ファスティングするなら、気をつけるべき7つのアドバイス

ファスティングするなら、気をつけるべき7つのアドバイス
身体を内側から整える効果が満載のファスティング。近頃はお手軽な週末ファスティングや、それらに合わせた酵素ドリンクなどの情報も多いため、美と健康の両方を手に入れるべく始める人が増えているのも事実。

エステやジム、ヨガなどの習い事も良いですが、なんとってもファスティングの良いところは家でお金をかけずにできること。それでも、上手にファスティングすることができれば、ダイエットだけでなく代謝をアップさせて十分な効果が得られるでしょう。

そんなお手軽なファスティングですが、絶対気をつけておかなければならない注意点がいくつかあります。この手を抜いてしまうと、効果が得られないどころか、悪影響を及ぼす可能性も。ファスティングするなら気をつけるべき7つのアドバイスをお伝えします。



 

ファスティングするなら、
気をつけるべき7つのアドバイス

 

スケジューリングや前日からの念入りな準備が必要なこと


数日かけておこなうファスティングでは、始める前には、十分余裕を持たせた予定を組み、余計な用事はいれないようスケジューリングしましょう

また、前日から徐々に身体を慣らしていく必要があるため、前日も時間をたっぷりとって、あまり余計な人間関係の負担は減らしておかなければいけません。

 

半日から一日、二日など、徐々に時間を増やしていくこと


食事をとらないでおこなうファスティングは、慣れていない状態で急に長時間始める事は危険です。体調にも変化を及ぼしますし、ストレスを溜めてしまったり、その後の回復が上手くいかない場合があります。

ファスティングを始めるなら、まずは半日、それが上手くいくようなら一日、二日とのばすやり方でおこないましょう

 

水分は厳選して、量にもこだわりましょう


ファスティング中は食事はとらず、水分だけで過ごすわけですが、だからといって水分は浴びるように飲んでもOKというわけではありません。空腹を紛らわすべく、グイグイのんでしまってはむくみの原因になり、返って代謝を悪くしてしまうことも。

水分をとるならば、酵素ドリンクなど栄養補給を第一に考えること。また、冷たいものや、急に胃に流し込むように大量に飲むのはNG。体温に近いものを適量摂取するように気をつけましょう。

 

体調管理は万全に、運動や外出は控え、ゆっくりすごしましょう


水分からでしか栄養補給がないファスティング。動かなさすぎも血の巡りを悪く体温をさげてしまいますが、気をつけたいのはいつもの調子で動いてしまうこと。

ファスティング中、体は次第に無駄に体力を使わないように省エネモードに入っているようなもの。そこへきて負荷の強い動きや持久力を必要とする運動行為は単に疲労を増加して、回復力を妨げてしまうものです。運動や外出は控えることと同時に、自宅にいて時間があまっているからと大掃除や模様替えなど、体力を使うことはできるだけ避けて、読書などでゆっくり過ごしましょう

 

終了後の食事は野菜も少し控えめにして、胃の負担を軽減させましょう


ファスティング終了後の回復食というものが、とても肝心な要素ですが、実は野菜も消化には良くないという事はご存知でしょうか?

多すぎる食物繊維は消化に時間がかかったり、胃腸を刺激してしまいます。身体に良いからと野菜ばかりをファスティング後に取るのではなく、最初はおかゆなど、少量の穀物から始めましょう

 

定期的に継続することを大切に、繰り返しおこないましょう


たった一日で効果のでるものなど、世の中にはありません。もちろんファスティングは毎日は続けられませんが、定期的に続けることが、より効果をあげる仕組みづくりにもなります

毎週やると予定が全部潰れてしまうので、毎月週末のどこかで予定したり、間に半日でファスティングをおこなうなど、生活に少しずつ取り入れて身体をリセットするようにしましょう。慣れてくると長時間できるようになったり、負担も軽くなります。

 

身体だけでなく、精神面も鍛えるように強い意思を持つことも大切


食欲と言うものは人間が生きるために必要な欲求。1日でもそれを我慢するのだから、肉体的にも精神的にも負担になります。上手にファスティングするのなら、気持ちの面でも食べないという行為を受け入れる器が必要ですね。

食事を我慢するのではなく、余裕を持った心で食べない期間を受け入れる精神状態が保てるように、少しの困難には向き合える耐性をもち、日頃のプレッシャーやストレスにも迎え撃つくらいの意気込みで精神を鍛えましょう

 

ファスティングというのは、ただ単に食事を抜けばよいという単純なものではありません。普段規則正しくしている食事のバランスを崩すのですから、睡眠時間を変えるように、上手くやらないと身体のバランスを崩してしまいます。

精神的な強さも鍛えられるファスティング。もちろん、向き不向きもありますが中も外も美しくなるためには強さが必要です。強い意思を持つことと同時に、やわらかくしなやかな心を持つことができれば、食事をとらない事もささいな事と思えるでしょう。

ファスティングの正しい知識として、時間と水分、導入前と導入後の食事に気をつけることができれば、成功しないわけがありません。お酒や食事で負担をかけている胃腸や、身体の器官を休ませてあげて、スッキリとした状態で次の日を迎えましょう。

 

まとめ

ファスティングするなら、気をつけるべき7つのアドバイス

・スケジューリングや前日からの念入りな準備が必要なこと
・半日から一日、二日など、徐々に時間を増やしていくこと
・水分は厳選して、量にもこだわりましょう
・体調管理は万全に、運動や外出は控え、ゆっくりすごしましょう
・終了後の食事は野菜も少し控えめにして、胃の負担を軽減させましょう
・定期的に継続することを大切に、繰り返しおこないましょう
・身体だけでなく、精神面も鍛えるように強い意思を持つことも大切