眠れない寝る方法!不眠症のあなたへおススメ7つのヒント

眠れない寝る方法!不眠症のあなたへおススメ7つのヒント

「眠れない・・・」とお悩みの方いますか?寝たけど疲れが取れないとお悩みの方いますか?なかなか寝付けないと言う方いますか?

今回はそんな方の為に安眠する為の方法を教えます。不眠症は放置しておくととてもよくないものです。身体の変調を産み身体を蝕んでいきます。

身体の変調は通常生活に支障をきたすばかりか大きな病へとつながります。しっかり読んで解決してください。眠れない人が多少強引にでも寝る方法を伝えます。

とても大事な睡眠の意義も沢山述べて行きますので、ご参考にされてはいかがでしょうか?眠りやすくする事からちょっと強引な事まで幅広く伝えていきます。



 


眠れない寝る方法!
不眠症のあなたへおススメ7つのヒント

 


入浴時間で寝よう。


眠れない寝る方法でまず考えたいものが入浴時間です。この時間は身体をリラックスする事はもちろん入眠の準備の働きが大きくあります。あなたは毎日お風呂に入っていますか?

それはとても大事な事です。入眠する前段階として入浴時間は大きな働きがあります。どのような入浴方法がいいのでしょうか?

それは湯船に浸かる事です。それも温めのお湯に15分~30分ゆっくり浸かる事です。こうする事で副交感神経を呼び覚まし入眠の準備をする事が出来ます。

入浴時間は寝る前1時間前がいいでしょう。ちょうどお風呂で体温が上がってから体温が下がり始める頃に床につけば快適に入眠する事が出来ます。眠れない人はまずはこれを試してみてください。

 


食事を工夫してみよう。


食事にも工夫が必要です。あなたはちゃんとバランスよく食べていますか?偏ってはいませんか?

特定の香辛料を沢山摂ってはいませんか?特に眠れない寝る方法に効果があるものは乳製品です。温めた牛乳やチーズなどには眠りを誘う作用があります。

食事の時間はどうでしょうか?快適な睡眠をする為には寝る4時間前に夕食・夜食を済ませる事です。どうしてもお腹が減ってしまうと言う方は刺激の少ないお菓子などを食べると良いでしょう。

そういう事は言ってもやはり食べない事で睡眠の準備に入る事を身体に教える事が出来ます。眠れない方は食事も工夫してみましょう。

 


寝る前を工夫してみよう。


寝る前にはあなたはどんなことをしていますか?テレビを観ていますか?スマホをいじっていますか?

実は寝る前には本を読むなど強い光を浴びない事が眠れない寝る方法をするのにとても意義があるのです。目に強い刺激を受けると神経が刺激され頭が昼と勘違いします。特に液晶テレビやスマホで用いられているブルーライトはこの刺激がたっぷりです。

寝る前直前までこの光を浴びていると安眠が妨げられたり入眠しづらくなってしまいます。寝る30分前にはこれらの光を浴びないようにする事が大事です。ですから寝る前に読む本はとても意味があるのです。

それは入眠をスムーズにし、安眠をするいい方法です。眠れない方は試してみてください。

 


臭いを工夫してみよう。


臭いも入眠に必要なものです。臭くしていろというのではありません。自分の落ち着く臭いにする事がとても大事なものです。

香りを発するものとしてはアロマキャンドルなどがあります。また自分の体臭にも安心して入眠できる成分があります。これらを上手く使って寝ましょう。

身体に何か異常がある時は人間は臭いを発すると言います。臭いで眠れなかったなどの時は身体の変調を疑うべきです。眠れない寝る方法としては寝る前に飲むお茶に効果があるとされています。

ジャスミンや高級なウーロン茶などは睡眠を誘う役割があるとされています。控えたいものはカフェイン入りのものです。臭いにも工夫してみましょう。

 


自律神経を整えてみよう。


自律神経のバランスも眠れない寝る方法には欠かせないものです。このバランスを正常に保ち、活動を促す交感神経から休息を促す副交感神経へと上手く移行してあげるように努める事が安眠できる事に繋がります。

逆にこの移行が上手くいかないで交感神経が優位のまま寝るとなかなか眠れないという症状となって現れます。それは場合によっては深刻なものとなるケースが多いです。副交感神経を優位にさせる手順は前述したように食事に入浴それと強い光を浴びない事です。

これをやって副交感神経が優位にならないなどの症状は病気と疑っていいです。状況によっては交感神経がストレスや過度の興奮などによってなかなか副交感神経へと移行しないケースもありますが、自律神経を正常に機能させれば睡眠は自然ととれるものなのです。

 


睡眠薬を使ってみよう。


これは奥の手です。眠れない寝る方法をすべて試してみたけれども眠れないと言う方には睡眠薬をおススメします。現在は睡眠薬といっても副作用の少ないものが多く中には市販されているものもあります。

でも出来る事なら一度精神科へかかる事をおススメします。病院から出される薬は効果てきめんですし、睡眠薬だけですとおそらく1000円ぐらいしかかからないのではないでしょうか。

どうしても眠れない場合はひどくなる前に病院へ行きましょう。不眠症は立派な病気です。ひょっとして隠れた病気があるのかも知れません。

 


起床時間を調整してみよう。


眠れない寝る方法は眠る時間にスポットが当たりがちですがとても大事な事が起床時間です。人間の身体には体内時計があって起床時間から何時間起きていると眠くなると決まっているのです。個人差はありますが起床時間から14時間~18時間と言われています。

ですから眠れないと悩む前にとりあえずその日の睡眠は目をつぶっているだけでよしとしましょう。起床時間に日光の光を浴びる事によって一日がスタートするのです。暗い時間に起きている人でも蛍光灯やテレビ、スマホなどの光を浴びましょう。

そうする事で正常に体内時計が作動して自然と眠くなるものです。人間の身体はそういう風に出来ています。起床時間で調整しましょう。

 

いかがでしょうか。眠れない事はとてもつらい事です。その場で眠ろうとすればするほど焦ってしまって上手く寝付けないという事はよくある事です。

その場は諦めて次の朝から調整する事です。眠れない事が長く続く場合はいろいろな病の可能性があります。以上挙げた項目を試してみても眠れない方は病院へ行きましょう。

一日や二日眠れない事は誰にでもある事です。それが日常生活に支障をきたすようであれば早めの対処が求められます。突発的に夜中起きてしまって眠れない状態ではとりあえず気分転換して楽しい事でも考えて目をつぶってべっとに横たわっておいてください。

それでほとんど解決するはずです。あなたの眠りがいいものでありますよう祈ります。

 


まとめ


眠れない寝る方法!不眠症のあなたへおススメ7つのヒント

・入浴時間で寝よう。
・食事を工夫してみよう。
・寝る前を工夫してみよう。
・臭いを工夫してみよう。
・自律神経を整えてみよう。
・睡眠薬を使ってみよう。
・起床時間を調整してみよう。