ストレス発散方法に最適!運動を毎日習慣にする7つのコツ

ストレス発散方法に最適!運動を毎日習慣にする7つのコツ

運動がストレス発散方法となることは広く知られた事実ですが、その中でも特に有効なのが有酸素運動と呼ばれるものです。つまり、ダッシュなどの無酸素運動ではなく、ランニングなどの軽い運動の事ですね。

例え短い距離であっても全力ダッシュしろと言われると気が重くなりますが、話しができるペースのランニング程度の運動で良いわけですから、運動と言ってもあまり尊大に捉える必要はないでしょう。

有酸素運動は、ストレス物質の分解や副交感神経の活発化で心身のリラックス効果を促すなど、ストレス発散には最適です。その運動を習慣化する術を記しましたので、ぜひ参考にしてください。



 


ストレス発散方法に最適!
運動を毎日習慣にする7つのコツ

 


最初のハードルをとにかく下げよう


運動を始めるのが億劫になる最大の理由が初期ハードルの設定ミスです。メディアなどでよく見かけるスポーツマンは当然運動のエキスパートが多いです。彼らの様な運動を“運動”と認識してはいけません。

ハードルが高すぎるのですよ。いきなりあの量の運動を提示されれば誰だって躊躇います。まずは最初のハードルをできる限り下げましょう。それは運動を習慣化するための最初のステップです。

「小さな軽い運動から始める」これが基本です。小さな運動を少しずつ積み重ねるのがストレス発散方法の基本でもあります。

 


運動後のご褒美を設定しよう


人間はご褒美が無いとなかなか行動できない生き物です。逆に言うと、ご褒美が貰えると俄然やる気を出す生き物でもあります。誰だってボーナスが出ると言われれば仕事もがんばるでしょう?それと同じです。

運動もご褒美の設定で簡単に習慣化できます。例えば、運動の後に好きな映画を見る、好きなゲームをする、好きな物を食べる、など何でも構いません。ポイントは運動後すぐにできるものにする事です。

この間隔が空くと、運動と御褒美の紐付けが弱くなり効果が薄れます。ご褒美効果で運動を習慣化するのが、ストレス発散方法の肝でもあります。

 


運動の記録を取ろう


ストレス発散の為に必要なのが運動の習慣化ですが、その習慣化のために必要となるのが『達成感』の蓄積でもあります。人間は小さな達成感を積み重ねることでよりその行動に邁進するようになります。

そこでポイントとなるのが記録です。今日は○km走った、腹筋を○セット行った…トータルでは○○kmも走っている等と視認できるようにするのがポイントです。分かりやすい成果ほど人のやる気を上げます。

ここで大切なのがどんなに小さな記録でも取ることです。例え筋トレ1回でも記録することです。「積み重ねて○○回だ」と言うことを視認できるようにするのが大切なのですよ。

 


隙間時間に運動を行おう


現代人はとにかく忙しいです。忙しいが故にストレスも溜まる訳ですが、同様に改めて運動の時間を取ることも難しい方が多いのですね。結果として運動習慣も失われ、負のスパイラルに嵌る訳です。

そこでオススメなのが隙間時間の有効活用です。何も改まって運動の時間をとらなくても隙間時間を活用すればいいのです。テレビを見ながらの「ながら運動」でも構いません。

通勤時に一駅分歩く、エレベーターを使わずに階段を使うなど、日常の中に組み込むことができればベストですね。日常に運動を組み込むのはストレス発散方法の中でも特にオススメの方法です。

 


運動の計画を立てよう


上記までを実践された方に推奨されるのが次のステップです。計画を立てましょう。運動は計画的に行うとより習慣化も簡単になり、効果を上げるようになります。毎朝のジョギング、などは大変効果的ですよ。

この計画を完遂すれば旅行に行く、など大きめのご褒美を設定するとより成功率が上りますよ。ストレス発散方法の次のステップとして検討されてみると良いでしょう。

もちろん、上述した項目までの運動でも十分効果を上げられます。ただ、ここまでくるとより運動を究めたくなるのが人間であり、運動の妙味なのですよ。

 


運動の効果を上げよう


運動の効果を上げるとより習慣化が簡単になります。人は達成感の積み重ねでやる気を倍増させていきます。初めは記録でこの効果を狙いますが、次のステップは成果でこの効果を狙いましょう。

ウォーキング時の姿勢を工夫する、背筋を伸ばす、お腹に力を入れる、こういった少しの心掛けで運動の効果はより高いものになります。結果として、お腹周りが引き締まるなどの効果が見込めるのですね。

このような目に見える効果を確認できるようになれば、運動の習慣化は大いに促進されます。成果の視認はストレス発散方法の基本中の基本でもあります。

 


予備日を設定しよう


運動をある程度行ってくると、自身の中でやるべき量というのを設定するようになります。「今週はこれぐらいはやりたいな」と漠然とでも考えるようになる場合が多いです。

しかし、予定通りに行かないのも人生です。仕事が忙しい、雨が続いた、などの様々な条件により当初の予定を消化できないことが多いのですね。『未達』は人のやる気を最も削ぐワードです。

ですので、予備日は必ず設定するようにしましょう。これが計画完遂のポイントであり、習慣化のポイントでもあり、ストレス発散方法の重要ポイントでもあるのです。

 

いかがでしたか。運動の習慣化によりストレス発散を行う方法についてはご理解頂けたでしょうか。運動がストレス発散に効果があることは間違いありませんが、その習慣化が難しかったのですね。

しかしそれは、今までは!の話。当記事を読まれた方にとっては簡単ですね。実際、読まれながら「こんなに簡単な運動から初めて良いのか」「想像以上に簡単だな」と感じられた方が多いのではないでしょうか。

あなたが運動の習慣化をできなかったのは運動嫌いだからではなく、方法論を知らなかっただけなのですね。本項の方法を実践すれば運動の習慣化は必ず可能ですよ。ストレス発散方法としての運動は誰にでもできる行動なのです。

 


まとめ


ストレス発散方法に最適!運動を毎日習慣にする7つのコツ

・最初のハードルをとにかく下げよう
・運動後のご褒美を設定しよう
・運動の記録を取ろう
・隙間時間に運動を行おう
・運動の計画を立てよう
・運動の効果を上げよう
・予備日を設定しよう