ストレスチェックをして、イライラを抑えるコツ!

ストレスチェックをして、イライラを抑えるコツ!
ストレスチェックを受けたことがありますか。日本では国が企業に従業員がストレス度合いをチェックできるようにストレスチェックを実施することを一部規模が小さい企業を除いて義務付けていますが、ストレスチェックという制度があるのは知っていても実際に利用したことがないという人は意外と多いのではないでしょうか。

仕事で嫌なことがあったり、ストレスを感じることはあっても、病気になるほどではないと思っている人は多くいますが、ストレスというのは本人が自覚していない所で蓄積されていきます。そのため「自分は平気」と考えずに積極的にストレスチェックをしましょう。

ストレスチェックをすれば、今の自分が抱える精神的な負荷がどの程度なのを知ることができ、適切な対処をすることができます。そこで、ストレスチェック後におすすめのイライラを抑えるコツを6つお伝えします。



 

ストレスチェックをして、
イライラを抑えるコツ!

 

自分へのストレス


職場で周囲の人に対するストレスが少ない場合でも、意外と自分に対するストレスが溜まってイライラしてしまうケースがあります。ストレスチェックをしてそのような傾向が判明した場合には、考え方を変えましょう。

自分に厳しすぎるがために、自分のミスや落ち度に対して自分を必要以上に責めているのであれば、少し楽観的になりましょう。自分の味方をしてくれるのは最終的には自分だけです。努力した部分を自信に変えて「自分なら大丈夫」と思うことが大切です。

 

上司や先輩へのストレス


上司や先輩からの指導が厳しすぎるとストレスの原因になりえます。業務上指導や注意は必ずあってしかるべきですが、人間性自体を否定するような言葉や暴言はパワハラになりますから、ストレスチェックをして自分が追い込まれていると感じたら、会社のハラスメントに関する窓口に相談をしましょう。

また、自分でできる対処法としては、話半分に聞くという姿勢をとりましょう。怒られている時にすべてを正面から受け止めず、話半分に聞き流すのです。そうすることで、イライラは抑えられ自然と気持ちが楽になるのです。

 

同僚や後輩へのストレス


仕事ができない同僚や後輩と一緒に仕事をすることになったらイライラすることが増えるものです。仏様のような心を持った人間はそうそういませんから、イライラする事自体は当然のことですが、ストレスチェックをして、必要以上にストレスをためていることがわかったら、対処する必要があります。

仕事ができない同僚や後輩と仕事をする時は、広い心を持つのです。「自分が助けてあげる、フォローしよう」と思うようにすれば、自分が優位に感じますから、イライラの感情も抑制することができます。

 

仕事量に対するストレス


職場でストレスがたまる原因としてよくあるのが仕事量が多いという環境です。仕事が山積みになってしまったら、あれもこれもやらなくてはいけないという気持ちが働いてイライラしてしまいがちです。

ストレスチェックで仕事量がストレスの原因だと判明したら、仕事の仕方を工夫しましょう。タスクに優先度を設定して着手順序を整理するのです。整理をして、今日はここまでやろうというゴールが明確になることで、ストレスやイライラはかなり軽減されます。

 

接客に生じるストレス


接客業や営業の仕事をしていてストレスの原因になりやすいのがクレーマーの対応です。ストレスチェックで自分がストレスをためているということがわかったら、まずはクレーマー対応を振り返りましょう。

電話がなるとドキッとするとか、客先に行くのが億劫だという場合には、そこでストレスをためてイライラしてしまっている可能性があります。クレーマーの言うことは真摯に受け止める姿勢を見せながらも、気持ち的には客観的に受け止めましょう。これも仕事だと割り切ることで気持ちは楽になれるのです

 

自律神経失調への対処


会社でストレスチェックをしたときに、自分が思っていた以上にストレスが蓄積されていることがわかったら、自律神経が失調気味になっているかもしれません。自律神経失調症は、ストレスが蓄積されることによって発症しますが自覚症状がない場合があるのです。

自律神経が不安定になった時には、まず健康的な生活を贈るよう心がけることが大事です。栄養バランスがいい食事をとり、睡眠時間を平均7時間とるという基本的なことをするだけで精神を安定させる基礎が整います。

 

いかがでしたか。

ストレスチェックというと、心理テストや診断テストの一種のようで重要でないと思っている人がいるかもしれませんが、ストレスチェックは医師の監修のもと作成された、精神状態をちぇっくできる精度の高いものです。

自分では大丈夫、自分は平気と思っている人こそ、ストレスチェックを真面目にチャレンジして、自分の精神状態と向き合いましょう。注意すべきなのは、自分が自覚していた以上にストレスをため、イライラしやすいと結果が出た時です。

そのような結果が出た場合には「当たっていない」と放置せずに専門医に相談しましょう。医師のアドバイスや処方された薬などで治療をしつつ、今回解説したストレスチェックをしたあとのイライラへの対処法を実践しましょう。

 

まとめ

イライラに負けない!ストレスチェックをした後の対処法とは

・自分の落ち度を必要以上に気にしないようにする
・上司や先輩からの過度の指導は話半分に聞いておく
・仕事ができない同僚や後輩には広い心を持てるよう少しだけ頑張る
・仕事が山積みの時は優先度順に整理して順番に着手する
・無茶を言うクレーマーの話を聞くのも仕事と割り切る
・健康的な生活を心がけて自律神経の安定を養う