不眠症を解消するためにしておくべき7つの習慣

不眠症を解消するためにしておくべき7つの習慣
人にとって睡眠は生体維持に欠かせないものです。不眠症は身体の生体のリズムを乱し集中力の低下や認識能力の低下を招きます。最新医療の研究では睡眠不足による神経の損傷により精神疾患や性機能障害、高血圧、を発症しやすくなります。

特に糖尿病などは、ストレスや睡眠不足によって血糖値の上昇が著しいようで生活習慣病の発症リスクが上昇していると報告されています。

睡眠には二種類のしくみがありますので、それを理解することによって不眠症を解消するためにしておくべき7つの習慣を実践しやすくなります。

一つ目は、日中活動した脳は、疲労がたまり脳の活動が低下していき眠くなります。睡眠不足がたまると起こる症状です。昼食をとるとねむくなりますね。午後からは疲れを感じる、これは脳の疲労もあります。

二つ目には、夜になると体内時計により、身体と心を休息状態へときり変わります。

不眠症を解消するために重要なのが体内時計の働きと、疲労感を和らげる方法ですので、ここで7つの習慣がありますので紹介します。



 


不眠症を解消するためにしておくべき7つの習慣

 


朝起きたらカーテンを開け日光を浴びよう


朝の光の刺激は脳内より分泌されるホルモンのメラトニンの抑制をします。メラトニンは睡眠を促すホルモンです。日光を浴びると15時間は抑制されるのです。朝は一番で朝日を浴びましょう。幸せ感も感じ、元気で起きていられます。

 


休日の起床時間は平日と2時間以上ずれないように心がけよう


身体を動かしメリハリをつける。休日は、日頃の疲れからいつもより寝ていたい気持ちになりますよね。余計に調子が上がらないうえに、身体がすっきりしないなどの症状が出たりします。一日のメリハリがなくなるうえに夜間の睡眠にも影響がでてきますので、休日を充実して過ごすことが大切です

 


夕食は就寝時間の2時間前!カフェインにも注意!


寝る前に飲用しない。カフェインは覚醒作用と排泄作用もあり、寝てからトイレへ起きてしまい、睡眠の妨げなります。その後より不眠になり、床の中でいらいらすることも。夜間はできれば、ノンカフェインのハーブ茶などがおすすめです。又寝る前の食事は肥満の原因にもなりますので注意も必要ですよね。

 


昼寝は、20分から30分にしよう。


長い昼寝は夜間の睡眠の妨げになるだけではなく午後からの活動も鈍くなります。30分以上の睡眠は深い眠りに入ってしまいます。
少し脳を休ませるには、最適なので昼寝はおすすめです。長い昼寝は注意しましょうね。

 


軽いストレッチをとりいれよう


軽いストレッチ運動は心のリフレッシュにもなります。お勧めは自力整体いうのがあります一人でできる、つぼを自力で押していく整体運動です。先生について整体の運動を行います。慣れてきたら自宅で行うこともできます。

気の流れが良くなると身体もふわふわして気持ちの良い眠りを誘います。この整体は寝る前に自宅でできるので手軽です。お好きな運動でかまわないので、始めてみることが大切なことです。

 


就寝2時間前にぬるめのお風呂がベスト


熱い風呂は覚醒の効果がありますので、ぬるめのお風呂にリラックスして入ることにより一日の疲労感も癒されます。お風呂の好きな方には、効能はよくしられていますよね。

 


お部屋の照明は明るすぎずに暗めで


照明は30ルクスぐらいがちょうどいいとされています。脳内のホルモンのメラトニンは暗くなると分泌されてきますので、不眠症の方には寝る前のパソコン TVスマホのゲームは避けましょう。

ブルーライトを光と認識するとホルモンの分泌を抑制してしまい不眠につながります。又脳 の疲労にもなります。

 

いかがですか。以上が不眠症を解消するためにしておくべき7つの習慣です。

他にもスマホに睡眠アプリがあります。波の音と雨の音は、心が落ち着きます。

そういう優れ物もありますしリラクゼーションの音楽でもいいでしょう。それを聞いたりして、眠気がさしてきたら、23時頃迄に休まれると肌のためにも良いそうです今や多忙な方も多い現状だと思いますが、健康維持のために生活を見直していくことも大切ですね。

神経をリラックスさせるためには、いろんなことを考えすぎずにエネルギーを充電させるように寝る前に呼吸法にて心を落ち着け一日頑張った体に感謝して身体をいたわりながら休みましょう。

それでもひどすぎる不眠はうつ病の引き金になるといわれていますので、専門の心療内科に受診することをおすすめします。

早い治療が病気を長引かせないと聞きます。又日中の強烈な眠気も睡眠時無呼吸症候群という病気や、他の病気が隠れている場合もありますので、専門医へ受診を。

睡眠をより良くとることによって、脳と体に休養を与え日中のパフォーマンスがアップして一日をよりクリエイティブに行動する事ができます。又食べ過ぎや体の免疫機能も強くするという効果があります。こんなに大切な睡眠。

一度は生活の見直しが必要なのかもしれませんね。生活習慣病の予防になることと、他にも大きな気づきも得られるかもしれませんね。

 


まとめ


不眠症を解消するためにしておくべき7つの習慣

・朝起きたらカーテンを開け日光を浴びよう
・休日の起床時間は平日と2時間以上ずれないように心がけよう
・夕食は就寝時間の2時間前!カフェインにも注意!
・昼寝は、20分から30分にしよう
・軽いストレッチをとりいれよう
・就寝2時間前にぬるめのお風呂がベスト
・お部屋の照明は明るすぎずに暗めで