睡眠の質を改善するためにしておきたい7つの習慣

睡眠の質を改善するためにしておきたい7つの習慣
睡眠をとることは生きる上で、とっても大事なものです。睡眠をおろそかにすると、健康を害してしまうどころか、死に至ってしまうなどという話もある程――。

睡眠は、単なる疲労の回復のための時間だけではなく、体の自動調整・自己修復機能が作用する時間でもあり、これを怠ると体が悲鳴を上げるといった事態に陥ることとなります。

ここでは、睡眠は栄養の摂取と同程度に重要な事柄と考え、睡眠の質を改善するためにしておきたい7つの習慣について考えていきましょう。



 


睡眠の質を改善するためにしておきたい
7つの習慣

 


1.睡眠に対する身体の欲求を尊重する


睡眠は身体が欲求していても、自分の意識で忙しいからと跳ね除けてしまったりすることがあります。どうしても忙しい場合には、コーヒーをストロングで飲んで、眠気覚ましをしたりと、無理もすることでしょう。

とても眠い場合でも、朦朧としながら暫く耐え続けることで、案外、意識状態が回復し、再び仕事に取りかかったりすることが出来るものです。

しかし、本来的には、眠気はその日一日過ごした身体のリミットを示すものなので、出来る限り尊重してあげることが必要です。

 


2.自分の睡眠に関する生体リズムを把握する


自分の睡眠に関する生体リズムを把握してみましょう。人によっては、朝は極めて調子が良いけれど、夕方を過ぎて夜になると、もうぐったりとか、夜になればなるほど、意識が一層冴えてくるなど、それぞれのバイオリズムがあります。

いうまでもなく、お勤めの時間帯に合わせ、朝方に調整していくのがベストです。しかし、どうしても昼寝を要する体質であるとか、朝は死にそうなほど怠いなど、どうしても乗り越えられない事情がある場合には、インターネットなどで、虚弱体質、あるいは低血圧など、自分の抱えている可能性のある体質をリサーチし、自分の睡眠から判断できる体質を把握しておきましょう。

それにより、何らかの体質改善のヒントが得られることでしょう。

 


3.自分の睡眠のサイクルと自分のライフスタイルを合わせる


自分の睡眠のサイクルと自分のライフスタイルを可及的に一致させる試みをしましょう。
やるべきことを朦朧とした意識でこなさなければならないというのは、エネルギーの無駄があるばかりでなく、達成感の度合いにも影響し、如いては、生き甲斐といった幸福感にも影響を及ぼすことでしょう。

そこで、なるべく、大事な仕事をこなさなければならない時間帯には、睡眠から十分に覚醒し、はっきりとした意識でとりかかることのできるよう、自分をベストコンディションにもっていくよう、起きている時間帯の自己管理をしましょう。

 


4.睡眠のためのスケジュールを空ける


睡眠のために敢えてスケジュールを空けるという方法もよいでしょう。たとえば、良く働いた週の週末には、「今日は何もしないで、のんびりと過ごそう」とか、「朝ご飯を食べたら、また一眠りしよう」など、意識の空白をつくってみることです。

「あれもしなければ」、「これもしなければ」といつも切迫感のある生活を続けておれば、たとえ休んでいても、交感神経が活発になった状態からトーン・ダウンすることができないでしょう。そこで、自分に暗示をかけるが如く、「今日は何もしない」と「何もしないこと」に対する疾しさから、自分を解放してみるのです。

 


5.睡眠環境を整える


睡眠環境を整えることも、快適な睡眠には必要な事柄です。身体に合った硬さの寝具や頭の高さに合った枕など、少し具合が悪いなと思ったら、自分に合わせて調整してみましょう。

近頃では、リラクゼーションのグッズがとても充実しているため、快眠ハーブやマッサージ器具など、様々なグッズを試してみるのも良い方法であるかもしれません。夜は速やかに深い眠りに就くことが出来、朝は快適に目覚めることが出来る――そういった睡眠ライフのための環境を整えていきましょう。

 


6.睡眠から覚める時のタイミングを良くする


睡眠から目覚める時のタイミングというのには、バイオリズムがあって、意識がレム睡眠とノン・レム睡眠のいずれの状態にあるかにより、目覚めの具合が異なるといわれています。

レム睡眠は、身体が眠っているのに、脳が活動している状態で、ノン・レム睡眠は、ぐっすりと熟睡した状態の眠りであるといわれており、この二つの状態をめぐる周期が約1時間半おきに繰り返されるそうです。

ということは、一時間半の倍数だけ眠れば、そして、うまくノン・レム睡眠の状態に目覚めることが出来れば、快適に起きることが出来るということになります。人によって、一周するのに要する時間に多少の差異があるともいわれているため、自分の睡眠のリズムを探ってみましょう。

 


7.少しでも睡眠出来る時間があれば無駄にしない


これは、言うまでもないことですが、少しでも睡眠できる時間があれば、なるべく無駄にしないのがよいでしょう。

たとえば、電車で遠方まで出かける時や、家事の合間に自由時間が出来た時など、案外、日常の合間を見付けては、睡眠を確保することができるものです。少しでも睡眠すれば、脳は休まり、疲れも払拭されます。

「ちょっと疲れた」と思ったら、木の枝に止まる小鳥のように、小休止するとよいでしょう。

 

以上、睡眠の質を改善するためにしておきたい7つの習慣についてお話しました。

要点は、1.睡眠に対する身体の欲求の尊重、2.自分の睡眠に関する生体リズムの把握、3.自分の睡眠のサイクルと自分のライフスタイルの調整、4.睡眠スケジュールの確保、5.睡眠環境の整備、6.睡眠から覚める時のタイミングの改善、7.睡眠出来る時間の有効活用でしたね。

日常の身体の具合とともに、睡眠に対する体の欲求により敏感になりましょう。

 


まとめ


睡眠の質を改善するためにしておきたい7つの習慣

1.睡眠に対する身体の欲求を尊重する
2.自分の睡眠に関する生体リズムを把握する
3.自分の睡眠のサイクルと自分のライフスタイルを合わせる
4.睡眠のためのスケジュールを空ける
5.睡眠環境を整える
6.睡眠から覚める時のタイミングを良くする
7.少しでも睡眠出来る時間があれば無駄にしない