イライラ・ストレスから病気になる恐れのある人、7タイプ

イライラ・ストレスから病気になる恐れのある人、7タイプ

多くの人が日々、なにかしらのイライラやストレスを感じています。仕事であったり、人間関係であったりと理由は人それぞれです。また同じ状況下でもイライラやストレスの感じ方は人それぞれですのでどれくらいイライラしてストレスを感じたのかを比べるのは難しいですね。

目には見えないのにイライラやストレスが心や体に与える影響は思っていたよりも大きいようです。過食による肥満、円形脱毛症やジンマシン、メニエール症、過呼吸など病気も様々です。

誰もがイライラやストレスが原因で病気になる可能性を持っています。体が弱っている時はなおさらですよ。自分はイライラやストレスに強いか弱いのか気になりますね。どんなタイプの人が影響を受けやすいのか、イライラやストレスから病気になりやすいのか調べてみました。



 


イライラ・ストレスから病気になる恐れのある人、
7タイプ

 


きっちり几帳面なタイプ


仕事や約束事が予定通りに進むよう準備が整えられないとソワソワして落ち着かないという人はいつも準備万端であろうと気を張っています。人に対しても同様でいい加減な人がそばにいるとイライラしてストレスを抱えこんでしまいます。人間関係がギクシャクしてしまうこともありさらにストレスを積み重ねてしまいますね。

仕事の分担をして負担を軽くしてみましょう。予定通り進むように几帳面なあなたがリードすればストレスも軽くなりますよ。

 


がんばる完璧主義タイプ


完璧であることに安心感を求めるタイプはいつもがんばっていて休まることができません。途中で手を抜くことができないうえに求める結果の完成度の理想が高すぎるのでプレッシャーを抱えることがストレスにつながってしまいます。人にも完璧を求めてしまいがちでストレスに追い討ちをかけてしまいます。

難しいことばかりにチャレンジしないでまずは簡単なことから完璧にしていきましょう。達成感が味わえればストレスを感じません。

 


隠れ神経質タイプ


自分が神経質だと気づいてない人もいるようです。例えば机の上が散らかっていたり、決まった場所に物が置かれていないなどいつもと違う状況にイライラしていませんか。自分だけではなく隣にいる人のテーブルの汚れが我慢できないなど、また気になってもそれが言えない状況は知らないうちにストレスがたまるようです。

整理整頓が得意なことを周りにアピールしましょう。片付けを率先してやることでストレスもなくなり周りからも感謝されますよ。

 


こだわりが強いタイプ


こうでなければならないと強い信念があるのは素敵ですね。でも譲ることが難しく、他人とよくぶつかってしまうタイプも要注意です。意見が通らないことや意思の疎通ができないことでストレスをためてしまいます。自分とは考え方が違う人を理解できないことにストレスを感じずにはいられません。

それぞれの得意分野でこだわりを貫くことでよりいい関係を築きましょう。エキスパートが集まれば仕事の成果もあがりますね。

 


感受性が強いタイプ


感受性が強いことはけして悪いことではありませんが、公共の場などで感情をあらわにすることはなかなか難しいことが多いものです。思い切り泣きたいのに周りの目が気になって我慢するのは大変なことですね。せっかくの長所なのに残念です。

プラス思考をどんどん表現しましょう。嬉しい、楽しい、おいしいなど周りを明るくするムードメーカーになれば気持ちを隠す必要はありません。

 


周りに気を使いすぎるタイプ


自分がどう見られているか誰でも気になりますね。周りによく思われたい一心であれこれ世話をやいて気を回しすぎてしまうタイプも日々、ストレスを積み重ねています。仕事をかわってあげれば感謝されますが重荷になっていませんか。

1つに集中しましょう。机を拭いてあげるだけでも十分な気づかいです。無理をする必要はありませんね。

 


妥協することが苦手なタイプ


臨機応変に対処することが苦手な人は、これでいいかな、仕方がないなと妥協することにイライラをつのらせてしまいます。人から見ればたいしたことではないことも妥協してしまう自分にストレスを感じてしまいます。

余裕を持っていると考えましょう。ダメだったらこうしようと柔軟な考え方をすれば余裕がでてきますよ。

 

いかがでしたか。ご紹介した7タイプはけして短所ではありません。飲みすぎれば二日酔いになるように度を越してしまった時にせっかくの長所が短所になってしまうのです。イライラしているなと感じたらひとかけらのチョコレートを食べてみたり、温かい飲み物を飲むなどリラックスできる方法を見つけておくといいですね。オンとオフを切り替えれば気を紛らわせますよ。

また緊張で固まった体をほぐすために軽いストレッチや深呼吸をしてうまくストレスを受け流してみましょう。体調が悪いなと感じたらストレスがたまった体からのSOSのサインです。イライラを溜め込んでストレスで病気になる前に、頑張っている自分を褒めてあげましょう。

 


まとめ


イライラ・ストレスから病気になる恐れのある人、7タイプ

・きっちり几帳面なタイプ
・がんばる完璧主義タイプ
・隠れ神経質タイプ
・こだわりが強いタイプ
・感受性が強いタイプ
・周りに気を使いすぎるタイプ
・妥協することが苦手なタイプ