痩せたいけど食べたいの矛盾を断ち切るための7つの方法

痩せたいけど食べたいの矛盾を断ち切るための7つの方法
「痩せたいけど食べたいっ!」という衝動に駆られたことは、誰にもあることでしょう。グルメが氾濫しているこのご時世ですから、誘惑はいくらでもあるわけです。

しかし、あなたがそれ程悩んでいても、一旦、体重計に乗ると、針は無情にも数字を示すだけ――。体重というものは、どれだけヤキモキしたって、神頼みのように情状を斟酌してもらえないという「超」現実です。

そういった具合ですから、どうせ斟酌されないのであれば、いっそヤキモキすること自体をやめてしまうのが「省エネルギー」の道理に適っているといえるでしょう。そこで、ここでは「痩せたいけど食べたい」の矛盾を断ち切るための7つの方法について考えていきましょう。



 


痩せたいけど食べたいの矛盾を
断ち切るための7つの方法

 


1.自分が好んで多く食べたい食品を分析・把握する


痩せたいけど食べたい人は、自分が好んで多く食べたいと思う食品項目やメニューが何であるかを分析・把握する必要があります。

このように、自分にとって優先順位の高い食品項目を認識しておくことで、どうしても食べたいという欲求に駆られた場合、少ない分量で効用の高い食べ方ができることでしょう。

要するに、ダイエット期のひもじさを抑制するには、満足の度合いを高めることができればよいわけです。

 


2.1.で分析した食品のうち、カロリーの低い食品をチェックする


さて、1.の段階で何らかの食品を分析し、あなたの嗜好を把握したとします。しかし、まだ、そこで分析は終了というわけではありません。その食感・味覚などを有する類似のメニューや製品のうち、最もカロリーの低いものをリサーチ・チェックしておきましょう。

そうすれば、レストランや買い物に行っても、その製品を選べばよいだけなので、もしかしたら太るかもなどと迷うこともありません。

ウニはカロリーが高いけれど、まぐろのカロリーは低いといった具合にです。同じ食べるならば、なるべく太らないものをというのは、当然のことですね。

 


3.1.で分析した食品のうち、代替できる食品があるかどうかチェックする


これは、ごく常識的なことです。たとえば、わらび餅が好きな場合は、寒天で代替するなど、なるべくカロリーが低い食品を摂るということです。

また、カロリーを天秤にかけて、甘いお菓子を少々を摂る場合には、コーヒーはブラックで――など、食品項目のなかで、カロリー・バランスを調整することも出来ますね。

 


4.少なくとも栄養バランスのとれたメニューを摂るように心掛ける


ダイエットをする人の苦しみは、大概、間食にありますが、たとえダイエット中でも、食事はきっちりと摂るのがダイエット効率にも良いとされています。

よって、たとえカロリー摂取を控えていても、食事には栄養バランスのとれたメニューを規則正しく摂りましょう。そうすることで、かえって、栄養の偏りがなくなり、健康的な体をつくることが出来るでしょう。

 


5.食事にはなるべく自然の素材を選び、無駄なく栄養を摂取する


栄養バランスに加え、食材の選択も大切です。野菜・豆類・穀類・海藻・キノコ類など、精進料理などに多く使われている食材は、ダイエットには間違いなく効果を発揮してくれることでしょう。

ただ、肉・魚介類を全く摂取しない場合、タンパク質が脆くなってしまうなどの説もあります。よって、豆類だけではなく、適宜、その他のタンパク質も摂り入れるとよいでしょう。

 


6.運動によるダイエットを実践する


ダイエットは食べることを控えるというネガティブな方法によらず、運動により燃焼するというポジティブな方法による方が、ずっと健康的であるといえるでしょう。自分の運動神経に合わせ、ランニング、散歩、水泳など、無理のない運動を実践して、少しずつ丈夫な体にしていきましょう。

多少筋肉は付きますが、より丈夫になり、身体が引き締まってくるでしょう。痩せてはいるけれど日に当たることなく青白い顔でいるよりは、がっちりと逞しく日焼けしている方が、精神的にも健康的であるといえます。

 


7.食事以外のことに没頭する


「痩せたいけど食べたい」などと葛藤を繰り返さないためにも、いっそ、食事のことなどすっかり忘れてしまうのが賢明です。

普段なかなか手が付かない場所の掃除に没頭するとか、新しい楽曲のレパートリーに挑戦してみるとか、本当は、時間はいくらあっても足りない程です。何かに無心に没頭することで、食べるという欲望は、いつしかどこかにすっかりと忘れ去ってしまうでしょう。

 

さて、本文では、痩せたいけど食べたいの矛盾を断ち切るための7つの方法についてお話してきました。

しかし、そもそも、ダイエットは余程体重をオーバーしているのでもない限り、あまり気にしない方がよいといえるでしょう。「痩せさえすれば美しくなる」というわけではなく、痩せ方にも「美しい痩せ方」があるためです。

急激に体重を落として病み上がりのようにげっそりなるのではなく、徐々に時間をかけて、ゆっくりと引き締まった美しい身体をつくってゆくのがよいのではないでしょうか。あまりダイエットでイライラしないということも、美しさをつくるプロセスの一環としては大切なことなのです。

 


まとめ


痩せたいけど食べたいの矛盾を断ち切るための7つの方法

1.自分が好んで多く食べたい食品を分析・把握する
2.1.で分析した食品のうち、カロリーの低い食品をチェックする
3.1.で分析した食品のうち、代替できる食品があるかどうかチェックする
4.少なくとも栄養バランスのとれたメニューを摂るように心掛ける
5.食事にはなるべく自然の素材を選び、無駄なく栄養を摂取する
6.運動によるダイエットを実践する
7.食事以外のことに没頭する