【睡眠時無呼吸症候群】イビキを軽減させる7つの方法

【睡眠時無呼吸症候群】イビキを軽減させる7つの方法
イビキの原因は「無呼吸症候群」という病気だということをご存知でしょうか。毎晩のイビキ。「仕方がない」と諦めて放っておくと、無呼吸症候群の症状が進み死に至ることもあるのです。

無呼吸症候群とは、睡眠時に文字通り無呼吸になること。家族の誰かがイビキをかくという人にはわかりますよね。寝ている途中に急に規則正しいはずのイビキが止まるときがあることを。聞いている家族はドキッとするものです。

呼吸が止まる瞬間があるのはいわば体の「異常」です。呼吸を正常に戻すことで、安定した質の良い睡眠を取ることが出来ます。そこで今回、無呼吸症候群の症状であるイビキを軽減させる方法をお伝えします。イビキを軽減させるということは、呼吸を安定させるということ。完全にイビキがなくなるかどうかは個人差がありますが、お試しください。



 

【睡眠時無呼吸症候群】
イビキを軽減させる7つの方法

 

枕をかえる


イビキを軽減させる枕というものが存在します。効果のほどは人によります。無呼吸症候群は、寝ている間の気道の狭さが原因だと言われているため、枕によって首を反らせて気道を広げる効果を狙っているのです。

 

横向きに寝る


身体を横向きにして寝ると、イビキをかかないと言いますね。夜中にイビキをかいていて、隣の眠れない家族から苦情があった時に体を横向きにするといいと言います。体を横に向けることで胸の気道が広がります。イビキは気道が狭いために起こる症状なので、体を横に向けることが効果的なのです

しかし一晩中横向きではいられませんよね。体がしんどくなり、無意識に寝ている間に寝返りをして、体を仰向けに戻してしまっているはず。体を横向きにするのは、無呼吸症候群を治すことにはつながらず、一時的な解決方法に過ぎません。

 

太っている人は痩せる


太っていると胸の中にも肉が付き、気道が狭くなりイビキを発症しやすくなります。気道が狭くなると寝ている間に無呼吸症候群になりやすく、突然死にもつながりやすくなります。

自分が肥満であると自覚のある人は、内科などで内臓脂肪を計ってみてください。気道周辺にも脂肪がたくさんついているかもしれません。そして脂肪は気道を圧迫し、呼吸はもちろん他の内臓機能を弱めている可能性があります。

無呼吸症候群に限らず、肥満は万病のもと。太っている人は今すぐ、痩せるために頑張ってください。そうすることでイビキはもちろん、他の万病の予防にもなるからです。

 

ヨガをして呼吸を正す


無呼吸症候群の人は呼吸が浅くなり、体内の酸素が足りなくなります。寝ている間に無理に呼吸を続けようとして、イビキのような不快な音を出すことになります。イビキの解消法として、寝る前のヨガをおススメします。

ヨガをしていると、正しい呼吸法を身に着けることにもなるし気道を健康的な状態にする助けにもなります。ヨガのポーズは何でもいいのですが、深くゆっくりと自分の呼吸に意識を集中させるようにしてください。

 

マウスピースをつけて寝る


イビキの治療で病院に行くと、マウスピースを作ってもらえる場合があります。希望してもいいですし、医師から勧められることもあります。マウスピースを着用して寝ることで、うそのようにイビキがなくなったとの報告もあります。

夜寝るときに体を横たえることで気道が狭くなり無呼吸症候群になる人は、マウスピース着用によって気道を広げることでイビキが解消するのです。マウスピースもつけっぱなしで寝ることに違和感を感じるなど、相性があるのですが、イビキにお悩みの方は試してみる価値はあります。

 

鼻の気道を開くテープを貼る


薬局などでよく、イビキ対策として鼻に貼るテープが売られています。眉唾なパッケージのものもありますが、これでイビキが改善する人もいます。無呼吸症候群の人は気道が狭いことが原因です。

気道を広げてイビキを解消すれば、病気の改善にもつながるはず。そして鼻の奥の気道を広げることによって、イビキが解消するタイプの人もいるのです。華の気道を開くテープを、試しに手に取ってみてください。

 

お酒を飲んですぐに寝ないようにする


無呼吸症候群を発症している多くの人は、お酒を飲みます。夜疲れているときにお酒を飲むと、そのまま寝てしまうこともあるはず。そして大イビキ。お酒を飲むことによって気道が狭くなるわけではないのですが、酔った状態での睡眠は呼吸を乱すのかもしれませんね。

お酒を飲んだ後に、きちんと水分を摂ってアルコールの排出を心がけ、お風呂などで汗を流してから寝るといいでしょう。何より、お酒を飲む量を気を付けることです。自分の摂取限界量を超えて、寝落ちするほどに飲むと、イビキもかくし翌朝の状態も最悪です。

 

さて、睡眠時無呼吸症候群の人のために、イビキを軽減する方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

枕を変えることや、鼻の気道を開くテープを貼ることはすぐにでも出来ますよね。また、睡眠時に横向きになるとか深酒をやめることも、自分の努力次第でいくらでもできます。中には家族のためにイビキを軽減しようと、体を横向きから仰向けにならないよう、毛布などを背中に当てて横向きのまま寝ている人もいるのです。

イビキが家族に与える影響は深刻で、離婚の原因にもなりかねないとか。イビキ専門の外来に行き、無呼吸症候群の症状を治すべく治療に取り組むことが一番ですが、時間のない忙しい方は上述した簡単な方法でお試しください。

 

まとめ

【睡眠時無呼吸症候群】イビキを軽減させる7つの方法

・枕をかえて気道を広げる
・横向きに寝る
・肥満による気道の圧迫でイビキがでるため、太っている人は痩せる
・ヨガをして呼吸を正す
・医師に作ってもらったマウスピースをつけて寝る
・薬局などに売っている鼻の軌道を開くテープを貼る
・お酒を飲んですぐに寝ないようにする