質の良いノンレム睡眠で、疲れをスッキリ取るコツ!

質の良いノンレム睡眠で、疲れをスッキリ取るコツ!
毎日よく眠れてますか。夜中に目が覚めることもなく朝までぐっすりと眠れば目覚めも良く、その日一日がはつらつと過ごせますよね。しかし夜中に何度も目が覚めて気づけばもう起きる時間になってしまった・・・なんてことが繰り返されているならそれは睡眠障害といえます。

質の良い睡眠を取るには、ノンレム睡眠を得ることが必要です。ノンレム睡眠とは、意識が全くない深い眠りの時間のこと。ノンレム睡眠で質の良い睡眠を取れば疲れもスッキリとなくなります。質の良い睡眠は疲労回復に欠かせないものでアンチエイジングにもつながります。

ではノンレム睡眠をとるためにはどうしたらいいのでしょう。ここでは、ノンレム睡眠をとるためのコツをお伝えします。最近疲れが取れないと感じるならぜひ試してください。



 

質の良いノンレム睡眠で、
疲れをスッキリ取るコツ!

 

朝日を浴びる


メラトニンは質の良い睡眠には欠かせないホルモンの一種です。メラトニンは暗くなると増え明るくなると減少します。そのメラトニンは、朝日で生成されることから朝日を浴びると良いといわれています。

寝室を朝日が差し込む部屋ならカーテンを少しあけて差し込む太陽を浴びるようにしておくと良いでしょう。そして起きたらベランダなどで全身に朝日を浴びて下さい。毎日それを繰り返せばそれだけでメラトニンは十分生成されます。

 

毎日同じに時間に起きる


昔から早起きは三文の徳といわれますが、質の良いノンレム睡眠を得るには早起きが効果的です。しかし早起きをすればいいというものではありません。毎日に同じ時間に起きることが大切です。

同じ時間に起きる癖をつけることで規則正しい生活になっていきます。規則正しい生活は、身体の生体時計のリズムを整え、リズムが整うと質の良いノンレム睡眠を引き出してくれます。

 

自分だけの入眠ルーティーンをつくる


質の良いノンレム睡眠を得るには、寝る前にリラックスすることが大切です。寝る前の時間に何をするかで驚くほど睡眠の質が変わってきます。例えば、本を読む、音楽を聴く、アルマを楽しむ軽いストレッチをするなど自分にとってリラックスできるルーティーンを作りましょう。

自分流のリラックスできる入眠方法を習慣づけることで脳が寝る時間だと判断し心身ともに睡眠へと導いてくれます。

 

眠くなるまで寝室に行かない


眠くないのに寝ようとして、いつまでも眠れずにベッドでもんもんとしたことはありませんか。15分間眠れなかったらいったん起きましょう。そして眠くなるまでリラックスした時間を過ごします

明日は早く起きなきゃならないから早く寝ようとしても身体はそんな簡単にゆうことを聞いてはくれません。無理をして眠ろうとすればかえって疲れてしまいます。

睡眠時間を確保することも大事ですが、それよりもすんなり入眠することが大切なのです。そんなときは逆に眠くなるまで待ちましょう。そのほうがすんなり入眠できて朝もスッキリ起床できます。

 

夕方からはカフェイン入りの飲み物を摂らない


カフェインは交感神経を刺激します。それは睡眠を妨害して睡眠障害を起こします。カフェインの持続時間は5、6時間続くので夕方からカフェイン入りの飲料はやめましょう。

カフェインはコーヒー、緑茶、紅茶、ウーロン茶などに多く含まれています。ただしカフェインの効果には個人差があります。

 

昼間に適度な運動をする


朝日に限らず太陽の光を浴びるとメラトニンの分泌が良くなります。またセロトニンが分泌されることから適度な運動をするとより良いといわれています。セロトニンは精神を穏やかにする作用があることから夜寝付けない原因を取り除いてくれるのです。

また血行をよくするためにストレッチをするのもおすすめです。体の冷えは、せっかく寝付いても目が覚めて睡眠を妨害しますから特に足のストレッチは習慣づけると良いでしょう。

 

昼寝は30分以内にする


昼食後に昼寝をすると作業効率が上がるといわれています。今では推奨している学校や企業もあるくらい浸透していることです。昼寝時間は夜の睡眠にもかかわってくるので30分以内に留めましょう

また30分以上の昼寝がいけないのはノンレム睡眠に達してしまうからです。ノンレム睡眠に達すると目覚めがぼんやりして逆効果になるからです。

 

質の良いノンレム睡眠を得ることは、身体や生活すべてにおいて良い効果をもたらします。スッキリとした朝の目覚めは、気分が爽快に感じられるだけではなく仕事や家事がはかどり自分の持っている実力がさらに発揮できます。

睡眠は人生の活力といっても過言ではありません。今までの生活や習慣を変える面倒くささを感じても、質の良いノンレム睡眠を得るだけで今まで得られなかったものが手に入るのです。

そのためには起きたときから夜の睡眠をとるまでの間に準備が必要ですが、それは誰もが少しの時間でできる簡単なこと。それだけで質の良いノンレム睡眠と充実した生活を手に入れることができるのです。この機会に質の良いノンレム睡眠を得ることににこだわってみてはいかがでしょう。ぜひおためしください。

 

まとめ

質の良いノンレム睡眠を取るには

・朝日を浴びる
・毎日同じに時間に起きる
・自分だけの入眠ルーティーンをつくる
・眠くなるまで寝室に行かない
・夕方からはカフェイン入りの飲み物を摂らない
・昼間に適度な運動をする
・昼寝は30分以内にする