断食デトックスでの減量を成功させる7つの秘訣

断食デトックスでの減量を成功させる7つの秘訣
断食デトックスとは時に「プチ断食」といった表現もされるように半日から長くても3日間といった短期間で行う断食のことです。

体を一時的に空っぽにすることで体内の老廃物が排出されて体が軽くなったり、結果的に肌質の改善ができてにきびが解消されたり他にも便秘改善など・・・ダイエット以外のメリットも注目される断食デトックス法。

3日の間カロリー接種を抑えることにより、結果としてカロリー不足を補うために体が体脂肪を燃焼させることにより体重減少につながります。

断食による空腹感に不安を覚える方もいるかもしれませんが、その空腹感が神経を刺激し、断食終了後も効果的に脂肪燃焼を助けてくれるきっかけ作りになります。辛くなったら2日で終了してもかまいません。

まず、ゆったりとした週末に一度試されてみてはいかがでしょうか。今日はポイントを抑えて断食デトックスが成功する方法について紹介します。



 


断食デトックスでの減量を成功させる7つの秘訣

 


休日の前日からスタートさせましょう


まずはじめに気楽になれるお話をしましょう。断食といっても主に3日スケジュールで行われる断食デトックスは、実際に食事をしないのは中1日のみです。1日目の食事を軽くし、2日目に本格的に食事を抜きます。

そして、最終日3日目には翌日に備えて食事を取り入れます。

1日目の準備は次の通りです。

・アルコールを控えましょう。
・朝食・昼食は普通にとって大丈夫です。ただし、腹八分目がおすすめです。
・夕食は就寝の3時間前までにとりましょう。このときは通常の半分の量にします。
・体調を確認する。

もし、1日目で体調が優れないときは無理をせず、別の機会に挑戦しましょう。

 


断食中は静かに過ごしましょう


主に2日目の過ごし方です。基本的に接種できるのは「水」のみです。

量は毒素を体外に排出するためにもなるべく多めの接種を心がけます。1日1.5~2リットルをめやすに接種します。

そして、なるべく静かに過ごせる行動で食欲を刺激しないような過ごし方をしましょう。

例えば、体を動かさずに手芸の趣味のある方はまとまった時間で作業に没頭してみたり、映画や音楽、読書など好きな世界に浸るのもいいでしょう。TVも悪くないのですが、食事の出てくる番組などを見てしまうと辛くなりますので、あまりおすすめはしません。

 


水だけではなく野菜ジュースを取り入れましょう


上記その2について補足します。あなたはたとえ1日でも味のない水だけを接種する生活に耐えられるでしょうか。

空腹が耐えられたとしても、味覚的に不満を覚える方もいらっしゃると思います。そんな場合には、無理をせずに味のある水分を接種しましょう。

野菜ジュースを1リットルまでが適正量です。

ショウガ入りの紅茶など、健康的な飲料も大丈夫です。

それでも物足りない方は蜂蜜はOK、フルーツ1個までならOKなど自分にあったルールを決めて守るようにしましょう。

ちなみに野菜ジュースは市販のものですと、糖分を足している場合などもありますので、食事の都度ジューサーにかけてつくることをおすすめ致します。

また、ショウガ入り紅茶はOKですが、ジュースやコーヒーなどの刺激物は厳禁です。

 


時間帯を限定して断食を行うのもアリ


これまでは3日かけて行うベーシックな断食デトックスにスポットを当てて説明してきましたが、まずお試ししたい方には「夜だけ」断食デトックスという方法もあります。例えば、「夜20時以降の間食をやめる」などこれも立派な断食の一つです。

また、前日の夜に外食や付き合いで食べ過ぎてしまう方は「朝だけ」断食デトックスという方法もあります。まず日中は水分の接種だけで過ごし、夕食を軽くとるというものです。

このときのポイントは回復食にあたる夕食でどか食いをしないことです。これならば、通常の生活に取り入れられる方も多いのではないでしょうか。

どちらにしても、マメに体重計に乗って日々のご自身の体を管理するきっかけに利用してください。

 


効果を考えてみましょう


デトックスとは体内にたまった毒素を排出させることです。空腹が辛くなったら、あきらめてしまう前にその結果得られることに着目してみましょう。

・食品添加物などの有害物質を体内に排出する
・腸の動きが活発になることで、便秘解消につながる
・自律神経が正常になり、痩せやすい体質つくりにつながる
・血液がさらさらになることで、セルライトやニキビの予防になる
・血行がよくなることで、肩こりや冷え性が改善される
・蓄積された脂肪を燃焼することで、体重が落とせる
・食事のありがたみを再認識できる

以上様々紹介しましたが、この中から一つでもご自身に役立ちそうな効果はありましたでしょうか。

辛くなったら、読み直して最後まで無理なくがんばってくださいね。

 


辛くなったら勇気を持って、途中でやめましょう


前日にスタートするときの体調は万全でしたでしょうか。

2日目に運動を取り入れてしまって気分が悪くなることはないでしょうか。断食デトックスは皆さんの体調が万全なときにこそ、効果の得られるダイエットです。これをきっかけに体を壊してしまっては元も子もありませんので、自分の体調としっかり向き合って行いましょう。

・頭痛や吐き気に教われる
・生理中である
・睡眠が不足している
・体を激しく動かしエネルギー不足になってしまった

そんなときは、勇気をもって中断しましょう。

また、体調な万全のときに成功できるようたのしく断食デトックスを取り入れてくださいね。

 


3日目に明日からの活動に備える準備をしましょう


2日目の断食からの回復が3日目の役割です。食事がとれるからといっていきなり高カロリーな食事を求めては胃がびっくりするばかりではなく、かえってリバウンドの原因になってしまいます。

3日目の回復食はまずおかゆからスタートしましょう。また、昼食と夕食は通常の2分の1の量を目安にとるようにします。このときも、脂っこい食事や糖分たっぷりのお菓子やアルコールは控えます。

おかゆが味気ない場合は、塩味をつけたりだしで味をたしてみたり、卵を入れてみたり工夫をしても大丈夫です。

 

いかがでしたか。

今日紹介した7つの秘訣は単体で行っても、自分に取り入れられるものだけ部分的に行っても好きな割合で取り組んでいただけます。

また、自己流で無理な断食を行うよりも効果的に、そして健康に断食デトックスに向き合っていただくためにも役立ちます。まずは減量の数値にこだわるよりも断食を体験してみるくらいの軽い気持ちで取り組んでください。

体がすっきりして、もしご自身にあう健康法だと思えば、無理のないペースで1か月に1回ですとか、2ヶ月に1回など定期的に行っみてはいかがでしょうか。

 


まとめ


断食デトックスでの減量を成功させる7つの秘訣

・休日の前日からスタートさせましょう
・断食中は静かに過ごしましょう
・水だけではなく野菜ジュースを取り入れましょう
・時間帯を限定して断食を行うのもアリ
・効果を考えてみましょう
・辛くなったら勇気を持って、途中でやめましょう
・3日目に明日からの活動に備える準備をしましょう