ストレスをためると体調不良に。7つのストレス解消法とは

ストレスをためると体調不良に。7つのストレス解消法とは

朝の目覚めと共に太陽の光を浴びると、一日の活動エネルギーは満ちています。一日の生活が始まると、多様なストレスを浴びていきます。そのストレスは、その日その日で効率よく処理されていきます。

しかし、溜まってしまった大きなストレスなどは、処理しきれずに残ってしまいます。そうなると体のあちこちに支障が出てきます。体に疲れが残り、気分がよくなかったりする体調不良に陥ってしまいます。

大きなストレスは、継続的にしていく方法で処理するのがベストになります。これ以降、「ストレスをためると体調不良に。7つのストレス解消法とは」をあなたとご一緒に見ていきましょう。



 


ストレスをためると体調不良に。
7つのストレス解消法とは

 


正しい生活サイクルを刻むようにしよう


私たちは毎日、多くのストレスに晒されています。適度のストレスは体にとっては、むしろ有益な負荷になっています。そして、その負荷を乗り越えることで前に進む推進力を得ていきます。

一方で、生活サイクルが乱れるとストレスは溜まりやすくなります。疲れが残り体調不良になったり、睡眠不足になり自律神経も乱れてきます。体調に影響を与える睡眠不足は、早めに解消していきましょう。

睡眠の改善は、ストレスの解消に繋がります。不眠の原因の一つは、早寝早起きの正しいサイクルを作ることで改善できます。また、朝の目覚めには、太陽の明るい光を浴びることが重要なポイントです。

 


食事は三度摂って楽しく食べるようにしよう


体調不良は食事にも関係してきます。栄養バランスの摂れた食事を習慣づけていくことで、必要エネルギーを体に補給できます。不規則な食事や栄養バランスを欠いた食事は、体に悪い影響を与えます。

必須の栄養素を体に補給できず、体にストレスを与えてしまいます。衣食住の食は、人にとっては重要な要素となるものです。食は、生命や知能や子孫を遺すために必要な大事なものです。

また、消費した量に見合う食物量を補充しなければ、健全な肉体と精神を養ってはいけません。そして、食事を摂るときは、十分に咀嚼して、美味しいものを楽しい雰囲気で摂れれば何よりとなります。

 


仕事を持ち帰らずによい睡眠を摂るようにしよう


仕事のトラブルは、ストレスの大きな要因です。職場では、会社の世評などもストレスになります。仕事のミスは、その原因を探り再犯しないように心掛けます。しかし、仕事は直ぐには上手に切り盛りできません。

そこでは精神的なストレスを負っていきます。また、対人関係もストレスになります。そして、それ等を心配し過ぎるのは余計なストレスを抱え込みます。その結果、体調不良を誘引して精神衛生上よくありません。

そこで、ある程度の開き直りが必要になります。それと仕事を抱え込んで自宅に持ち帰らないことです。会社のストレスを遮断します。そうすることで、夜間に質のよい睡眠が摂れて心身は癒されていきます。

 


他人には感謝の気持ちを言うようにしよう


恋人同士、夫婦間でも、何かをしてもらったら感謝の気持ちを口にすることは大切なことです。ともすると当たり前のように、つい忘れてしまうものです。それが度重なると、刺激のない馴れ合いの関係になります。

そうなると、お互いの感情にも微妙なストレスのしこりが残っていき、それが体調不良の要因にもなっていきます。何かをしてもらったら、すかさず感謝の言葉を述べて、相手の良さを褒めることが大切になります。

そうなると、意志の疎通もよくなり相手の気持ちが分かるようになります。また、相手の得意分野を聞いて、それを日常に披露してほしいと甘えてオネダリして、相手の自尊心を大いに満足させてみます。

 


趣味を見つけて夢中になれるようにしよう


厳しいビジネス社会では、それなりのストレスに直面します。一日の仕事がようやく終わると、ほっと安堵して帰宅していきます。けれどもストレスを受けた身体は、その日のうちに癒すことが原則になります。

溜まったストレスは体調不良の要因にもなります。けれども、規則正しいサイクルで生活していても、過剰に浴びたストレスは解消できずに残ります。そこで、趣味に打ち込んで心身をリラックスさせていきます。

趣味はあなたに出来るものなら何でもよいのです。文科系や運動系のスポーツや、娯楽系の将棋や囲碁や写真に集中して、嫌なことを忘れることです。それが、溜まったストレス解消のキーポイントです。

 


些細なことに拘らずによい面を見るようにしよう


日常生活では、恋人や夫、姑や舅、不特定多数の人との些細な関わりが、体調不良になることもあります。些細なストレスも、度重なると大きなストレスになります。解決策は、そのストレスを許容することです。

嫌なことや気になることも、すべて受け入れてしまいます。そして、相手のことをよく観察できるように視点を変えてみます。そうすることで、今まで見落としていた相手のよいことを感じ取れるようになります。

視点を変えることは難しいことです。けれどもそうしなければ、何時まで経っても相手の呪縛から抜け出すことはできません。勇気を出して、生まれ変わった気になってチャレンジしていきます。

 


ストレスフリーの沈黙の時を過ごすようにしよう


溜まったストレスを上手に発散することは大事なことです。ストレスによって体に変調をきたして体調不良を引き起こします。女性では、気の許せるママ友や同僚と思い切りおしゃべりして憂さを晴らします。

日頃のストレスを発散できるのは有益なことです。男性では、同僚や飲み友だちと日頃の鬱憤を晴らしていきます。その一方で、人に頼らず自分でストレスを上手に発散する方法を取り入れてみます。

ストレスフリーの状態を演出して、何もせずに一日ボーとしてごろごろします。映画館をハシゴします。コーヒーショップで長時間黙ってコーヒーを飲みます。そうすることで、大きなストレスから解放されていきます。

 

いかがでしたか。体調不良を招く大きなストレスの処理は、幾分難しさを含んでいます。この項では、そのストレスの処理を述べました。また、規則正しい生活を送ることが何よりも重要なことも知りました。

日々の生活では、些細なことには拘らないことが肝要です。気持ちを大らかに保っていくスタンスがストレスを溜め込みません。他人に対しては謙虚な姿勢を見せて、敬っていく心構えが大切になってきます。

感謝の言葉を言えるようになることも重要になります。さて、「ストレスをためると体調不良に。7つのストレス解消法とは」をあなたと見て参りました。この項が、あなたのお役に立つことを願っています。

 


まとめ


ストレスをためると体調不良に。7つのストレス解消法とは

・正しい生活サイクルを刻むようにしよう
・食事は三度摂って楽しく食べるようにしよう
・仕事は持ち帰らすによい睡眠を摂るようにしよう
・他人には感謝の気持ちを言うようにしよう
・趣味を見つけて夢中になれるようにしよう
・些細なことに拘らずによい面を見るようにしよう
・ストレスフリーの沈黙の時を過ごすようにしよう