浴時間を調整する事でこのタイミングに床につけるようにしましょう。目安は入浴時間の1時間後に入眠です。

こうする事で体温が入浴により上がりちょうど体温が下がり始めたころ眠りにつく事が出来ます。お風呂の温度も工夫が必要です。温めの温度でゆっくり15分~30分浸かりましょう。

入浴時間は睡眠不足解消に大きな働きをします。どっちも安らぎの時間を与えると言う事も言えます。入浴時間を上手につかって安眠しましょう。

 


入眠前の明るさを控えよう。


睡眠不足は目からの影響を受けます。最近の研究では目に強い刺激(光を当てる)と目の奥の神経が刺激され交感神経に働きが起こるとされています。交感神経は身体を活発に動かすのに必要な神経で寝る時はいりません。

ですから寝る前の強い光は体内時計を狂わせ安眠を妨げます。どのような光が強い光かと言えばテレビやスマホなどのブルーライトがそれに当たります。この光を寝る前に極力浴びない事です。

テレビは入眠前30分前に消しましょう。スマホもいじるのをやめましょう。入眠前の明るさを控える事が快適な睡眠へと誘います。

睡眠前30分は部屋を暗くして瞑想するようにしましょう。それだけでもかなり眠りの質が変わるはずです。

 


眠れないなら目をつぶろう。


眠れない場合はとりあえずでいいので目をつぶりましょう。これだけでも十分に休まっています。眠れないからと言ってテレビを観たりスマホをいじったりする事は逆効果です。

眠れないその日一日はそれでいいので目だけつぶって耐えましょう。目から刺激を受けないと言うだけでも休息の意味あいは果たしているものです。焦ったりするのではなく目をただつぶるだけです。

これが一週間なり続く時はさすがに医者に相談ですが一日や二日眠れない事はままあるものです。あまり深く考えずに何か違う事を考えたりしながら目をつぶっていましょう。眠れないから睡眠不足と言う訳でもないのです。

 


起床時間で整えよう。


あなたはどんな起き方をしていますか?または目覚まし時計に起こされていますか?朝は苦手じゃないですか?

朝苦手な方も朝起きたら必ず外の光を浴びましょう。もし光のない時間なら蛍光灯の光でもいいです。こうして光を浴びて起きる事で体内時計がリセットされ一日が活力あるものとなります。

睡眠不足でも起床時間は決めておいてその日の睡眠で調整するようにしてください。上手く睡眠がとれない人は起床が良くないとも言えます。起床をしっかりする事で正常に身体を動かせる状態が作れます。

眠れない時も起床時間は決めておいてその時間からは起きて活動するようにしてください。これが非常に大事な事になります。起床時間で整えましょう。

 

いかがでしょうか。基本的な事ですがいざやるとなったらちょっと面倒な事が多いのではないでしょうか。特に現代のスマホなどは寝る前や寝てからもベットでいじっている事などあります。

ですがこれをしっかりやる事で睡眠の質が高まり睡眠の満足感が得られます。眠りの質を高めると身体にとっていい効果が沢山あります。身体が疲れにくくなります。

身体の免疫系も高まり病気に強い身体になれます。是非とも実践してみて下さい。それがあなたの生活の向上に繋がります。

この情報があなたの快適な睡眠の手助けになればいいです。

 


まとめ


睡眠不足にならないために再確認すべき食事と生活習慣

・寝る前の食事を見直そう。
・アルコールは控えよう。
・たばこは控えよう。
・入浴時間で調整しよう。
・入眠前の明るさを控えよう。
・眠れないなら目をつぶろう。
・起床時間で整えよう。