ストレス性頭痛を軽減させるために試してほしい7つの行動

ストレス性頭痛を軽減させるために試してほしい7つの行動
慢性頭痛で最も多いのが緊張型頭痛です。一般にストレス性頭痛と呼ばれるものですね。「ヘルメットをかぶった様な痛み」と表現されるように、頭全体を何かに押し付けられたような頭痛であるのが特徴です。

ストレス性頭痛で悩んでおられる層は幅広く、子どもから老人までどの年齢層でも見られます。また、症状も毎日症状が出る方もいれば、頻度はそう多くない方もいるなど、人によって様々です。

現代はストレス社会でありますから、何かと身体や精神にストレスを与える事が多いです。それゆえの結果ともとれますが、少し行動を改善するだけで症状が緩和されるケースも多いですから、ぜひ下記で紹介する行動を試してみてください。



 


ストレス性頭痛を軽減させるために
試してほしい7つの行動

 


ストレッチをしよう


まず、ストレス性頭痛がなぜ起こるのか?と言うと、その名の通りストレスなどの要因により筋肉が緊張状態によって血行が悪くなることで生じます。ゆえに、緊張型頭痛と呼ばれるのですね。

ですので、改善方法としてはストレッチなどを行うことで、筋肉をほぐし血行の流れを改善することで改善することが可能になります。隙間時間などの少しの時間で構いませんので、定期的に首や肩などの筋肉を伸ばす動きを行うと良いでしょう。

時間があるのならば、体全体の筋肉を伸ばす動きを入れても良いでしょう。血管は全て繋がっているわけですから、全体の流れの改善も効果を上げるのは当然ですね。お風呂上がりのストレッチを習慣化できると良いですね。

 


隙間時間のマッサージを習慣づけよう


ストレス性頭痛の改善に血液の流れの改善が必須なのは前項の通りですが、ゆえにマッサージも効果的な方法の一つです。これも隙間時間の活用で対策できることがポイントです。簡単に実践できないと継続できないですからね。

オフィス業務の合間に、家事の合間に、業務の休憩時間に、少し時間を取って、首や肩などを自分でマッサージすると良いでしょう。もちろん、時間が取れるならば、専門のマッサージ屋さんに行くのもOKですよ。

 


運動で体も心も健康的に


血液の流れの重要な部分と言えば心臓をイメージする方が大半だと思いますが、実際は心臓の活動だけで血液を運んでいる訳ではないのですね。体全体の隅々まで血液を運ぶためには筋肉のサポート無くしては不可能なのです。

筋力が衰えると血行が悪くなり、ストレス性頭痛を発症するわけです。年齢が進めば進むほど症状が多く見られるのはこう言ったことも背景にあるのです。そこで大切なのが運動です。毎日の定期的な運動を習慣化できれば症状の大きな改善が見られるでしょう。

ランニングはもちろん、家でできる筋トレ、寝る前の簡単な動作でも構いません。また、汗をかくことでストレスの発散もでき、より症状の改善が見られますので一石二鳥ですよ。

 


姿勢の改善をしよう


血行を阻害するものの一つに姿勢の悪さがあります。姿勢が悪いと身体に多大な負荷を掛けますので、それにより血流の悪化を招き、ストレス性頭痛の症状が出ると言う訳です。現代人はとにかく姿勢の悪い方が多いですからね。これも原因として疑ってみるべきでしょう。

パソコン作業での前屈みの姿勢や、業務による不自然な姿勢による作業など、仕事によりやむをえない部分もあるかとは思いますが、できる限り背筋を張り姿勢を正す事を意識しましょう。日常生活の部分を改善するだけでもかなりの変化を実感できますよ。

 


首や肩を温めよう


首や肩を温めるのも効果が見込める方法です。温めると血管が広がり血行が良くなります。ストレス性頭痛は特に首や肩の血行の流れが悪くなることで生じますから、温めたタオルなどで首や肩を温めるのが良いでしょう。

もちろん、入浴なども効果的です。現代人は基本的に忙しいですから、どうしても軽くシャワーなどで済ましがちですが、できる限りお風呂はしっかりと浸った方が良いです。休日などは近くの温泉に行くのも良いでしょう、ストレス解消にも繋がりこれも一石二鳥です。

 


正しい生活習慣を身に着けよう


生活習慣が乱れると身体のあらゆる部分に不具合が生じるのは皆さん周知の通りですが、これもストレス性頭痛の原因の一つです。特に食生活の乱れや睡眠不足などは身体に多大な負荷を掛けます。結果として、自律神経の乱れを引き起こします。

自律神経が乱れると常に緊張状態になりますので、当然、血行は悪くなります。ゆえに、ストレス性頭痛を生じるのですね。ですので、生活習慣の改善は頭痛の改善の為には必須なのですよ。可能な限り早寝早起きとバランスの取れた食事を心掛けましょう。

 


薬は避けるよう


最後に薬に頼るのは止めましょう、今は市販の薬もたくさんの種類があり、飲むだけで頭痛を改善してくれる頭痛薬もあります。しかし、薬は薬です。副作用0というわけにはいきません。

それに安易に薬に頼ると症状の改善への意欲が薄れます。結果、症状はどんどん進行してしまうと言う悪循環に陥ります。ストレス性頭痛は行動を変えることで改善が見られる頭痛でもあります。

薬の服用はどうしても我慢できない場合にのみ行い、基本は上述した行動を試してみてからにしましょう。特に薬は耐性ができてからが怖いですからね。ひどい頭痛時に効く薬が無いのは恐怖ですよ。

 

いかがでしたか。ストレス性頭痛の症状を改善するための方法についてはご理解頂けたでしょうか。実に様々な方法があるのですね。ただ、基本は身体、および精神にストレスが生じ血行の流れが悪くなることで生じます。

徒(いたずら)に身体や精神にストレスを与えることを避けて、血行の流れを改善する手だてをとればストレス性頭痛は改善します。現代はストレス社会です。精神だけでなく肉体的にもストレスの生じる社会です。

ですので、少しでも改善の為の行動を取らねばすぐにストレス性頭痛のような症状に悩まされてしまいます。ですので、本文で触れた改善のための行動を本日より始められる事を推奨致します。

 


まとめ


ストレス性頭痛を軽減させるために試してほしい7つの行動

・ストレッチをしよう
・隙間時間のマッサージを習慣づけよう
・運動で体も心も健康的に
・姿勢の改善をしよう
・首や肩を温めようにしよう
・正しい生活習慣を身に着けよう
・薬は避けよう