今すぐお金がほしい時に、短期間で稼げる7つの方法

今すぐお金がほしい時に、短期間で稼げる7つの方法
お金がほしい、必要だというときに限って出費がかさむものです。そんなとき手っ取り早くお金を稼げたら・・・と思ったことはないでしょうか。世の中にはいろんなお金の稼ぎ方がありますが、そのほとんどは雇ってもらって勤める形ですよね。

しかし、ネット社会には自宅にいながらリアルに短期間で稼げるものが多く存在します。それは技能を必要とするものから、誰でもできるものまで幅広く存在します。勤めが休みのときやちょっとした休み時間などに、少しでも稼ぎたいと思いませんか。

そんな時は堅実に働くに限るという意見がほとんどかもしれませんが、突発的な出費などで急にお金がほしいときもあります。そこで今日は今すぐお金がほしい時に短期間で稼ぐ方法についてお伝えします。ではご覧ください。



 

今すぐお金がほしい時に、
短期間で稼げる5つの方法

 

ネットオークションでものを売る


あなたの部屋も、探せばいらないものの一つや二つ出てくるのではないでしょうか。急にお金がほしい時、まず何を考えるでしょう。仕事を増やす、誰かにお金を借りる・・・しかし、仕事を増やすといっても体力が心配です。誰かに借りて返せなかったときにどうしましょう。どちらも現実では難しいことですね。

そんな時、いらないものを売ってお金に変えましょう。リサイクルショップに持ち込めばもっと簡単と思うかもしれませんが、リサイクルショップではかなり値を叩かれてしまいます。それに比べてネットオークションなら買い手側が値を上げてくれるので絶対お得です。

例えばあなたが買った1200円の本をリサイクルショップでは、汚れがないかを検品したり、配置したりする手間を差し引いて200円で買ってくれました。しかしネットオークションでは、その本を探していたのに見つからなかった人の目にとまれば、本の定価以上の値段をつけてくれることもあります。

もちろん落札されれば、配送などしなければならない手間はありますが、それぞれの仕組みを考えれば、お金がほしい時は絶対にネットオークションがおすすめです。

 

在宅ワーカーとして稼ぐ


お金がほしいときに、自分の持っている技能を生かせる在宅ワーカーという仕事をご存知ですか。クラウドワークスやランサーズなどのサイト名を耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

これらのサイトは、在宅で仕事をしてお金がほしい人と仕事を頼みたい人を結びつけるサイトです。仲介のサイトですから手数料を取られますが、自分にあった仕事を自宅に居ながら探すことができます

どちらも事前に登録が必要で、双方の意向が合えば契約をして作業後に報酬が振り込まれるシステムです。仕事のジャンルは、書くことが好きならライター、PCに詳しければエンジニアなど他にもいろいろとあります。

暇な時間に作業してお金を手に入れることができますが、作業に時間がかかったり報酬が安かったりとデメリットもあるので仕事を受ける前によく考慮する必要があるでしょう。

 

ポイントサイトでポイント溜めて換金する


登録して毎日サイトに訪れてアンケートに答えたり、メールをクリックしてポイントを溜めるお小遣い稼ぎサイトがあります。そのサイトを通して買い物をしたりしてもポイントがつくので、ネットショッピングするときにはサイトの中に欲しいものが売ってるサイトがあるか確認してから買い物しましょう。

ポイントは現金のほかにもituneカードなどに変えたり、他のポイントサイトと合算できるサイトもあるのでお金がほしい人以外にもおすすめです。ポイントは毎日少しづつしか溜まっていかないので時間がかかるので、今すぐお金がほしい時にはあまりおすすめできませんが暇な時間に手軽にできるものです。

 

ブログで商材を紹介する


ご自身でブログを書いている人は、ブログ上で商材を宣伝することで稼げます。Amazonや楽天、その他ネットショッピング用のサイトに登録して、自分が売りたい商品を使ってみた感想を書いたりして読者にすすめます。

読者があなたのブログから購入すれば、あなたにも紹介料として数パーセントの収入が入ってくる仕組みです。自分の経験や克服したことなどをメ―ルで売る人もいます。このようにネット上では形のないものも商材として売れるのです。

これをアフェリエイトといいますが、中には月額数百万単位で稼ぐアフェリエイターもいます。もともとアクセス数が高いサイトを持っている人ならすぐに稼げる可能性がありますよ。

 

高額をねらうなら治験サイトに登録する


治験とは、医薬品を自分の体で試験してお金をもらうことです。治験に参加するにはネットで治験情報サイトなどに登録します。そこで自分の条件に合ったものに応募して採用になればかなり高額で稼げます。

ただし、治験内容によっては数日間とか数週間拘束されることもあるので注意しましょう。いくらお金がほしいといっても、医薬品の試験なんて危険だと思われるかもしれませんが、安全性は高く合法のものですので安心です。

 

いかがでしょう、お金がほしい時に短期間で稼げる方法についてお伝えしました。一部高額を稼ぐアフェリエイターを除いて、これらの仕事に共通していることは短期間でも稼げますが、収入的には少額だし継続的にできるものばかりではありません。

ですからこれで生計を立てるのは難しいですよね。やはり体を動かして稼ぐほうが手っ取り早くもっと大きなお金が稼げるでしょう。これらの稼ぎ方は、お小遣い稼ぎの感覚で暇なときに稼ぐと思っておきましょう。

しかし、ネットの世界は日々変わっていますからもっとたくさんの稼ぎ方が出てくる事でしょう。お金がほしいならそれらを敏感にキャッチできる人になるのが一番の方法です。ただネットサーフィンしているだけではなく情報収集していれば、いつかあなたにも大金が稼げるチャンスが巡ってくるかもしれませんよ。

まとめ

短期間で稼ぐ方法は

・ネットオークションでものを売る
・在宅ワーカーとして稼ぐ
・ポイントサイトでポイント溜めて換金する
・ブログで商材を紹介する
・高額をねらうなら治験サイトに登録する