睡眠不足を少しでも解消する7つの方法をご紹介

睡眠不足を少しでも解消する7つの方法をご紹介

睡眠不足が続くとどんな影響があるか知っていますか?実は健康面はもちろん、精神面にも睡眠不足は大きな影響を与えます。健康な成人男性でもたった5日間、睡眠不足が続くだけで情緒不安定になり、強いストレスを受けたのと同じ状態になってしまいます。記憶力も低下し、仕事の能率も下げてしまいます。

睡眠不足による体力の低下によって風邪をひきやくやすくなり、代謝にも影響を与えるので肥満や脳卒中のリスクもあがってしまいます。ストレスホルモンであるコルチゾールが体内で生成されると、コラーゲンなどが破壊され肌にハリやツヤがなくなってしまうので、これは女性にとっては大問題です。睡眠不足解消法をご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。



 


睡眠不足を少しでも解消する
7つの方法をご紹介

 


眠りのスイッチをONしよう


ホットミルクやココアで体を温めましょう。体が温まることでリラックス効果が期待できます。睡眠の前に20~30分ほどぬるま湯につかるのも効果的です。心身共にゆったりとできる環境を整えてみましょう。

体が温まったら静かな音楽を聞くのもいいですね。自分なりのリラックス法を見つけて眠る前の儀式にすると眠りのスイッチが入ります。これから寝ることを自分に暗示をかけてあげるといいですよ。

 


香りをプラスしよう


ラベンダーやカモミールはアロマの中でも睡眠時に有効なことで知られています。枕元にアロマグッズを置いてみましょう。でも香りの好みは人それぞれ。たくさんのアロマの中から好みの香りを探してみましょう。昼と夜の香りを分けると気分が切り替わりますよ。

好みの香りだからといって強い香りは逆効果です。ほんのり香る程度にすることを心がけましょう。

 


リズムの乱れを整えましょう


忙しくてつい寝るのが遅くなってしまった翌日もできるだけ毎日、同じ時間に起きるよう心がけましょう。睡眠のリズムの乱れが身についてしまうと体内時計がどんどんズレてしまいます。寝坊したい休日もお昼まで眠っていては時間ばかり浪費してしまいます。休日を趣味につかうこともストレス発散になります。せっかくの休日を無駄に過ごしてしまったと後悔するのは勿体無いですね。

朝日が部屋に入るようカーテンを少し開けておくと、体内時計がリセットされて目覚めもよくなりますよ。

 


脳を休ませてあげましょう


せっかく布団に入ったのにスマートフォンでゲームやメールなどをしていませんか?暗い部屋で青く光るブルーライトは脳を起こしてしまい眠りを妨げます。脳を休ませてあげましょう。本来は眠る2時間くらい前からスマートフォンやパソコンは控えるようにしたいものです。そうは言ってもなかなか画面から目が離せませんね。

読み残していた雑誌や本はありませんか?読書の時間に切り替えることをお薦めします。知識・教養が身について一石二鳥ですよ。

 


体をほぐしてあげましょう


仕事で疲れた体は自覚がなくても1日の疲れで緊張したままです。簡単なストレッチで体をほぐしてあげましょう。肩を回す、背伸びをする、ふくらはぎを揉むなど布団の上でできるものでも効果があります。意外と気持ちいいのが股関節をほぐすこと。あぐらをかくように座って股関節を開いてあげるとリンパの流れもよくなります。

無理なストレッチは逆効果です。ゆっくりと無理のない程度に1日頑張った体にご褒美をあげましょう。

 


気持ちもほぐしてあげましょう


布団の中で、今日の失敗を思い出していませんか?ストレスは睡眠不足の原因です。今日の失敗や後悔ではなく、明日に向けてなにか楽しいことを考えましょう。

朝御飯に好きなメニューをプラスしよう、観たかったDVDをレンタルしようなど些細なことでもプラス思考は効果がありますよ。朝、気持ちよく目覚めることをイメージしましょう。

 


寝具を見直しましょう


枕や布団、パジャマなどは自分が気持ちよく感じていますか?高級な寝具がいいとは限りませんが体にあった寝具はそれだけでリラックスできますね。凹んでしまった枕やマットなどを見直してみましょう。カーテンやシーツカバーなども温かみのある暖色系にするなど視覚効果も忘れずに。

体を締め付けないパジャマにすることも大切です。普段着と変わらない服をパジャマにしている人がいますがパジャマに着替えることで睡眠を意識することができるのでちゃんとパジャマを用意しましょう。

 

睡眠不足を解消する為にできることはどれも簡単なことばかり。でも、ご紹介した7つの解消法の全てを実行することに頑張りすぎる必要はありません。大切なことはリラックスできることなので、頑張りすぎては意味がありませんね。たった1つを意識するだけでもきっと効果が現れるはずです。1つクリアして、気持ちよく目覚めることができたらそこからまた1つステップアップ。

睡眠のリズムが身につけば体調も良くなり、気分もすっきりしてきます。睡眠不足をすっきり解消して公私共に充実していきましょう。

 


まとめ


睡眠不足を少しでも解消する7つの方法をご紹介

・眠りのスイッチをONしましょう
・香りをプラスしましょう
・リズムを整えましょう
・脳を起こさないであげましょう
・体をほぐしてあげましょう
・気持ちもほぐしてあげましょう
・寝具を見直してあげましょう