起業を成功にみちびくために必要な7つの条件とは?

起業を成功にみちびくために必要な7つの条件とは?
起業願望、独立思考を持つ人は、年々増加する傾向にあります。定年まで会社勤めを行うというような終身雇用制の崩壊を身近に感じている人ほど、起業し自分の力でやっていこうと思うもの。また一般的な起業に対するハードルも、数十年前に比べると随分下がったと言えます。

しかし、起業することは簡単でも、起業し成功するためにはある程度の条件をクリアすることが必要です。起業したからといっても、誰もが会社員時代以上の収入を得て、成功できるわけではありません。

しかし、会社を退職し起業するのであれば、やはり成功したいと考えるのが当然のこと。会社勤めをしていれば、手にできないような収入や、生活環境を求めるなど、人が起業を意識するポイントはそれぞれですが、起業を考える場合、必ず何かの目的があることでしょう。

ここでは、起業を成功にみちびくために必要な5つの条件について解説しています。起業を視野に入れている方、起業するにはどうすればいいか悩んでいる途中の方は、ぜひ参考にしてください。



 

起業を成功にみちびくために
必要な5つの条件とは?

 

目の前の利益だけにとらわれないこと


起業すれば、毎月の給料は存在しません。あなたが稼いだ分がそのまま収入となるのですから、利益を出すことは大切なことです。しかし、だからといって儲け第一主義に走ってしまったり、目の前の利益にとらわれすぎて長期的な視野を失ってしまっては、起業を成功にみちびくことは難しいと言えるでしょう

例えば、起業後すぐの状態では売り上げがゼロのことも珍しくありません。しかし、売り上げがゼロだからといってすぐに諦めてしまうようでは、そもそも起業に向いていないとも言えます。ある程度利益が出ない時期も見越して、収入を確保しておくことも必要です。

 

チャレンジ精神を持ち続けること


起業する前には、積極的に様々なことにチャレンジする未来を描いていたにもかかわらず、起業後には消極的になってしまう人も少なからず存在します。起業後こそ、チャレンジ精神が必要です

起業後成功した人は、やるかやらないかということに時間を費やすのではなく、まず行動に移し、その後どうすれば持続できるのか、成功できるのか考えることに時間を費やしています。チャレンジ精神を持ち続けること、これは、企業し成功するための必須事項と言えるでしょう。

 

支払い期日などの約束ごとは必ず守ること


起業したばかりの頃は、資金繰りに苦しむことも多いかもしれません。しかし、それでもどんなことがあっても守らなければいけないのは、支払期日です。成功した人だから「支払いがキレイ」「金払いが良い」という考え方をしている限り、起業を成功にみちびくのは難しいと考えてください。

支払い期日を守るために努力するからこそ、成功への階段をのぼることができるもの。支払期日、納品日、納期などは、あなたの信用と直結しています。1日くらい大丈夫だろう。お互い様。といった甘い見通しはNG。1回の遅れが、信用崩壊に繋がっていく位の覚悟で仕事には取り組みましょう。

 

物事をポジティブに考えること


会社に所属している場合、もしあなたがミスを犯したとしても、その責任をあなた一人が負うわけではありません。上司や同僚がフォローしてくれることも多いはずです。しかし、起業して自分が仕事を行う場合は、あなたのミスはあなたが責任を負わなければいけません。

こう聞くと、とても大変そうで憂鬱になると感じる人もいるかもしれませんが、実は逆。そう聞いても「大丈夫、なんとかなるさ」と思えるくらいの楽観思考が重要です

起業前に予測していたことより、はるかに大変な事態に襲われることもあるかもしれませんが、その度にいちいち悲観的になっていては物事は前に進みません。起業後の成功が遠ざかるばかり。無計画ではいけませんが、起きた出来事に関してはポジティブに受け止める心の強さも必要です。

 

よい仕事パートナーを見つけること


起業の成功は、仕事のパートナーの良し悪しにかかっていると言っても過言ではありません。起業後すぐは、ひとりで仕事を行うことが普通だと考えている人もいるかもしれませんが、起業準備段階からパートナーを探すことが必要です。実際にすぐに一緒に仕事をするかどうかは別として「将来的にこの人と組んで仕事がしたい」と思えるような存在は大切。

仕事パートナーがいることで、1+1は2ではなく、3や4、またそれ以上の価値を生み出すことができるでしょう。また、素晴らしいパートナーを見つけるためにはあなた自身も同等またはそれ以上の力を身につける必要があるため、自分の勉強にも役立ちます。

 

いかがでしたか。ここでは、起業を成功にみちびくための条件として、5つ解説しましたが、納得のいく内容や、初めて目にする内容など様々なことがあったのではないでしょうか。

ただし、今回ご説明した成功の条件は、あくまで一般的な成功者が行っていた方法であり、必ずしも5つを満たさないと成功できないというわけではありません。起業する以上、あなた本来の個性や特性を活かし、働くことも大切です。

もし苦手な分野があるとすれば、そのあなたの苦手分野を補ってくれるようなパートナーと組むことで、その苦手分野は得意分野に変わるかもしれませんし、起業という出来事を経て、あなたの苦手意識が減少する場合もあります。また、苦手という意識があるからこそ見えることもあり、その部分から何かアイデアがひらめくかもしれません。

5つの条件を参考にしつつ、とらわれすぎてあなたらしさを失うことがないように、その点を意識しながら起業成功への階段を上ってください。起業の成功は夢物語ではありません。可能性を信じ、ぜひあなた自身の手で、起業後の人生を成功にみちびいてください。

 

まとめ

起業を成功にみちびくために必要な5つの条件とは?

・目の前の利益だけにとらわれないこと
・チャレンジ精神を持ち続けること
・支払い期日などの約束ごとは必ず守ること
・物事をポジティブに考えること
・よい仕事パートナーを見つけること