睡眠時無呼吸症候群の症状と、セルフケアの仕方

睡眠時無呼吸症候群の症状と、セルフケアの仕方
「睡眠時無呼吸症候群」という言葉をご存じでしょうか。知らない、聞いたことがないという方でも、「睡眠時無呼吸症候群」という字からどのような症状か想像がつくかもしれませんね。

「睡眠時無呼吸症候群」は眠っている間に呼吸が止まる病気のことです。若い方にはピンとこないかもしれませんが、30代になるとこの病気は全く関係のない病気とは言えなくなるでしょう。

睡眠時無呼吸症候群は30代から60代がなりやすい病気だからです。また、この病気は男性に多いと言われています。昔に比べ最近の方は年齢がわかりづらいと言われるくらい若々しく見えます。

しかし、体は確実に年齢の影響を受けていますので、まだまだ若いと思っていても注意が必要です。しっかりとセルフケアしなければなりません。そこで今回は、睡眠時無呼吸症候群の症状とセルフケアの仕方についてお伝えします。



 

睡眠時無呼吸症候群の症状と、
セルフケアの仕方

 

睡眠時無呼吸症候群とは


冒頭でも少し触れましたが、睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に呼吸が止まる病気です。無呼吸とは10秒以上、気道の空気の流れが止まった状態のこと言い、その無呼吸状態が一晩に30回以上、もしくは1時間のうちに5回以上あれば睡眠時無呼吸症候群とされています。

10秒以上呼吸が止まることを考えるだけで息苦しく、無呼吸になったときに気付くのではと思うかもしれませんが、実は眠っている間の無呼吸に自分で気付くことは難しいです。同じ部屋で寝ていた人に言われ気付いたという方が圧倒的に多いです。

 

睡眠時無呼吸症候群の症状


上に書きましたが、症状のひとつに「呼吸が止まる」があります。しかし、無呼吸症候群はそれ以外にも様々な症状があります。眠っているときに呼吸が止まっているかどうかわからないという方も他の症状で当てはまる事項があれば睡眠時無呼吸症候群を疑うといいでしょう。

眠っているとき
・いびきをかく
・むせる
・何度も目が覚める

起きたとき
・頭が痛い
・口が渇いている

こちらは一例ですが、寝ている最中にいびきをかく方、特にいびきが一度止まり、その後に大きな呼吸とともにいびきをかくことがある場合は睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いと言えます。

そのときに目を覚ます方がいますので、今度夜中に目が覚めたときに、自分がどうして目覚めたか少し考えるといいでしょう。トイレに行きたくなった場合やたまたま眠りが浅かったのか無呼吸で起きたかわかる可能性があります。

自覚することが難しい睡眠時無呼吸症候群ですが、ならないためにはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか。次からは睡眠時無呼吸症候群のセルフケアの仕方を解説いたします。

 

セルフケア1:適正な体重にしましょう


睡眠時無呼吸症候群になりやすい方には特徴があります。それは適正体重より重たいということです。つまり、肥満の方がなりやすいと言えます。

顎や喉、首まわりに脂肪をつくことで気道を圧迫し、睡眠時無呼吸症候群になりやすくなります。すでに睡眠時無呼吸症候群になっている方の治療も「痩せる」という内容から、肥満が睡眠時無呼吸症候群と密接に関わっていることがわかりますよね。

筋肉が多い方を除けば、自分の適性体重は調べたら簡単にわかりますから、まずは適正体重がいくらなのか調べてみましょう。そして、適正体重より重く、顎や首まわりに脂肪がついていることを自覚している場合は脂肪を落とす努力をしましょう。

 

セルフケア2:寝る体勢や枕の高さを調整しましょう


仰向けで眠るよりも横向きで寝た方が気道の圧迫を軽減できると言われています。

体の歪みの観点から見ると、横向きは体が歪むので寝るときは仰向けで寝た方がいいという説がありますので、ずっと横向きというわけではなく、ときには横向きで寝てみましょう。

また、どちらか一方ばかりを向くのではなく、均等に向くことで体の歪みがおきないように気を付けましょう。

さらに、枕が高すぎると気道が圧迫されますから再度枕の高さが自分に合っているか確認し、適切な高さの枕選びを心がけましょう

 

セルフケア3:寝る前のお酒は控えましょう


お酒、つまりアルコールには筋肉を弛緩する作用があります。普段はいびきと無縁の方も深酒をした日にはいびきをかいてしまうなんて経験もそれが原因です。

眠っているとき、人は筋肉が緩んでいます。さらにアルコールによって気管を支える筋肉も弛緩してしまうため、気道は狭くなり、睡眠時無呼吸症候群が起こるリスクを高めることになるのです

毎晩お酒を飲んでいるという方は、お酒を飲む頻度を減らしたり飲む量を少しに抑えるといいでしょう。

 

いかがでしょうか。この睡眠時無呼吸症候群のやっかいな点は、自分ではなかなか気付けないということと知らず知らずのうちに体に負担をかけているという点です。

睡眠時、私たちは脳と体を休ませています。しかし、無呼吸になると体は酸素不足になり、それを補おうと心拍数を上げていきます。そのため、眠っているのに脳と体は働いていることになり休息をとれていないことになります。寝たのに寝た気がしない、疲れがとれないというのはこういうことが原因です。

このような状態が続くことを想像すると、ただ寝ている間にちょっと呼吸が止まっているだけと軽くは見られないのです。実は恐ろしい睡眠時無呼吸症候群にならないためにもセルフケアをしっかりとして健康的な体でいましょう。この記事を読んで、睡眠時無呼吸症候群の症状とセルフケアの仕方を知っていただければ幸いです。

 

まとめ

睡眠時無呼吸症候群の症状と、セルフケアの仕方

・10秒以上呼吸が止まったら睡眠時無呼吸症候群の疑いあり!
・「呼吸が止まる」以外の症状でわかるチェックポイント
・セルフケア1:適正体重になって首まわりの脂肪を落としましょう
・セルフケア2:気道を狭めないよう寝る姿勢や枕の高さを工夫しましょう
・セルフケア3:お酒は筋肉を弛緩する作用あり!寝酒は控えましょう