睡眠時間は7〜9時間が最適とされる6つの理由

睡眠時間は7〜9時間が最適とされる6つの理由
自分の睡眠時間が最適なのはどの位なのか、知りたいですよね。日本人は睡眠時間を最適に取れていないと言われています。理由として、仕事で残業し、家で休む時間が少ないこと、夜勤などのシフト勤務で生活リズムが崩れていること、ゲームやインターネットなどで夜遅く起きていることなど、様々な原因が挙げられます。

睡眠は、私達が毎日行う行為です。心身の疲れをリセットする効果があります。なので、良質な睡眠を取ることは、とても重要なのです。

働いている人の中には、6時間取れれば良いという人もいます。しかし、睡眠時間の最適なラインは、7時間から9時間だと言われています。なぜ、睡眠時間は7〜9時間が最適なのか、今回はその理由をお伝えします。



 

睡眠時間は7〜9時間が最適
とされる6つの理由

 

生活リズムが崩れにくい


休日になると、寝だめするという経験ありますよね。しかし寝だめは効果がないばかりか、生活リズムを崩す要因の1つとなっています。日中寝すぎて、夜眠れなくなり、週明けが辛いという経験ありますよね。

平日6時間寝て休日に寝だめするよりも、平日も休日も7時間から9時間寝るほうが、生活リズムが崩れにくいのです。なので、7時間から9時間が睡眠時間として最適なのです。

 

肥満や病気になりにくい


睡眠が十分にとれていない人は、肥満や病気になりやすいです。理由として、脳は寝不足だと日中の活動量が減るので、カロリーが蓄積されやすいことが挙げられます。また、睡眠時間を適切に取らないと、身体の免疫力が落ちます。最近体調不良が続いているなと感じている人は、しっかりと休息を取ることをオススメします。

ただし、寝る前にお腹いっぱい食べるのはダメです。消化しきれずに身体に脂肪が溜まりやすいからです。寝る前はホットミルクなどの温かい飲み物を飲むと、良く眠れるのでオススメです。

 

肌がキレイになる


睡眠は心身の疲れを取る他にも、肌の再生力を高める効果があります。特に、午後10時から午前2時は肌のゴールデンタイムと言われ、最も肌が回復しやすいです。

例えば朝6時に起きる人の場合、12時に寝るよりも、9時から11時の間に寝たほうが、肌がキレイになります。高い化粧品を買うよりも、お金をかけず簡単にできる方法です。

 

ストレスが溜まりにくい


7時間から9時間が睡眠時間として最適な理由の1つとして、ストレスが溜まりにくいということが挙げられます。うつ病の原因の1つとして、睡眠時間を最適に取れていないことがあります。つまり、寝不足はストレスを溜める要因でもあるのです。

普段から疲れがたまっているなと感じている人は、睡眠を多く取ることで、ストレスを軽減することができます。

 

時間を有意義に使うことができる


例えば朝活をしたいと考えているときに、6時間寝るよりも7時間から9時間寝たほうが、朝スッキリと目覚めることができます。夜中ダラダラと時間を過ごすよりも、出勤前の朝の限られた時間を有意義に使うほうが、充実した時間を送れますよね。

また、睡眠を多く取ることは、夜の活動は少なくなります。なので、日中最大限に行動することができます。このように、睡眠時間を最適に確保することは、日中の活動の時間を有意義に使えるというメリットに繋がります。

 

仕事や勉強の効率が上がる


7時間から9時間が睡眠時間として最適な最大の理由として、仕事や勉強の効率が上がるということです。徹夜で受験勉強したり、終電ギリギリまで残業したりすることって、よくありますよね。脳は寝ている間に日中培った情報を整理します。

なので、勉強を頑張りたい場合は日中集中して勉強し、夜は睡眠を多めに取るほうが勉強したことが定着しやすいです。

また、仕事の効率を上げたい人は、どんなに忙しくても睡眠時間は最適に確保してください。残業続きで寝る時間が少ない場合は、週に1回(水曜日の中日がオススメです)仕事を早めに切り上げ、ゆっくりと休むことで、メリハリをつけることができ、仕事の効率も上がります。

 

いかがでしょうか。

7時間から9時間が睡眠時間として最適な理由として、まず、平日も休日も寝る時間が一定なので、生活リズムが崩れにくいことが挙げられます。次に、肥満や病気になりにくい、肌がキレイになる、ストレスを溜めにくいといった、心身の調子を整える効果があります。

また日常生活においても、寝る時間を多めに取ることで日中の時間を有意義に使えたり、仕事や勉強の効率を上げたりすることができるというメリットがあります。

とはいえ、睡眠時間はどの位が最適かというのは、人それぞれです。4時間寝れば十分だという人もいれば、10時間寝ないとダメだという人もいます。また、年齢を重ねるごとに、寝る時間も少なくなっていきます。高齢者が夜中に何度も目が覚めるのも、眠りが浅いからです。

しかし、働き盛りの世代は、やはり7時間から9時間が睡眠時間として最適です。是非、日々の生活を有意義に過ごすためにも、良質な睡眠を確保してくださいね。

 

まとめ

睡眠時間が7時間から9時間が最適な理由として

・生活リズムが崩れにくい
・肥満や病気になりにくい
・肌がキレイになる
・ストレスを溜めにくい
・日中の時間を有意義に使うことができる
・仕事や勉強の効率が上がる