【ダイエット】短期間でお腹がくびれる5つの運動

【ダイエット】短期間でお腹がくびれる5つの運動
今日はダイエットを短期で効果的にする方法をお伝えします。女性の身体を魅力的に見せる要素のひとつ、服を着た状態でもとても重要な部分が、くびれです。くびれがあるかどうかで、パンツスタイルもスカートも、ワンピースでさえも、着こなせるかどうかに大きく関わるもの。女性らしさをよりアピールするためにも、お腹周りのダイエットを短期間でしたくはありませんか?

くびれを作るべく、ダイエットを短期間で成功させるためには、お腹周りを集中的に鍛える運動を効率よくおこなうことです。

短期間でお腹をくびれさせるために、5つの効果的な運動を集めました。どの運動もある程度の負荷があり、始めてみると少しキツさを感じますが、それが鍛えられている証拠。お腹周りの筋肉がジワジワ熱くなるのを感じれば、それだけくびれも作られるものです。ダラダラしたダイエットを短期間で終わらせるため、プランを決めて実行してみましょう。



 

【ダイエット】
短期間でお腹がくびれる5つの運動

 

普通の腹筋運動にプラスしてやりたい、足上げ腹筋運動


お腹ダイエットを短期で仕上げるために、腹筋運動にプラスしたいのが、下腹部を鍛える足上げの腹筋運動です。同じ腹筋運動でも、上半身を起こす運動より、重い下半身を上げるこの運動のほうが数倍キツく感じますが、その分、効果も大きいでしょう。

仰向けに寝そべって、手は頭の後ろで組み、まずはお腹を丸めるように、身体を縮めます。そして、自転車を漕ぐように足をクルクル回しましょう。このダイエット運動を短期間でより効果的なものにするためには、できるだけお尻を浮かせること。そのほうがより負荷をかけることができます。

普通の腹筋運動とセットでおこないたいこの運動ですが、その効果からかなりキツく感じるため、数分は休憩を挟んでやるようにしましょう。

 

くびれを強調させることができる、ツイスト運動


お腹周りと言うと、下半身を使う運動が多いですが、お腹の周りや腰周りの筋肉をつけるのはとても重労働。くびれさせる運動は、お腹周りのダイエットを短期間でしなければいけないので、上半身も使って、効率よく簡単にできる運動を取り入れましょう。

上半身を使ったツイスト運動は、ただ立っていながら胸を左右に回すだけ。ブレずにおこなうためには、手を前に出した状態で、肘を縦に曲げて力こぶを作るような形にして、肘を回したい方向へ向けるようにすると良いでしょう。

慣れてきたら、足を出来るだけ大きく開いて、重心を下にしていくと、腹筋に力が入るので一石二鳥に鍛えられることになります。

 

左右のバランスを整える、対角線運動


くびれを作る運動として、とにかく腹筋だけを鍛えることだけを考えていても、上手くはいきません。身体の筋肉はつながっているので、気になるところだけでなく、周りも連動して鍛えていかないと、身体のバランスが崩れてしまいます。

対角線運動は、左右の筋肉を合わせて同時に動かすことで、よりバランスを整えてくれるもの。ダイエットを短期間で終わらせるにはピッタリです。足は肩幅程度に開いて、右の膝と左の肘を身体の前で近づけます。リズムに合わせて、これを左右交互におこなうのが対角線運動です

この時大切にしたいポイントは、肘だけに意識を集中せず、膝を上げることに集中すること。やはり、下半身は重いので、続けていくと膝が下がり気味になってしまい、全く意味の無い運動になってしまうことがあります。肘を下に下にと下げているだけでは、身体が丸まってしまい、姿勢も悪くなりがちです。

しっかり体幹を維持したまま、肘と膝を真ん中で近づけるようにしてください。

 

骨盤の歪みも整えてくれる、腰回し運動


くびれは腰の少し上に位置しますので、腰全体、お尻の周りも引き締めつつ、骨盤の形も整えることが、ダイエットを短期間で成功させる秘訣です。腰回し運動で、骨盤の調整をしながら、下半身からくびれを作りましょう。腰を回すだけの簡単な運動ですが、姿勢だけは気をつけたいもの。悪い姿勢でおこなってしまうと逆効果で、骨盤をゆがめてしまいます。

鏡の前などに立ち、頭のてっぺんから引っ張られるような間隔で胸を張り、両方の肩甲骨は少し寄せるように意識して。お腹が前にでないように、腹筋に力をいれて体を真っ直ぐにして行いましょう。腰は、おへそを中心に、楕円を描くように回しましょう。 一日5分からできる、お手軽な運動です。

 

寝ながら出来る、レッグツイスト運動


最後にご紹介したいのが、レッグツイスト運動。くびれダイエットを短期間で完了させるには、念には念をいれてお腹周りの運動をしましょう。

横になりながらできるこのレッグツイストは、自宅で寝ながらの体勢でおこないます。仰向けになった状態から、腰から足を上に90度に曲げた「くの字」の状態で、足を左右に落とします。広く場所がとれない時は、膝を曲げた姿勢でも良いでしょう。

腰から下は重さがあるので、できるだけグラグラしないように集中しておこないます。上半身は下半身につられないように、肩をしっかり床につけてください。少しキツい運動ですが、10回を3セット程度、必ずおこないましょう。

 

重要なのは、毎日続けること。ダイエットを短期間でおこなう為には、ダラダラと長く続けるような運動はモチベーションを下げてしまいます。期間中はしっかり集中して毎日取り組むことが大切です。自分のプライベートな時間との兼ね合いもありますが、できるだけ多くの時間を費やすように、ゴロゴロとテレビをみているのであれば、ここで紹介した運動を取り入れて、ダイエットに燃えましょう。

最初は筋肉痛になったりもしますが、始めてからは少しずつ慣れてきますので、他の運動やストレッチを増やしてみたり、食事制限を合わせてみるのも良いでしょう。

ダイエットを短期でする上で、忘れてはならないのが、「一番は身体を動かすこと」だということ。楽をして痩せることほど難しい事はありませんので、決意を決めて。くびれエクササイズをしてみようと思っている今は、格好の始め時なのかもしれません。

 

まとめ

【ダイエット】短期間でお腹がくびれる5つの運動

・普通の腹筋運動にプラスしてやりたい、足上げ腹筋運動
・くびれを強調させることができる、ツイスト運動
・左右のバランスを整える、対角線運動
・骨盤の歪みも整えてくれる、腰回し運動
・寝ながら出来る、レッグツイスト運動