鬱病と診断されても、会社を辞めずに続けて働く方法

鬱病と診断されても、会社を辞めずに続けて働く方法
心の病として、よく名前があがる鬱病。鬱病は心の風邪という言葉もあり、今、全く自分に関係ないと思っている人でも、鬱病になる可能性はゼロではありません。

いつもの自分とどこか違う、調子が出ない…そう思っているうちに、気付けば鬱病がどんどん進行している、ということも考えられます。勇気を出して心療内科や精神科に足を運んだところ「鬱病です」という診断を受ける。

そうなった場合、多くの人が考えることは、会社を退職するという選択肢。鬱病と診断された段階で、会社を休みがちだったり、今までと同じように仕事をこなすことができない状態になっているため「会社に迷惑をかけている」と思いつめてしまうことも。

そもそも鬱病になる人は、真面目なタイプが多いと言われており、その結果、退職しか道はないと更に自分を追い詰めてしまう可能性大。しかし、鬱病という診断=退職しなければいけないということはありません。ここでは、鬱病と診断されても会社を辞めずに続けて働く方法をお伝えします。ぜひ参考にしてください。



 

鬱病と診断されても、
会社を辞めずに続けて働く方法

 

鬱病の原因が仕事ではない場合、まずは数日休暇をとりましょう


鬱病になる原因は人それぞれ。仕事、プライベート、人間関係など一概には言えませんが、仕事以外の原因で鬱病になった場合、仕事を辞めたくないと思う気持ちは人一倍強いことでしょう。

その場合は、まず有給などを使い、数日休暇をとることをおすすめします。体調不良など、簡単な理由でOKです。そして、医師から処方された薬を飲み、身体も心も休めましょう。一日中寝てばかりでは、逆に体調を崩す可能性がありますが、基本は身体を休めることが重要です。

のんびり散歩をしたり、日光浴をしたり、生活リズムを整えましょう。そうすることで回復の兆しが見えるかもしれません。結論を出すのは、そこからでも遅くないのですから。

 

信頼できる上司にはしっかり相談しましょう


鬱病と診断されたことは、できれば会社の人には隠したいと思うかもしれません。しかし、全く同じ状態で仕事を続けることはおそらく不可能です。全ての人に話す必要はありませんが、信頼できる上司にはできるだけ打ち明けておきましょう。

配置転換や仕事量のセーブなど、どこまでその上司が親身になってくれるかどうかは、話してみないとわからないことではありますが、今までと同じペースで仕事を続けていては、仕事以外の原因で発症した鬱病であっても、更に悪化してしまうことにもなりかねません。

 

通院&投薬治療を続けましょう


鬱病と診断された以上、お医者さんとしっかり相談して治療方法を決めていくことが大切です。不安や心配ごとがあると、鬱病からの回復はどうしても遅れてしまうもの。まずは、仕事は続けたいと思っていることや、薬の副作用が強いと日中眠くなってしまうことなど、あなたの考えを話してください。

鬱病になった根本の原因を取り除く努力や、また思考の癖を変える努力など、通院以外にも出来ることは色々あります。カウンセリングや、呼吸法などもそのひとつですが、だからといって通院と投薬をおろそかにすることはおすすめしません。基本をまずは大切に、そしてその上で自分に合った治療法を模索し、仕事を続けていく方法を探してください。

 

最後の手段!傷病手当金を受給して休職しましょう


鬱病という診断を受けて、仕事が続けられる状態ではなくなってしまったとしても、やはりすぐ退職を申し出ずにまずは休職を申し出てください。そして、休職中に「傷病手当金」を申請することが大切。

「鬱病の原因が勤務外の内容である」「仕事ができないという旨の医師の診断書がある」「休職期間が4日以上続いている」「休業中に給料を受け取らない」という4つの条件さえ満たせば、傷病手当金の申請が可能です。これが受理されれば、給料の約3分の2の金額を、最長1年半受け取ることができるため、今すぐに結論を出す必要がなくなります。

鬱病という診断を受けた時点で、今のあなたの思考能力は、病気になる前のあなたと同じではないと言えるでしょう。判断力が鈍っている状態で、物事をすぐに判断することは避け、先送りできることは先送りにするということも大切なことです。

 

いかがでしたか。今回お伝えした「鬱病と診断されても、会社を辞めずに続けて働く方法」は、どれも鬱病の原因が仕事以外にある場合だと考えてください。もし、鬱病の原因が会社や仕事にある場合は、仕事を続けようと思うこと自体が鬱病悪化に繋がる可能性もあるのです。

しかし、そうは言っても鬱病の原因はひとつとは限りません。いろいろなプレッシャーやトラブル、問題を抱え込んだきっかけで発症する人もいます。真面目に物事を考えすぎて、いろいろなことを抱え込んでしまったことがきっかけという人もいます。

ただ、一番大切なことは早急に「退職」という結論を出さないこと。いくら鬱病が原因でも、退職を希望すれば自己都合の退職になってしまう場合もありますし、後のことを考えず退職してしまえば、その後の生活に悩む場合もあります。

まずは、会社を辞めずに続けていく方法を試みてください。鬱病が改善されれば、また同じように働くことができますし、それでも改善されなければ、別の職場で働くという方法もあります。早急に結論を出すことなく、まずは鬱病と向き合ってください。

 

まとめ

鬱病と診断されても、会社を辞めずに続けて働く方法

・鬱病の原因が仕事ではない場合、まずは数日休暇をとりましょう
・信頼できる上司にはしっかり相談しましょう
・通院&投薬治療を続けましょう
・最後の手段!傷病手当金を受給して休職しましょう
・ただし、鬱病の原因が会社や仕事にある場合は決して無理をしないようにしましょう