酵素が豊富な食材を、効果的に摂り入れるコツ!

酵素が豊富な食材を、効果的に摂り入れるコツ!
最近なにかと話題の酵素ですが、酵素がどんなことに良い影響を与えてくれるのか、ご存知でしょうか?雑誌やネットではしきりにダイエットに効果的というイメージばかりですが、実は他にも、免疫力の強化や美肌などにもよく働く、夢のような成分なのです。

ただし、普通の食事をしているだけでは身体に十分に吸収できる量になりません。酵素を効率的に取り入れたいのなら、予備知識として豊富な食材や、工夫による摂取方法を考えてみましょう。

まず、酵素が多い食材として挙げられるのが、キムチや納豆などの発酵食品と、生の野菜やフルーツ、豆腐などの大豆食品です。ここでは、酵素が多い食材をはじめ、効果的な摂り方やレシピなども合わせてお伝えします。



 

酵素が豊富な食材を、
効果的に摂り入れるコツ!

 

一日のどこかで、野菜スティックやサラダを食べましょう


レタス、ニンジン、セロリなどは、酵素が多く、生で食べてもとても美味しい野菜ですね。酵素というのは、加熱してしまうと働きが弱まってしまう為、野菜などは生で食べないと効果が得られません。

一日の食事のどこか一回でもサラダや野菜スティックを摂るようにすれば、持続して酵素を摂ることができます。

 

小松菜などの葉物やキュウリトマトなどの水分の多い野菜はスムージーにしましょう


サラダも良いですが、さらに多くの酵素を効率的に取り入れるためには、スムージーなどのドリンクにしてしまうという手があります。

キュウリやトマトは水分が多く、小松菜などの葉物は柔らかいのでスムージーに最適ですね。他にも酵素が多いりんごやバナナとあわせても良いでしょう。酵素の豊富なドリンクは、お酒を飲んだ次の朝にも最適です。

 

アボカドは和食にも洋食にも合います


アボカドに多く含まれているLカルニチンという酵素は、脂肪燃焼に役立つ酵素です。近年ではスーパーなどで簡単に手に入れることができ、和食にも洋食にも良く合うので扱いやすい食材の一つですね。

やはり、加熱すると酵素の働きを妨げてしまうため、簡単にカットして、お刺身、カルパッチョ、ハンバーガーなどの肉料理と一緒に美味しく食べれば満足感もひとしおですね。

 

漬物や、キムチ、納豆などの発酵食品は調理してもOK


唯一、加熱して食べてもオーケーなのが、発酵食品です。発酵食品の酵素は、加熱すると弱まりはしますが、加熱したものを吸収することで、体内で善玉菌を増加させてくれる役割があります。

納豆やキムチ、漬物はチャーハンにしたり卵焼きにいれて調理に使って良いでしょう。橋休めとして少しずつ食卓に出すようにしている習慣がつけば、女子力もアップできます。

 

フルーツは手軽に朝食として摂りましょう


酵素が多い食材として代表的なのがフルーツですね。とはいえ、フルーツは値段も高いものが多く、腹持ちもあまりよくないので、食事代わりというわけにはいきません。

そんな軽いフルーツの特性を生かして取り入れるためには、やはり朝食が一番。食欲が沸かない朝でも食べやすく、胃にも負担がかからないため午前中は身軽に動くことができます。

 

ヨーグルトは晩御飯のデザートや寝る前のリラックスタイムに


発酵食品で忘れてはいけないのが、ヨーグルト。酵素が多く含まれている一方で、カルシウムも豊富なため、一石二鳥の食材と言えます。

ヨーグルトというと朝食のサイドメニューのようなイメージがありますが、免疫力を高めたり、腸内環境に効果的なのは夜食べること。寝る前にドリンクなどで摂れば、ぐっすり眠ることもできます。

 

大豆食品はカジュアルに取り入れましょう


豆腐や豆乳などの大豆食品にも酵素は豊富に含まれています。とはいえ、和食でばかり食べていては飽きも来るので、カジュアルに取り入れる工夫も必要。

豆乳はミルク代わりとして、外出時にはソイラテを選んだり、豆腐はよく水きりをしてチーズの代用としても良いでしょう。また、水切りした豆腐を少しの豆乳で溶いてあげるとクリーム代わりにもなるので、スイーツとしても美味しく食べられます。

 

酵素を効率よく摂るためには、なんといっても生で食べること。ですが、いつでも「生」ということにこだわって、食材をそのままで食べ続けていると、そのうち飽きがきてしまいます。

サラダにしても、スムージーを作るにしても、忙しいときは単純にその食材だけ選ぶようにしてみて。時間に余裕のあるときは他の食材との相性を考えたり、火を通さずとも和えたり、挟んだりなど、いろいろ工夫した調理をしましょう。そのように、自分の生活ペースに合わせることも、バランスよく持続する秘訣なのです。

食事は毎日3回、1ヶ月で90回はあります。その中で、毎回1品でもここでご紹介した食材や食べ方を心がけることができれば、酵素がしっかり摂れるので効果も実感できるはずです。足りないときには間食としてちょっと食べるだけで、疲れた頭や身体のチャージも同時にしてしまいましょう。

 

まとめ

酵素が豊富な食材を、効果的に摂り入れるコツ!

・一日のどこかで、野菜スティックやサラダを食べましょう
・葉物やキ水分の多い野菜はスムージーにしましょう
・アボカドは和食にも洋食にも合います
・漬物や、キムチ、納豆などの発酵食品は調理してもOK
・フルーツは手軽に朝食として摂りましょう
・ヨーグルトは晩御飯のデザートや寝る前のリラックスタイムに
・大豆食品はカジュアルに取り入れましょう