育児ストレスで爆発しそうなときに役立つ7つの発散法

育児ストレスで爆発しそうなときに役立つ7つの発散法
毎日の子育てで育児ストレスが溜まっている人のために、今回は育児ストレス解消法についてお伝えします。子供が小さいうちはお母さんは大変です。朝から晩まで休む暇なく働き続け、しかも夜中でさえ子どもの夜泣きなどでゆっくりと休めませんよね。

意思の疎通のままならない子ども相手に振り回され、おまけにどれだけ頑張って母親業をしても、誰も褒めてくれません。「母ならやって当然」と思われるのです。育児でストレスが積み重なると子どもにイライラと当たってしまうなど、ますます落ち込むことになりかねません。

そこで大切になるのはたまった育児ストレスを発散することです。爆発する前に発散して、日々を笑顔で乗り切りましょう!以下にストレス解消法をお伝えしますので、参考にしてください。



 

育児ストレスで爆発しそうなときに役立つ
7つの発散法

 

友達とランチに行く


多くのママがストレス解消法として「ママ友と出かける!」と挙げています。もちろん平日のランチタイムなど、子供が幼稚園や学校に行っている間です。

赤ちゃん連れの場合は、週末旦那さんや実家の両親に頼むなどして身軽に出かけるといいですね。ママ同士で大好きなおしゃべりをたくさんして、日ごろの育児ストレスを解消してください!

 

思い切りおしゃれをする


女性はおしゃれをして着飾ることで気持ちが軽くなります。育児中はおしゃれをする余裕などないと、ぼさぼさ頭ですっぴんで公園に行くお母さんも多いのですが、ストレスがたまった時だけちょっと自分にご褒美と思って、思い切りおしゃれをする日を持ってください。

おしゃれをすると脳内に幸せホルモンが分泌されます。女性はいくつになっても自分をきれいに見せることが大好きな生き物。妊娠出産を終えたと思ったら、待ったなしの育児と家事に追われる日々。たまにはおしゃれをして「母」でなく「女」の自分を楽しんでください。

 

買い物をする


育児ストレスに限らず、女性はあらゆるストレスを買い物で発散することが出来ます。買い物は楽しいですよね。買い物は心の中のストレスが目に見えて軽くなっていくのを実感できるほど、ストレス解消になります

もちろん先立つものは必要です。しかも育児中の世帯と言えば学資保険などにお金がかかって大変です。ローンのお世話にならない範囲で買い物で育児ストレスを発散させてください。

 

旦那さんに愚痴る


子供が赤ちゃんの頃の育児ストレスは、大人の話し相手を持つことで軽減できると言います。赤ちゃんとコミュニケーションが取れずにストレスがたまるのです。そこで旦那さんと会話することで育児ストレスも解消します。

毎日仕事で疲れてきた旦那さんをつかまえて、日中の愚痴を言うのは気が引ける…という方は、愚痴でなくともいいのです。旦那さんに赤ちゃんの様子や日々の他愛もないことを話せばいいのではないでしょうか。夫婦間のコミュニケーションが増えれば、愚痴でない限り旦那さんも喜びますよ。

 

打ちっぱなしに行く


ゴルフや野球の打ちっぱなしはストレス発散になります。特に、思い切り振った時にジャストミートして、気持ちのいいほど球が飛んで行った時などは爽快です。野球もゴルフも打ちっぱなしに行ったことがないという人も、広き門なのでぜひこの機会に試してみてください。

育児ストレスがたまった時の解消法として、癖になるかもしれませんよ。

 

毎朝のジョギング


育児をしていると睡眠時間が大幅に削られます。その上一日中休みなしのせいか、普段よりも疲れているような気がします。しかしカロリー消費的にはどうでしょうか。子どもに合わせた歩幅でゆっくりと歩き、公園や家だけという行動範囲の狭さ。疲れてはいても実はカロリー消費もしておらず、体は不完全燃焼状態。

子どものペースに合わせていると、たまに「自分のペースですたすたと歩きたい!」と思うでしょう。その欲求が育児ストレスとして溜まっていくのです。そこで毎朝のジョギングをおススメします。ジョギングなどしたことがないという人でも、ゆっくりと走ればいいのです。

自分のペースで音楽でも聞きながらゆっくりと走るだけで、育児ストレスが解消できるのです。お金もかからず早朝の旦那さんが出勤前にジョギングすれば、赤ちゃんをわざわざ預ける必要もありません。

 

大きな声を出す


育児ストレスがたまった時は大きな声を出すといいでしょう。河原で大きな声を出している人をたまに見かけますが、ストレス解消かもしれませんね。

河原や野外では恥ずかしいという人は、市民サークルのコーラス隊に入るとか、月に一度カラオケに行くなどして大きな声を出してください。カラオケでストレス発散というママは意外と多いですよ。

 

さて、育児ストレスがたまった時の発散方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。私たちが考える以上に、育児中のストレスは毎日どんどん蓄積されています。可愛い我が子とはいえ、100%他者のために生き続ける滅私の生活は、母だからこそできる究極の苦行とも言えます。

それでも世の母は日々頑張っているのだから、見かけたら褒めてあげてください。他人に褒められることで、日々頑張ってきてよかったと思えるからです。

そして育児ストレスがたまった時は思う存分発散していいのです。発散してこそその後に我が子に接するときも、また広い心で接せられるというものです。ストレスがたまった悪い精神状態では、母子ともにお互いのために良くないのです。

子どもをパパに預けてカラオケやママ友とランチなんて…と気が引けるかもしれませんが、頑張っているママの当然の権利と思いましょう。

 

まとめ

育児ストレスがたまったら

・友達とランチに行く
・思い切りおしゃれをする
・買い物をしてストレス発散する
・旦那さんに愚痴る
・打ちっぱなしに行く
・毎朝のジョギング
・大きな声を出す