【ダイエット】置き換えフードでキレイに痩せる7つの方法

【ダイエット】置き換えフードでキレイに痩せる7つの方法
ダイエットでは「置き換えフード」で痩せるのが巷では大人気です。その名の通り、日に3回取る食事の際に、食事の代わりに低カロリーのダイエットフードに置き換えることで摂取カロリーを大幅に減らすダイエットです。

この置き換えフードダイエットは気軽に誰でも低価格で始められ、うまくいけば「減量」だけならスムーズに目標達成につながるため、女性の間では大人気です。

しかしダイエットに危険はつきものです。ダイエットで食事をダイエット食品に置き換えることで、摂取できる栄養素が極端に減ってしまいます。栄養不足による貧血や免疫力の低下などを引き起こす危険もあるため、注意が必要です。

今回は、人気ダイエットの置き換えフードできれいに健康的に痩せる7つの方法を紹介します。以下の紹介文を読み、無理のないご自分に合ったペースでダイエットをぜひ成功させてください。



 

【ダイエット】
置き換えフードでキレイに痩せる7つの方法

 

最初は1食置き換えから始めよう


ダイエットで置き換えフードに挑戦するとき、いきなり3食分を置き換えるような無謀な真似はくれぐれもしないでください。体が急激な食生活の変化に対応できず、必ず不具合が出るからです。頭がぼーっとし、力が入らず何事にも集中力が欠け、空腹によるめまいや吐き気症状が出る場合もあるのです。

「短期間で絶対痩せる!」という目標を叶えるためであっても、3食をすべて置き換えフードにする方法は無謀すぎます。ダイエットで置き換えフードにする場合、必ず最初は1食置き換えから始めてください。

すぐにダイエット効果を出したい場合は夕飯を置き換えフードにすればいいのです。3食置き換えるよりも、健康を維持したまま効果を実感できるはずです。

 

胃袋が慣れてきたら2食置き換えに挑戦


1食置き換えに慣れて、普通の日常をおくれるようなら、2食置き換えにグレードアップしてもいいですね。

しかし少しでもめまいや体調不良が見られたら、無理は禁物です。体調をこわしては、ダイエットをする意味もなくなるからです。「きれいになる」ことと「健康になる」ことは、同じ方向のベクトルであることをよくご理解ください。

 

忙しい日はダイエットのチャンス


仕事などが立て込んでいて、「ご飯を食べるひまもない!」という日はダイエットのチャンスなので置き換えフードを職場に持参してください。仕事に熱中しているため空腹感を感じずに済むうえに、疲れてへとへとになれば、空腹感よりも睡眠欲の方が増すため、暴食を避けられます。

 

無理をすると「痩せ」なくて「やつれる」


ダイエットで一番注意してほしいことは「不健康にならないこと」です。単に体重を減らすことだけを目標としてしまうと、たとえ体重は減っても、やつれて不健康になる場合があります。

栄養素が足りないと肌はガサガサになり、髪の毛はごわごわになります。女性としての「美しさ」が損なわれるのです。それではダイエットをした意味もなくなると思いませんか。

ダイエットで置き換えフードを使用するとき、「やつれ」るほどに減量しすぎないようくれぐれも気を付けてください。

 

栄養素が充実した置き換えフードを選ぶ


ダイエットで置き換えフードを使う時、やつれて不健康にならないために大切なのは、栄養素がたくさん入っている置き換えフードを選ぶことです。

ネットやテレビ通販などでもよく充実した栄養素の置き換えフードが紹介されています。中身の栄養素をよく確認し、同時に不要な添加物が入りすぎていないかをチェックしてください。

ダイエット食品とはいえ、あなたの大切な体を作っていく糧になるものを、安さや低カロリーだけを見て購入しないよう気を付けてください。

 

カロリーコントロールを行う


カロリー制限をするダイエットにおいて、置き換えフードはとても有効です。摂取カロリーを大幅にわかりやすく減らすことができるからです。

しかし気を付けたいのは摂取カロリーを減らしすぎないことです。極端に減らしてしまうと、体力維持が困難になり、日常生活の中で著しく集中力を欠くことになります。

また、上述したようにやつれてしまい「美しさ」から遠ざかります。普通の生活を送る前提でダイエットを行うならば、置き換えフードを加えた一日の摂取カロリーを1500~1800キロカロリーほどに決めるといいでしょう。

 

おなかがすいたときは果物で対応する


ダイエットで置き換えフード生活をしていると、無性にお腹がすくことがあります。空腹との戦いに負けてリバウンドにならないために、空腹時には果物をお勧めします。果物は栄養素が豊富で低カロリーなので、栄養を吸収したからだが満足して満腹感を得られることが多いからです。

また、果物に含まれる果糖は、普通のお菓子などの砂糖と違い脂肪に変化しにくいのです。ついついお酒や甘いものを食べてダイエット効果を台無しにするくらいなら、グレープフルーツやバナナを食べて空腹と戦ってください。

 

さて、ダイエットの置き換えフードできれいに痩せるための方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ダイエットにおいて一番大切なことは「減量すること」ではなく「美しくなること」ですよね。体重という「数字」だけに気をとられると、ついつい「美しさ」から遠ざかる、間違ったダイエット方法を進む人が多いのです。体重だけでなく、毎日鏡を覗き込み、日々美しくなろうと努力するご自分の姿をきちんと見つめてください。

男性は女性を「痩せているかどうか」という視点で見ません。「美しいかどうか」「肌がきれいか」「髪につやはあるか」を意識して、ご自分磨きを頑張ってください。目標を持ち続ければ、努力はきっと実を結ぶはずですから!

 

まとめ

置き換えフードでキレイに痩せる方法とは?

・最初は1食置き換えから始めて体を慣らす
・胃袋が慣れてきたら2食置き換えに挑戦する
・食べるひまもないほど忙しい日に集中的にダイエットをする
・無理なダイエットは「やつれる」危険があるのでやめよう
・栄養素が充実した置き換えフードを選ぼう
・毎日の摂取カロリーを無理なく設定しよう
・おなかがすいたときは果物か野菜を食べよう