睡眠の質を高めて、いつもより能率を上げる隠れ技!

睡眠の質を高めて、いつもより能率を上げる隠れ技!
睡眠は、私たちがいきいきとした日常生活を送る上では欠かせないものです。食事や運動と並び、健康維持には必要不可欠なものとして考えられていますよね。

しかし、現代はみんなが非常に多忙で、睡眠をないがしろにせざるを得ない時代。ふと気づいたらまともに眠ることができなくなっていた、健康でいるために必要な睡眠を全くとれていなかった、ということは珍しくありません。

とはいえ、いくら忙しくてもきちんとした睡眠をとることはとても大事。しっかり眠って心身ともにリフレッシュすれば、仕事や勉強の能率を高めることもできるからです。

そのためにはやはり、一度失ってしまった快眠の習慣を取り戻すことから始めなくてはなりません。本当に快適に眠り、はつらつとした日々を過ごすためのコツについてお伝えします☆



 

睡眠の質を高めて、
いつもより能率を上げる隠れ技!

 

正しい寝具を用意する


本当にぐっすりと眠れるようになるためには、正しい寝具を手に入れなければなりません。それもただ気持ちよく眠るための寝具ではなく、体に悪影響のない寝具を選ぶ必要があります。

おすすめは、やや硬めの布団です。特に敷布団は硬めのものを選ぶようにしてください。硬めの敷布団の上に寝ると寝返りを打ちやすくなり、また人間は寝返りを打ちながら姿勢を矯正しているためです。寝返りの打ちにくい軟らかい布団は体にやさしいようで、実はストレスの原因になっています。

また、枕にも軟らかすぎるものは避け、硬めのものを選びましょう。S字型になっている枕がおすすめです。

 

12時までに寝る


「睡眠のゴールデンタイムは11時から2時」という言葉があります。この時間にしっかり眠れていれば疲れがしっかり取れて肌が美しくなるというものです。

しかし、健康・美容の両方をパワーアップしてくれる睡眠のゴールデンタイムを逃さないためには、夜の12時までには布団に入っていなければなりません。このタイミングを逃してしまうとなかなか寝付けなくなり、不眠につながってしまうからです。規則正しい睡眠リズムを心がけるようにしてください。

 

眠る直前のスマホ・パソコンはNG!


本当に充実した睡眠をとりたいのなら、寝る直前のスマートフォンやパソコンは避けてください。スマホやパソコンからの光が脳を覚醒させるため、結果として安眠しにくくなってしまうからです。

また、スマートフォンやパソコンから入ってくる仕事関連のメールなども安眠の妨げとなります。こうした情報をシャットアウトするためにも、眠る1時間前あたりから電源を切り始めるのがおすすめです。

 

クラシック音楽を聴く


睡眠時など、リラックスしているときの人間の脳はアルファ波になっています。そのため、効率的に眠りたいのならそのアルファ波の状態に近づけることが肝心です。

そして、脳をアルファ波にしてくれるアイテムとしておすすめなのが、クラシック音楽。少しとっつきにくいと感じることもあるクラシック音楽ですが、安眠を促進するには非常に力強い味方なのです。

その他、ソフトジャズやオルゴール音楽なども上質な睡眠促進に効果的であるとされています。自分に合ったものを選び、安眠環境を楽しくカスタマイズしましょう。

 

アロマオイルを活用する


嗅覚は人間の気分と非常に深い関わりを持っていると言われています。ふとした香りを嗅いだ途端にリラックス気分を感じたという体験は誰でもしたことがあるでしょう。

この作用は質の高い睡眠を手に入れるためにも活用することができます。安眠促進に効くと言われるラベンダーやカモミール、ネロリなどのアロマオイルを活用するのがおすすめです。ティッシュなどにオイルを適量取って枕元に置いたり、アロマディフューザーを使ったりというスタイルがあります。

 

ホットミルクを飲む


眠る前にどうしても不安な気持ちになりなかなか寝付けないなら、心をリラックスさせるような飲み物をいただきましょう。カフェインを含むコーヒーやお茶、そしてアルコール飲料はNGです。ホットミルクなど、精神鎮静作用がある飲み物を飲んでください。

 

ストレッチをする


眠る前に激しい運動をするのはNGですが、軽めのストレッチであればNGどころかおすすめです。睡眠前に適度に体を動かすことによって程良い疲労感を起こし、また気分をスッキリさせることができます。悪夢なども見にくくなるのでぜひトライしてください。

 

睡眠の質を上げるための7つのコツ、いかがでしたか。

まず先決となるのは、快適な睡眠を得るための正しい寝具を手に入れること。硬めの布団とS字型の枕が必要になります。寝具を再び買い揃えようとなるとお金がかかりますが、生活の能率を上げることを考えれば無駄な出費ではありません。

次に、12時までに眠るなど睡眠のゴールデンタイムに即した規則を作り、それを守れるようにします。そうして初めて、寝る前のスマホやPCを避ける、クラシック音楽やアロマオイルを使ってリラックスするなどの工夫が生かされてくるのです。

また、睡眠前のホットミルクやストレッチなどもおすすめ。これらのどれかをピックアップしたり合わせ技にしたりしながら、自分だけの睡眠習慣を作ってくださいね♪

 

まとめ

睡眠をしっかりとってはつらつと生きるため、今日から実践したい7つとは?

・まずは正しい寝具が必要!
・12時までには床に入ろう
・寝る前のスマホ・パソコンは厳禁!
・クラシック音楽でリラックス♪
・安眠におすすめのアロマオイルは
・ホットミルクで気持ちを落ち着けて
・ストレッチで爽やか安眠