ファスティングの正しい方法☆失敗しないための心得とは?

ファスティングの正しい方法☆失敗しないための心得とは?
ファスティングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。ダイエット方法などを検索していると、「断食ダイエット」という言葉にヒットすることがあります。断食をすると、食事を摂らずに生活するため、痩せる効果が得られます。しかし素人が単に食事を抜いて絶食をすると、体を壊して入院するケースもあります。

そのため気軽に断食ダイエットを行わずに、必要な栄養素を体に入れる、安全なダイエット方法を推奨しています。それこそが「ファスティング」なのです。ファスティングはダイエットのために「断食」という危険な方法を用いるのですが、それが体を壊さないように工夫されているのです。

以下にファスティングについての正しい方法をお伝えします。ダイエットに失敗せずに、そして体を壊さないように注意して、あなたもファスティングで美しさを手に入れてください。



 

ファスティングの正しい方法☆
失敗しないための心得とは?

 

ファスティングの意味を知ろう


さて、そもそもファスティングとは、「痩せる」以外にも意義があって行うものです。それは「健康管理」です。

断食ではなく、食事を抜く間にも体に必要な酵素を摂取することで、病的な体重の激減を避けます。更に、食事を摂らないことで胃腸を休め、働きを健康的にします。ファスティングとは、体調の悪いときに健康な内臓を取り戻すために有効な手段なのです。

過度のダイエット効果を意識するのではなく、「体の内側から健康になる」という意識をもって行うことがファスティングの本来の目的です。ファスティングをすることによって、体の中の老廃物や不純物が外に出て、内側からきれいになりますよ!

 

ファスティングの目的は「痩せること」ではなく「美しくなること」である


上述したように、ファスティングを「過度のヘビーな絶食で劇的に体重を落とす」ことを目標にしてはいけません。そもそも「痩せたい」と願うのは、周囲から「きれいだ」と評価されたいからでしょう。過度の絶食は「不健康」に陥り、「美」とは逆方向へと向かってしまいます。

ファスティングはあくまでも「健康」に向かうものです。そして健康こそ本当の「美」と呼べるのです。無理をして絶食を続行せずに、体の声に耳を傾けて、プラス思考で行うことで、ファスティングの成功率も大幅にアップします。

 

準備期間を必ずもうけよう


ファスティングは、摂取エネルギーを極度に減らす危険な方法なので、スタートが肝心です。いきなり酵素と水だけを摂取する生活を始めると、体が急激な変化についていけずにばててしまいます。ファスティングのスタート時には、必ず準備期間をもうけてください。

準備期間も、ファスティングの期間も個人差があり、その中でも自分の体調と相談しながら健康的に行うことが重要です。まずは「食べ過ぎない日を作る」ことから始め、次に「固形物を控える日」を作ってください。ファスティングの期間は酵素ドリンクと水だけの生活になるため、固形物を摂らない生活に慣れておくことは重要です。

 

断食期間には必ず水を飲もう


ファスティングの期間に大切なのは、水分補給をしっかりとすることです。普段は大体0.8~1リットルの水分を摂りますが、ファスティング期間中は倍の2リットルくらいの水分を摂るように心がけてください。食事を摂らないことで脱水の危険があるため、水分摂取は厳守してくださいね。

 

間違った酵素ドリンクを体に入れないようにする


さて、ファスティング期間中に大切なのは、食事の代わりとなる酵素ドリンクです。酵素ドリンクは流行りのせいもあり、市場に多く出回っています。しかし間違った酵素ドリンクは、中の酵素が死んでいる可能性があるのです。素人にそれを見分けるのは難しいですよね。

そこでファスティングダイエットを推奨している、「生きている酵素」を売りにしている商品を選ぶことをお薦めします。ファスティングを行う前に、必ず信頼できる酵素ドリンクを入手してください。

 

断食からの回復食を慎重に摂る


はまる人ははまるファスティングダイエットです。慣れてくれば毎月2~3日ファスティングダイエットを行うという人もいるくらい健康にも美にも効果があるからです。

ファスティングダイエットを行う準備期間の食生活を気にかけるように上述しましたが、ファスティングを終える際の食事にも、気を付けてください。急に元の脂っこい食事に戻しては、せっかく休まった胃腸がびっくりして働きを停止してしまいます。思わぬ腹痛や体調不良の原因になりかねません。

そこで、最初はおかゆのような固形物から徐々に固い食事に戻すのです。胃腸が固形物の分解についていけるくらいの少量から始めてくださいね。

 

さて、ファスティングの正しい方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

どんなダイエットにも失敗はつきものです。ましてや食事を摂らずに断食するファスティングは、途中で心が折れても仕方ありません。失敗しないためには、ストイックにやりすぎないことと、体重減少だけを目的におかずに、胃腸を休めて美肌になることなど、「美しくなること」を念頭におくことです。

そうすれば、あまりにもお腹がすいて途中で断念したとしても、「数時間、ファスティングできた!」と前向きに考えることができます。一度目が続かなくても、2度目3度目と、断食時間を長くしていければ上出来なのです。くれぐれも体調不良には気を付けつつ、自分の内臓の様子を想像しながら無理なく何度でも続けていってくださいね。

 

まとめ

ファスティングの正しい方法☆失敗しないための心得とは?

・ファスティングの意味は「健康になるために胃腸を休めること」だと心得る
・ファスティングの目的は「痩せること」ではなく「美しくなること」である
・ファスティング開始前に準備期間を必ずもうけよう
・断食期間には必ず水を1日2リットル飲もう
・間違った酵素ドリンクを体に入れないように注意しよう
・断食からの回復食を柔らかく少なめに慎重に摂る