体を動かすだけで睡眠の質がかわる7つのストレッチ

体を動かすだけで睡眠の質がかわる7つのストレッチ
布団に入っても中々眠れない、充分休んでるはずなのに疲れが取れない、、。そんな時は、どうしていますか?いやいやお酒を飲むのはNGです。飲酒は短時間で睡眠から覚醒し、その後の寝付きをますます悪くしてしまう作用があります。

お風呂に入ったら、さっぱりしすぎて眠気も吹き飛んでしまうでしょう。寝付きが悪い、熟睡できない、そんな時は、簡単なストレッチが効果があります。

激しい運動ではなく、ベッドの上でリラックスした状態のまま行ってみましょう。ストレッチを習慣にすれば、いつのまにか睡眠に質が上がっているのに気づくはずです。

今回は、体を動かすだけで睡眠の質がかわる7つの方法をご紹介しましょう。



 


体を動かすだけで
睡眠の質がかわる7つのストレッチ

 


簡単全身リラックスストレッチ


①仰向けになり手足を脱力してリラックスします。

②両手を後頭部で組み顎を引いてお腹をみるように首をぐ〜んと伸ばします。出来る人は背中を持ち上げてもOKです。

③5秒間そのままでキープ。これを3回繰り返しましょう。
———–
①仰向けになり片方の腕を水平にして胸に近づけ、もう片方の腕で押さえながら伸ばします。

肩甲骨が引っ張られる位伸びるのがわかると良いでしょう。

②左右を5回ずつ繰り返して下さい。

————
①仰向けになり片方の足裏にタオルを引っ掛けて足を上げ、太ももの後ろを伸ばします。
できるだけ膝が曲がらないように注意しましょう。片足10秒間キープして下さい。

②左右5回ずつ交互にやってみましょう。

 


頭皮刺激ストレッチ


①両手で軽く髪の毛を引っ張りながら、両肘を顔の前で開いたり閉じたりします。しばらく繰り返してください。

②次に首の後ろをゆっくりと揉み、耳の後ろのくぼんだ所を強めに指圧しましょう。


下半身の疲れをほぐすストレッチ


①仰向けになって、抱えた膝を胸に引きつけながら、腰からおしり、背中の筋肉を伸ばす。10秒間キープ。

②足を伸ばし、両膝を立て、左右それぞれにゆっくり倒す。両手を広げて上半身をなるべく浮かさないように注意して下さい。

 


手首、足首のストレッチ


①寝転んだ状態で、手首と足首をブラブラさせる。激しく振らなくても大丈夫です。自分の気持ちよいと感じる範囲で行って下さい。

 


肩のストレッチ


①ベッドの上にあぐらをかき、ジョギングする様に、前回し後ろ回しというように軽く肩をまわします。10秒繰り返し、しばらく休んでからまた10秒肩をまわして下さい。

 


目のストレッチ


①顔の前で人差し指を立てて、それを自分の視界に入れます。

②人差し指の爪を見ながら、爪を、自分の目の前まで近づけます。

③そのまま腕をのばし、目から遠ざけます。

★人差し指の爪にピントをあわせてゆっくり行って下さい。目の緊張もほぐしてくれます。

 


顔のストレッチ


①口を大きくあけて、「あ・い・う・え・お」を繰り返す。声は出しても出さなくてもOKです。

②目を大きく見開いて まっすぐ前を見て数秒キープ!そのあと 顔は真っすぐ前の状態で上下をくりかえし見る。次は右左。ゆっくり目を一周させる。

③上を見あげたた状態で舌をベーと思い切りだして数秒キープする。

*ストレッチの注意点

●目を閉じる

なるべく目を閉じたまま行って下さい。部屋も暗くして、そのまま眠れる環境で行う事が大切です。

●深呼吸を心がける

ストレッチはゆっくりゆっくり。大切なのは深く深呼吸する事。体の動きに合わせて思い切り鼻から息を吸って、口から吐きましょう。深呼吸だけでだんだんとリラックスするはずです。

●アロマオイルも効果的

アロマオイルには精神を鎮静させる効果があります。ラベンダーやイランイランなど、リラックス効果のあるアロマオイルを是非試してみて下さい。

ディフューザーを使って部屋全体に香らせても良し、体にマッサージオイルとして使っても良いでしょう。自然に眠くなるような、自分の好きな香りを使ってみるのがポイントです。

●蜂蜜を舐める

少し甘いものを食べると、脳内のドーパミンが分泌されやすくなります。蜂蜜を寝る前に少量摂取すると、寝てる間に脂肪の新陳代謝が高まり、ダイエットに効果がある、という報告もあります。

体の緊張を取る作用がありますから、牛乳に蜂蜜を入れたドリンクを飲むのも良いでしょう。

 

いかがですか。睡眠の質をあげるには、体の緊張をほぐし、精神的にも肉体的にもリラックスする事がお勧めです。

毎日規則正しく生活をしていると、自分の睡眠サイクルも出来上がっていきますから、いつも決まった時間にベッドに入る習慣をつける事も大切です。

寝る前のストレッチ同様、何か寝る前に必ず行う儀式の様なものがあると、毎日それを行う事で暗示にかけられて自然と眠くなる場合もあります。

ヒーリングミュージックを流す、日記を書くなど、眠る前に自分が好きな事をすると良いでしょう。自分に合った布団や枕を選ぶ事も、睡眠の質を高めるポイントです。

 


まとめ


体を動かすだけで睡眠の質がかわる7つのストレッチ

・簡単全身リラックスストレッチ
・頭皮刺激ストレッチ
・下半身の疲れをほぐすストレッチ
・手首、足首のストレッチ
・肩のストレッチ
・目のストレッチ
・顔のストレッチ