理想の睡眠時間は?あなたの最適を知るポイント

理想の睡眠時間は?あなたの最適を知るポイント
睡眠時間の最適な時間は何時間かと聞かれると、だいたい7時間~8時間だと答えますよね。その回答は間違えではありません。一般的に健康に良いとされる睡眠時間の最適な時間は、7時間前後と言われています。しかし、7時間寝ても眠気がとれないとか、寝起きが悪いと感じる人もいます。

寝起きが悪いと感じる人は、その原因を低血圧とか蓄積された疲労のせいだと考えることが多いですが、もしかしたら、その考えは間違っているかもしれません。起床した時に、すっきりせずに体調が悪いと感じるのは、睡眠時間が最適ではないからという可能性もあるのです。

そこで、睡眠時間で最適な時間とは何なのか、また、その時間はどのように調べると正確なのかを6つのポイントに分けてお伝えします。



 

理想の睡眠時間は?
あなたの最適を知るポイント

 

最適な睡眠時間とは


人の睡眠時間で最適な時間というのは、一律7時間~8時間というわけではありません。では何時間なのか、と疑問に思われるかもしれませんが、万人に最適な睡眠時間というのはないというのが答えです。

最適な睡眠時間というのは、人によって異なります。例えば、短い睡眠時間の方が起床した時にすっきりするし、その日一日、体調がいいという人もいますし、逆に10時間以上寝ないと体調が悪くなるという人もいます。大切なのは、自分にとっての睡眠時間が何時間がいいのかを調べることなのです。

 

90分の倍数で実験


自分にとっての睡眠時間で最適な時間を調べる方法は、専門医にかかったり、専門的な検査機械を使わなくても確認することができます。その方法が、90分の倍数の睡眠時間を何パターンか試してみて、寝起きの状態やその日の体調をチェックするというものです。

人は就寝中、レム睡眠という浅い眠りとノンレム睡眠という不快眠りを繰り返しています。レム睡眠のタイミングで目覚めることが良いとされていて、その周期が90分間隔のため、90分の倍数が睡眠時間の最適な時間である可能性が高いのです。90分、3時間、4時間半、6時間・・・という風に日によって睡眠時間を変える実験をするのです。

 

自然と目覚める時間を図る


平日は仕事や学校がある人が多いですが、休日で予定がない日に目覚まし時計やアラームをかけずに就寝します。それで、自然に自分が目が覚めるのが就寝後何時間後だったかを図るのも、睡眠時間の最適な時間を確認するための方法の1つです。

ただし、就寝前にアルコールを摂取していたり、極度の疲労がたまっている場合には、最適な時間よりも多く寝てしまうことがありますから、この実験を行う時はいつもと同じような条件下で就寝するということが必要です。

 

就寝時間をそろえる


90分周期で様々な睡眠時間を試したり、自然に就寝して目覚めるまでの時間を図るなど、睡眠時間の最適な時間を調べるためには様々な方法がありますが、このような自分のもっとも適した睡眠時間を調べる実験をするときに注意しなくてはいけないことがあります。

それは、同じ時間に就寝するということです。睡眠時間は所要時間ですから、何時に寝ようがその後何時間寝たかが問題なのではないかと思われるかもしれませんが、人間には体内時計があり、毎日だいたい何時かくらいは体が計算しています。そのため、同一条件を再現するために就寝時間はそろえる必要があるのです。

 

リラックス状態を作る


睡眠時間の最適な時間を調べるために就寝実験をするときは、なるべく精神をリラックスする必要があります。人は極度のストレスを抱えていたり、不安を感じていると、眠りが浅くなったり、寝つきが悪くなります。また、この症状がひどくなると不眠症に陥っていることもあるのです。

このようなベストとは言えないコンディションで睡眠時間の実験を行っても正しい結果は得られません。就寝前にリラックス効果があるアロマを炊いたり、湯船につかって体を温めるなどして、リラックス状態で就寝することが必要です。

 

カフェインやアルコール禁止


睡眠時間の最適な時間を図るためには、実際に睡眠をとる実験をして自分の体調をチェックすることが最もおすすめです。この実験をするにあたって注意点があります。それは、就寝前にカフェインやアルコールを一切取らないということです。

寝つきが悪いからとお酒を就寝前に飲む人がいますが、アルコールは神経を高ぶらせたり興奮させる働きがありますから、リラックスして眠ることができないのです。コーヒー紅茶などのカフェイン、お酒などのアルコールは、夕方以降は摂取しないというルールを徹底するのです。

 

如何でしたでしょうか。

睡眠時間の最適な時間は、だいたいみんな同じだと思っていた人は、人それぞれ異なるということに驚いたかもしれませんが、人の性格や体質がそれぞれ異なるように、人の睡眠時間の最適な時間も十人十色です。そのため、自分の体にあった睡眠時間を知ることで、健康維持や美容にもいい影響があらわれます。

今回解説した6つのポイントは、睡眠時間の最適な時間を調べるためだけではなく、日ごろ良質な睡眠をとりたいという人にも実践してもらえる内容です。例えば、就寝前にリラックスするとか、神経を高ぶらせるようなことはしないなど、普段も役立つポイントです。

良質な睡眠を最適な時間だけとること、この2つの軸はどちらが欠けてもいけませんから、今一度自分の睡眠の質と時間について見直しをするべきです。

 

まとめ

睡眠時間の最適を知る方法とは

・最適な睡眠時間は人によって異なる
・90分の倍数で起きてみて寝起きの状態を確認
・予定がない休日に自然と目が覚める時間を図る
・睡眠時間を試す時は毎日同じ時間に就寝する
・睡眠時間を試す時はリラックス状態を均等にする
・就寝前にはカフェインやアルコールを摂らない