ストレス性胃炎にならないためにしておくべき7つの習慣

ストレス性胃炎にならないためにしておくべき7つの習慣

ストレスは万病の元、溜めても「百害あって一利なし」の厄介者です。誰もが溜めたくないと思いながら生活していますが、それでも現代社会がストレス社会である事は事実。実際、多くの人々が大なり小なり、ストレスを抱える生活を余儀なくされています。

そこで特にストレスに弱いとされる部位の一つが「胃」でもあります。ストレスを溜めすぎると、胃に症状が出る事が多いのですね。ストレス性胃炎の厄介な所は、検査では発見できないことです。

つまり、医療機関にかかっても原因を特定することができないと言うことです。

つまり、効果的な治療を行うことが難しいと言うことです。精神的要因が原因ですので、当然と言えば当然ですが、非常に厄介な病気と言えます。ゆえに、ストレス性胃炎にはならない事が、やはりベストと言えます。治療より予防が大切だと言うことですね。

そこで、今回はストレス性胃炎にならないためにしておくべき7つの習慣をまとめました。ストレス性胃炎回避のためにも、ぜひ参考になさってください。



 


ストレス性胃炎にならないために
しておくべき7つの習慣

 


仕事を抱え込まないようにしよう


まずは、やはりこれですね。仕事関係でストレスを抱える方は非常に多く、ストレスの大抵の原因が仕事と言っても過言ではありません。

これを解決する方法は簡単です。仕事を抱え込まない事です。日本人は真面目な方が多く、管理職でもないのに経営全体の事を考えていたり、自分の領域以外の事まで考えたりしている人が多いです。つまり、仕事しすぎなのですね。

こう言う部分は南ヨーロッパなどの地中海沿岸諸国の仕事術を参考にしましょう。彼らは非常にONとOFFの切り替えが上手いです。しかし、彼の国も立派な先進国、一人当たりGDPでは日本と同等以上の国々です。つまり、あれぐらいの仕事法でも、十分結果が出ると言うことです。

「仕事は抱え過ぎない」ストレス性胃炎を避けるための合言葉として、肝に銘じておきましょう。

 


趣味を持ってみよう


いくらストレスを避けても、避けきれないのがストレスでもあります。現代社会はストレス社会ですから、ストレスを小さくすることはできても、0にすることは不可能とも言えますからね。

ですので、ここはストレスを発散する方法についても考えておきましょう。

そこでやはり大きなものが趣味です。自身の大好きな事をしている時間は、あらゆる嫌な事を忘れる事ができ、ストレス発散に非常に高い効果を上げます。

実際、多趣味な方や、没頭できるほどの趣味を持っている方はストレス性胃炎になりにくいとの報告もあります。ストレスを溜めこまない事と発散すること、両方がなってこそストレス性胃炎を避けることができるのですね。

 


睡眠はしっかり取ろう


ストレスの大敵、睡眠不足です。睡眠不足は身体のあらゆる不調の原因を招く原因の一つですが、ストレス性胃炎にも悪影響しかありません。実際、睡眠が不足すると自律神経が乱れたりして、余計なストレスを抱えて溜めこむことになります。

良質で十分な睡眠は、ストレスを解消するための身体的な機能の一つでもありますから、睡眠をないがしろにしてはストレス性胃炎を予防することはできません。

なお、良質な睡眠を確保する為にも、22:00~2:00の間は極力眠るようにしましょう。この時間に成長ホルモンが分泌されて新陳代謝が行われますので、この時間に睡眠を取ることでより高い睡眠の効果を享受することができるのです。

 


規則正しい食事をしよう


人は食べては生きていけない生き物ですから、当然食事もないがしろにしてはいけません。不規則な食事やバランスを欠いた食事は、それだけで身体に強いストレスを与えます。

また、逆に規則正しい食生活やバランスの取れた食事を行うことで、ストレスを効果的に発散させることもできます。

人間にとって食事とはそれほど重要な行為なのですね。

ですので、ストレス性胃炎になりたくないならば、ゆめゆめ食事をないがしろにされることのないように申し上げます。

 


悩み過ぎないようにしよう


人生、谷あれば山もあります。激しい起伏のあるのが普通と言っても過言では無いでしょう、つまり、誰の人生も良い時もあれば悪い時もあると言うことです。にも関わらず、ストレス性胃炎になる方は必要以上に悩まれる方が多いです。つまり、余計に悩み過ぎなのですよ。

当然、必要以上の悩みは精神に負担を掛けますから、それがストレスとなり身体に異常を来たすことになるわけです。つまり、ストレス性胃炎になる、と言うことですね。

ですので、ストレス性胃炎を回避するためにも悩み過ぎないようにしましょう。「人生は悪い時があって当然。いずれ、改善する」このぐらいのスタンスで居た方が、案外人生そのものも上手くいくことが多いですよ。

 


スポーツで汗を流してみよう


スポーツは身体に良い事は誰もが知っていることだと思いますが、精神的にも非常に良い効果をもたらすのがスポーツなのですね。

厳しいトレーニングを行って、辛く厳しい訓練に耐えた先にあるのがスポーツの醍醐味と考えている方もいるかもしれませんが、それは競技スポーツです。スポーツには、勝敗や自身の成長にこだわる競技スポーツだけでなく、楽しむ為の生涯スポーツと言うものもあるのですね。

生涯スポーツは楽しむ事が第一義ですから、楽しく汗をかくことで身体機能の向上、またメンタル的なリフレッシュ効果も望めます。当然、ストレスの発散効果もありますから、ストレス性胃炎の予防にもなると言うことです。

 


温泉に行こう


温泉はあらゆる効果が望めるため、古くは湯治などとも言われましたが、これは現代社会でも効果が見込まれている治療法です。なにより、温泉に浸かる事で血行がよくなり、代謝の改善が見られます。

血液は人間にとってなくてはならないもの、血液の流れはもっと重視されてしかるべきなのですよ。血行の流れの改善が、身体機能の改善に繋がり、また温泉に浸かることによるリフレッシュ効果も見込めてメンタル効果も見込めるわけです。

大変、効果的で効率的なストレス胃炎にならないための方法と言えますので、定期的に温泉に浸かるようにすると良いでしょう。幸い、日本は火山大国です。温泉地も数多くありますので、温泉に浸かる事を習慣的に行うことも十分可能だと思われます。

 

如何でしたか。

ストレス性胃炎にならないために必要な習慣についてはご理解頂けたでしょうか。要は必要以上にストレスを溜めこまない、溜まってしまったものはすぐに解消に向けて動くと言うことです。

至極単純なようで、実践はなかなか難しい部分もあるでしょう。現代人は仕事や様々な事に追われており、忙しいですからね。ですので、完璧に実践しようとしなくて大丈夫です。

一つずつ階段を上るように実践すると良いでしょう。まずは、今日から十分な睡眠をとるなど、自身にとって簡単なことから始めて見るのがベストと言えます。それがストレス性胃炎を防ぐための最も効果的な方法ですよ。

 


まとめ


ストレス性胃炎にならないためにしておくべき7つの習慣

・仕事を抱え込まないようにしよう
・趣味を持とう
・睡眠はしっかり取ろう
・規則正しい食事をしよう
・悩み過ぎないようにしよう
・スポーツで汗を流そう
・温泉に行こう