軽いうつ症状を和らげる6つの気分転換術!

軽いうつ症状を和らげる6つの気分転換術!
なんだか最近やる気の起きないことが多い、周りに興味が持てなくなってきた、忙しい毎日の中で、そんな精神状態になることってありますよね。実はそれ、軽い“うつ”症状かもしれません。

やるべきことは沢山あるのにどれも手につかなかったり、それでもやらなければいけないというプレッシャーから逃げられなかったり。現代はストレス社会であると言われますが、無理をしすぎてうつの症状が出る人は非常に増えています。どんなに軽くても“うつ”かな?という症状が見えたら要注意。気づいた段階で上手く対処出来れば、本格的なうつになる前に解決できることもあります。

うつ症状を和らげるには、上手く気分転換をすることが大切です。そこで今回は、苦しいときにオススメな気分転換術をお伝えします。気になったらどれかひとつでも、ぜひお試しください。



 

軽いうつ症状を和らげる
6つの気分転換術!

 

予定を入れない日をつくる


うつは、精神的に追われすぎた時にその症状が現れることがほとんどです。例えば平日仕事で追われすぎている状態を、休日にストレス発散の予定を入れて解消しようとすることがありますが、実はこれもうつの症状を悪化させる場合があるのです。

『やらないといけない』という気持ちを感じないことが、うつ症状を和らげる第一歩となります。そのため、まずは1日何も予定のない日を作りましょう。休日を使っても良いですし、場合によっては有給などを使い緊急でその時間を作っても良いかもしれません。

朝は自然と目が覚めるまでしっかり眠り、起きてからも自分が楽なように過ごしてください。無理に『癒そう』と意識しないことがポイントです。おなかが空いたら何か食べ、眠りたければまた眠ってください。

途中から退屈だなと感じれば出かけても良いですし、とにかく自分の気の向くままに過ごしてみましょう。『追われない日』を一日作るだけで、気持ちが安らぎ、何もしなくても気分転換になるものです。

 

本を読む


自分が夢中になれるような本だと特に良いですが、普段本を読まない人は書店やネットで気になった本を試しに買ってみる、くらいの気持ちで十分です。うつ症状を和らげる解決策などが書いてある本も良いですが、せっかく選ぶなら楽しいストーリーのあるものが良いでしょう。

本を読む際には、どんな内容なのかということより、どんな気持ちになりたいかを意識することをオススメします。マンガやドラマのようにその世界に入り込むことが出来れば、夢中になって読んでいるうちに日常のことを忘れることが出来ます。

いっきに読み終わったあとには、すっきりした爽快感が待っていますよ。もちろん映画などでも良いですが、文字を見て、頭の中で映像を思い浮かべながら読めば脳をフル回転させることができます。うつ症状を和らげるときには、一旦日々のことから頭を離すことが大切です。是非、夢中になれる本を読んでみてください。

 

散歩をする


目的地や時間などは決めず、ちょっと気分が良いときに家から出て、散歩をしてみてください。自分の行きたい方向に、自由に歩くことがポイントです

人間は単純な生き物で、体を動かすことに意識を向けると心が軽くなるように出来ています。実際、運動にストレス解消効果があるというのはそういう原理からくるものです。しっかり運動しようと思わなくても、軽く歩くだけでも同じような効果を感じることができます。まず、家の周りをグルッと回ってみるのも良いですね。

少し散歩に楽しみを見つけられるようになったら、隣の駅まで電車で出かけ、知らない土地を歩いてみましょう。新しい発見があると、どんどん楽しくなっていきます。じっとしているだけでは色々なことを考えてしまいますが、体を動かせば必要以上に頭を働かせることがなくなります。散歩は気分転換にはもってこいなんです。

 

動物に触れあう


動物好きの方に是非試してほしい方法です。動物を見るだけの動物園より、実際触れ合える猫カフェやふれあいパークなどの場所がオススメです。動物はこちらが思う通りに動くことはなく、いつも自由に、自分の欲求に正直に生きています。そんな自由な姿に人は癒されるんですね。

