慢性的なストレスから脱出!生活改善計画を立てるコツ

慢性的なストレスから脱出!生活改善計画を立てるコツ
現代人が多かれ少なかれ抱えているストレス。ストレス解消という言葉はよく耳にしますが「ストレスが溜まっているのか、そうじゃないのかよくわからない」という状況になっている人も実は多いもの。慢性的なストレスは、仕事の能率が落ちたり、人間関係に支障をきたしたりという点以外にも、身体にも悪影響を及ぼしてしまいます。

明確にストレスが原因であるという解明はされていませんが、うつ病や胃腸の不調などはその代表格。ストレスとは、心身ともに悪影響を及ぼす存在だと考えられます。しかしだからといってストレスと上手くつきあっていくためには、まず何からすればいいのかよくわからないという人もいるでしょう。

そこで、ここでは「慢性的なストレスから脱出!生活改善計画を立てるコツ」と称して、ストレスからの脱出方法をお伝えします。ぜひ参考にしてください。



 

慢性的なストレスから脱出!
生活改善計画を立てるコツ

 

定期的に生活の中に有酸素運動をとりいれましょう


ストレスが溜まると、心身のバランスを崩してしまうもの。身体と心はどちらか一方だけが健康でも、弱いほうにストレスの負荷がかかってしまいます。そこで、生活改善におすすめしたいのが「有酸素運動」。代表的なものであれば、ウォーキングやジョギング、水泳やヨガ、自転車などがあげられます。

体調を整えながら、知らず知らずのうちに呼吸法も整えることができ、健康的な身体をつくっていくことができるでしょう。ただし、頑張りすぎは禁物。必ず週5回!と意気込んでしまうと、達成できなかったときに新たなストレスを抱え込んでしまいます。ルールで自分を縛らないように気をつけながら、取り入れることがポイントです。

 

ベッドの中にスマホやタブレットを持ち込むことはやめましょう


色々考え事をしてしまい、眠れない夜。ついついスマホやタブレットを持ち込んで、気付けば数時間が経過…ということはありませんか。眠れない夜のお供にしたいという気持ちは多くの人が持っていますが、電気機器はかなりの安眠妨害アイテム。

最近すっきり寝た気がしない…という人は要注意。睡眠不足はストレスを生み出してしまいます。眠れないものはどうしようもありませんが、スマホを寝室に持ち込まない。これもひとつの生活改善計画と言えるでしょう。

 

規則正しい生活リズムをつくりましょう


ストレスから脱出するための生活改善計画といっても、その計画自体にストレスを感じてしまってはまさに本末転倒。そこで大切になるのが毎日の生活リズムです。何を必ずしなければいけないということはありませんし、また逆に絶対してはいけないことというのも存在しないもの。

しかし、起きる時間、食事の時間、寝る時間は規則正しいリズムをつくっておくことが大切です。身体に一定のリズムを覚えさせておくと、その間の時間に多少色々なことがあっても、身体はまたリズムに乗ろうとするもの。

ストレスが溜まるということは、そのリズムに乗り切れなくなってしまうことだと考えてください。少なくとも起床時間、就寝時間、食事の時間の3点はある程度規則正しく行う必要があります。

 

糖分の摂取を控えましょう


ストレス発散は「甘いもののヤケ食い」という方は少なくありません。しかし、これは実はかなりの危険行為。ストレスを発散しているつもりが、実はストレスを溜め込んでいる行為です。

特に白砂糖は血糖値を一気にあげてしまうもの。甘いものを食べて感じる高揚感は、確かに心地よいものですがまた逆に一気に下がってしまうため、結果的には最初のモチベーションより下がってしまうことも。

しかし、いきなり甘いものの摂取をゼロにするのは、また別の意味でストレスを感じてしまうもの。その場合は、黒砂糖やてんさい糖を使用したお菓子を食べるなど、質を気にして摂取するようにしましょう。

 

夜中に考え事をするのはやめましょう


そして何より大切なことは「夜中に悩まない」「考え事をしない」ということ。現実的に外部のストレスをゼロにすることはできませんが、その悩みを夜に考えても何ひとつ良いことはありません。解決策が出てこないばかりか、どんどんマイナス思考に陥ってしまうはず。

生活改善計画というよりも、意識改善計画といえるかもしれませんが、これはとても重要なことです。ここで悩んでしまうことが睡眠不足に繋がったり、ストレスからのヤケ食いに繋がったりするもの。まずはあなたの意識改革を行いましょう。「どうにもならないことはある」「悩んでも無駄」と割り切る気持ちも大切です。

 

いかがでしたか。ストレスは初期段階で発散することが大切。慢性状態になってしまうと何がストレスで、何がストレスではないのか心身ともにわからなくなってしまう可能性も。しかし、既に慢性的なストレス状態に陥ってしまっているかもしれない…と感じている人は、まず今回ご紹介したコツの中から実践できそうなものにチャレンジしてください。

また逆に、この真逆のことを行っている場合、例えばベッドの中でスマホが手放せない、休日は寝だめをしてしまっているというようなことがあれば、その改善を行うというのもひとつの方法です。

ストレスは人間が生きていく上でゼロにすることは難しいもの。しかし、うまく解消したり受け流す方法を身につけることはあなたの人生にとってもとても大切なことです。自分がより生きやすくなるように、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

 

まとめ

慢性的なストレスから脱出!生活改善計画を立てるコツ

・定期的に生活の中に有酸素運動をとりいれましょう
・ベッドの中にスマホやタブレットを持ち込むことはやめましょう
・規則正しい生活リズムをつくりましょう
・糖分の摂取を控えましょう
・夜中に考え事をするのはやめましょう