【離婚相談】弁護士に聞くべき4つの重要ポイント

【離婚相談】弁護士に聞くべき4つの重要ポイント
あなたが離婚に悩んでいるなら、離婚相談は専門知識を持つ弁護士にすることをおすすめします。結婚生活がうまくいかなくなったとき誰しも一度は離婚を考えます。しかし、その選択はとても厳しい結果になることも。特に子供を抱えた女性にとって現実は楽ではありません。ですから離婚を考えたときには、専門の知識を持つ弁護士に頼ってください。

では、弁護士にはどのようなことを聞いたらよいのでしょう?弁護士に相談すると事務的ですが的確に離婚に関しての法律を駆使した答えを出してくれます。離婚をする当人は感情で考えてしまいがちですが、弁護士のような専門家なら冷静にあなたの離婚が有利に進むアドバイスをしてくれます。

しかし、弁護士に離婚相談をする場合一時間でも多額な費用がかかります。そのため少しでも費用を抑えるには話を簡潔にして相談する必要があるのです。無駄な時間をはぶき聞きたいことだけを効率よく聞きましょう。ここでは、離婚を考えたときに弁護士に聞くべき重要なポイントを抑えてお伝えします。読んで参考にしてください。



 

【離婚相談】弁護士に聞くべき
4つの重要ポイント

 

離婚できる否かを聞く


離婚したいと思っても、実際離婚できるかどうかは理由しだいです。離婚の原因によっては離婚が難しい場合があるからです。たとえば性生活の異常性、DV、長期の別居、過度の浪費、犯罪行為、性格の不一致などは単独では難しくてもこれらの理由が複数重なれば離婚できる理由になります。

離婚相談する場合、まずは離婚したい理由と経緯を事前にまとめておきましょう。話すときに順序だてて話せるように、メモに箇条書きで自分が理解できる内容であれば十分です。弁護士に相談するだけでも費用が発生しますから無駄な時間がかからないように事前にまとめておきましょう。

また、相手が離婚を拒否しているなら離婚は難しい状況です。離婚するにはかなりの時間をかける覚悟で望む必要があります。

 

請求できるお金を聞く


離婚をすると決めたなら、二人で築いた財産を分けなければなりません。子どもがいる場合、親権を取れば相手に養育費の支払いも請求できます。そのほかに慰謝料の請求も離婚理由によっては請求できます。離婚相談の際には、そのあたりを詳しく聞きましょう。

離婚相談の時に、財産の状況を詳しく表示することでかなり具体的な見込み額が算出できます。財産分与の対象になるものは、不動産、家財道具、預金、有価証券、車、生命保険などです。名義が片方だけであってもその財産を作るときに協力があったとみなされれば貰う権利はあります。

また、嫁入り道具や相続した財産などは財産分与の対象になりません。お金の問題は、離婚後の生活にとっても重要なことです。事前に財産の詳しい状況をまとめて離婚相談にのぞみましょう。

 

子どもの親権面会について聞く


子どもがいる場合は、親権をどちらが取るかが気になるところです。離婚相談には欠かせない相談だといえるでしょう。どちらかが親権を放棄した場合は簡単ですが、夫婦どちらも親権を希望する場合は法廷で争うことになります。

また親権者のほかに監護者を定める場合もあり、監護者は親権者ではない親がなります。監護者とは、子の監護および教育の権利を義務を有します。しかし親権者と監護者二人を決めることは極めて稀なこと。その理由は、親権者と監護者が子どもを巡って後々もめることが多いからと言われています。

一般的に親権の八割は、母親にわたるといわれていますが、子どもの年齢や離婚後の環境などで必ずしもそうとはいえません。親権が取れなかったときには面会の権利が与えられるのですが、自分で会いたいときに会えるわけではなく会う回数などを相談して決めなければなりません。

離婚しても親として子どもの成長は感じていたいもの。離婚相談の際には、そのためにも親権の獲得の見込みや面会についてのことを詳しく聞きましょう

 

老後のために年金分与について聞く


年金は夫婦で分与できる場合があります。厚生年金、共済年金は請求すれば夫婦間で合意の上、公正証書を作成して分割割合により分割されます。ただし相手が合意しない場合には、家庭裁判所の調停で決めてもらうことになりますが、その場合公正証書の費用がかからないメリットがあります。

特に熟年離婚の場合は、年金がもらえるかどうかは大きな問題。将来の不安を少しでも解消するためにも年金分与の話は重要な話です。離婚相談の際には、しっかり聞いておきましょう。

 

離婚は精神的にとてもダメージを受けるものだと経験者は語ります。精神的にすり減りとてもエネルギーを有するもので、決して一人では太刀打ちできません。離婚したあとも生活が立ち行かなくなれば、ますます精神的に痛手をうけてしまいます。特に金銭的に苦しい思いはしたくないですよね。

離婚は新しい人生の始まり。その新しい人生を、より良いものにしたなら法律の専門家である弁護士の知識が、あなたの離婚をスピーディーで良い方向へ運んでくれるでしょう。そのためにも多少の費用がかかったとしても専門家に相談することをおすすめします。

親権を持つ場合ならなおさら、お子さんとの生活が安心できる環境であることが大切です。少しでも安心な生活を得るためにぜひこれらのことを参考にして離婚相談をしてください。

 

まとめ

【離婚相談】弁護士に聞くべき4つの重要ポイント

・離婚できる否かを聞く
・請求できるお金を聞く
・子どもの親権面会について聞く
・老後のために年金分与について聞く