可愛い動物に触れ、癒されることは『なんにもしたくない』という無気力な状態に刺激を与えてくれます。こっちを向いてほしいな、もっと触りたいなという欲求が自然と生まれ、帰る頃には少し心が軽くなっていることに気づくはずです。

 

ブログを読む


現在は多くのブログサイトがあり、一般の人が何気ない毎日を楽しく綴っています。特に、題材を決めそれにそって書き続けてあるブログからは、学べる点が沢山あることに気づくはずです。

新しい趣味を見つけるにも、人の考え方を学ぶにも、ブログというのはもってこいなのです。本や雑誌では理想論が多く、確かに納得できるけど自分の生活にいきなり取り入れるにはハードルが高いな、と思ってしまうことも多々あります。その点ブログは一般の人の生の声なのです。今すぐ簡単に取り入れられる生活のコツや、自分と似たような状況の人の気持ちを知ることもできます。

例えば料理ブログやネイルブログ、ダイエットブログなど種類も様々です。自分の興味のある言葉で気軽に検索して、他の人の生活を覗いてみましょう。自分の心にビビっと届く何かを見つけることが出来れば、それをキッカケに楽しい毎日を取り戻せるかもしれません。

 

料理をつくる


食事だけでなく、おやつ作りも良いですね。料理を作るときは、自分で思っている以上に頭を使っているものです。これを用意して、次はこうして、など、頭の中で様々な事柄を整理しながら行動しているので、気づけば没頭していることもあります。また、なんの料理を作ろうかな?と、料理をする前からそのことについて考え、思いを巡らせることにもなりますね。

日頃料理を作り慣れている人でも、こんな時はちょっと新しいメニューに挑戦してみても良いかもしれません。結果として失敗してしまっても、落ち込む必要はありません。もっと気軽に、それ自体を楽しむ気持ちを大切にしましょう。

 

もしかして、うつかな?と思う症状が出た時には、一度日常のことを頭から離す時間を作ることが大切です。そのため、夢中になれることや新しい発見が出来ることをすると、一時的に頭の中をスッキリさせることができます。スッキリするのは一時的なものだから、と思いがちですが、この一時的に気持ちを整理することが出来るかどうかが、うつ症状を和らげるか悪化させるかの分岐点となります。

例えば、ゴチャゴチャになってしまったクローゼットに、どうせゴチャゴチャなんだからと諦めてそのまま更に新しいものを入れると、新しいものまでシワが入ってしまったり、汚れてしまうこともあります。

しかし、物の数自体はそう減らしたわけでもないけど、一旦整理をした状態のところへ新しいものを入れれば、シワや汚れの心配もなく、新しい服をキレイなまましまい、気持ちよく着ることができますよね。これと同じことなんです。問題がなくなったわけではないけれど、一旦気持ちを整理・リセットする。すると、自然とやる気や物事に興味を持てる心が湧いて出てくるものです。

上手に気分転換をして、うつ症状を和らげていきましょう。無理をせず、自分の興味の持てるところからスタートしてくださいね。

 

まとめ

軽いうつ症状を和らげる気分転換のポイントは

・何も予定のない日を意識して作りましょう。何にも追われず気が済むまで休めば、自然と活力が湧いてきます。
・夢中になれるような本を読みましょう。想像することは、頭の中を整理することに繋がります。
・少し元気になったら、散歩をしてみましょう。体を動かすことに意識を向けると、心に余裕が出来ます。
・自由にいきる動物に触れあったり、ブログで人の生活を覗くことで、新しい欲求が生まれやすくなります。
・料理は自分が思っている以上に様々なことを考える作業です。日常の中に是非取り入れてみましょう。
・うつ症状を和らげるには、頭や心を一旦スッキリさせることが大切です。上手に気分転換をし、新たな風を迎え入れましょう。