育児でストレスが限界と感じたら、おすすめ解消法はコレ!

育児でストレスが限界と感じたら、おすすめ解消法はコレ!
子どもは可愛いと言うけれど、それでも多くの親が抱えている育児ストレス。育児ストレスの発散方法がわからず、自分の中に溜め込んでしまって大爆発!子どもに八つ当たりしてしまい、落ち込んでしまうという人も少なくありません。誰もが抱える気持ちにもかかわらず、自分だけがこんな育児ストレスを感じているのかも…と悩んでしまうことで、悪循環になる可能性もあります。

ここでは「育児でストレスが限界と感じたら、おすすめ解消法はコレ!」と題して、育児で感じるストレスをうまく解消できる方法についてお伝えします。実際に行って解消するのももちろん大切なことですが、同じくらい育児のストレスを抱えて悩んでいる人がいると知るきっかけにもなるのではないでしょうか。ぜひこの記事に目を通し、育児ストレス軽減に役立ててください。



 

育児でストレスが限界と感じたら、
おすすめ解消法はコレ!

 

涙を流して育児ストレスを解消!


涙を流すことで、人のストレスは軽減されるという研究結果もあるほどストレス解消に強いパワーを発揮してくれる「涙」という存在。泣きたいくらい辛い!育児ストレスで苦しい!と思うほど追い詰められているなら、涙活を行いましょう。涙活といっても、手間をかけて準備する必要はありません。

泣く理由は何でも良いのです。泣ける映画を見たり、思い出に浸って泣いたり。感動物の小説を読んだりと、あなたの涙のツボを押すようなものに触れましょう。「泣く」という行動は心が少しゆるんでいないとできないこと。頑張りすぎている、心が張り詰めていると気付いたら、泣けるような行動をとることをおすすめします。

 

シンプルに深呼吸!自分のペースを取り戻す


育児ストレスが溜まり、イライラしているときは知らず知らずのうちに呼吸が浅くなっているもの。落ち着こう、リラックスしようと考えれば考えるほど、あなたの呼吸は速く浅くなってしまっているはずです。そんなときに必要な行動は「深呼吸をする」ということ。

手を広げ、胸いっぱいに新鮮な空気を吸い込みましょう。そうすることで本来のあなたを取り戻すことができるはず。子どもが泣く、言うことをきかない、部屋がどんどん散らかっていくなど育児ストレスが溜まっていく中でも、怒鳴る前にまずは深呼吸。その癖をつけると、あなたのストレスもやわらかい呼吸に包まれるかのように、少しずつ減っていくはずです。

 

思いっきり叫べるような場所を見つける


子どもを見てくれるような人がいる場合、ひとりで出かける時間が少しでもとれるような場合は、カラオケボックスに行き、思いっきり叫ぶという方法もおすすめです。カラオケに1人で行くのは嫌という人は、車の中や、人気のない場所でもかまいません。

誰に気兼ねすることなく大声を出して叫ぶ行為はとてもシンプルなものですが、シンプルだからこそすっきりするもの。子どもの頃のように、大声を出して言いたいことを全て吐き出してしまえば、また新たな気持ちで家族とも向かい合えることでしょう。

 

完璧なんて無理!と、諦める


育児ストレスを溜めてしまう人の多くは、完璧を目指してしまう傾向にあります。部屋も綺麗に、子育てもしっかり、家族仲良く、料理も手抜きをしない…など。しかし、あなたも1人の人間です。そんなに何もかも完璧にこなせるわけではありません。「でも、夫はこの苦労をわかってくれないし、頑張るしかない」と思い込めば思い込むほど、育児ストレスは溜まってしまうもの。

最低限「これだけは」の部分以外は、諦めるという気持ちの切り替えが大切です。1日掃除をしなくても、家族のご飯をつくらなくても、だからといって大問題に発展するようなことはありません。自分の心の中で今すぐできるストレス解消法と言えます。

 

気の合うママ友と話して育児ストレス解消!


多くの女性にとって、ストレス解消となる「話す」という行為。それは育児ストレス解消にも効果的な方法です。ただし、このときに大切なことは話し相手を選ぶということ。いくら親友でも、独身の友達ではあなたの気持ちを理解するのは難しいかもしれません。育児ストレス解消のために会ったのに、余計にストレスが溜まってしまった…という可能性も。

そこでおすすめしたいのは、同じ立場である気の合うママ友と会っておしゃべりすること。同じママという立場だからこそ、あなたの気持ちもわかってくれるはず。解決策を知りたいのではなく、今の自分の抱えている気持ちを共感して欲しいという思いも満たされて、心穏やかになるでしょう。

 

いかがでしたか。

今回おすすめした育児ストレスの解消法は、どれもシンプルなものばかり。でも、効果は先輩ママたちが保証済です。また、全てを行う必要はありません。育児ストレスとひとことで言っても、家族構成や子どもの年齢、状況は一人ひとり大きく異なるもの。必ずしも全ての人にあてはまる正しい育児がないかわりに、全ての人にあてはまるような育児ストレス解消法もないのです。

ここで大切なことは、気分転換に「まずやってみること」。やってみて、全く育児ストレス解消につながらない!と思うのであれば、やめて次のことを試せばいいですし、しっくり来れば続ければいい。ただそれだけのことなのです。

育児ストレスを抱えているときは、どうしても視野も狭くなりがち。まずやってみる!という、行動的な姿勢もあわせて大切にしてください。きっとあなたの心の負担が軽くなることでしょう。

 

まとめ

育児でストレスが限界と感じたら

・涙を流して育児ストレスを解消!
・シンプルに深呼吸!自分のペースを取り戻す
・思いっきり叫べるような場所を見つける
・完璧なんて無理!と、諦める
・気の合うママ友と話して育児ストレス解消!
・「まず、やってみる!」という行動を大切に