無呼吸症候群の治療方法と自分でできる6つの対策

無呼吸症候群の治療方法と自分でできる6つの対策
眠っているときに息が止まる、という話を聞いたことがありますよね。『睡眠時無呼吸症候群』は、別名“SAS(サス)”とも呼ばれる睡眠障害、歴とした病気です。しかし恐れなくても、無呼吸症候群は治療、自己対策の出来る病気です。

眠っている間のことなので気づきにくいですが、自覚症状としては、寝ている間にむせることがある、何度も目が覚める、寝汗をかく。すっきり起きられなかったり、起きた時に異常に口が渇いていることなどがあげられます。

先述しました通り、無呼吸症候群は治療で治すことができる病気ですので、ひとつでも気になる点があれば早めに病院を受診することが大切です。早めに治せば他への悪影響が出なくてすむことも多いのです。

そこで今回は、無呼吸症候群かもしれないけれどすぐに治療は難しい、という方のために、簡単に自分で出来る対策をお伝えします。まずは今日から、積極的に対策を行いましょう。

[ 続きを読む… ]

無呼吸症候群の適切な治療法と改善策とは?

無呼吸症候群の適切な治療法と改善策とは?
睡眠時無呼吸症候群に悩まされている方、多いですよね。その無呼吸症候群の治療にはいくつか方法があり、症状の重さや好みによって変わってきます。

睡眠時に起こることなので、自分ではなかなか気が付けないという難点がある病気で、気が付いて病院に行った時にはすでに症状が重くなっていたというケースもあるのです。無呼吸症候群の人は、夜中に質の良い睡眠がとれないままにずっと生活していることが多く、日中の疲れや眠気症状に注意を払えばいいのですが、「ちゃんと寝てるし」と軽視していると病状が進んでしまいます。

無呼吸症候群が重くなると、日中急に意識を失い、抗えない睡魔に襲われてしまいます。そして、車の運転中や仕事中でも突然寝てしまうのです。無呼吸症候群の人がこうして日中に意識を失い、重大な事故に発展することもありますので、早めの治療がおススメです。そこで今回は、無呼吸症候群の治療法と改善策についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

睡眠時無呼吸症候群の症状とその治療法!

睡眠時無呼吸症候群の症状とその治療法!
睡眠時無呼吸症候群は、現在日本人には潜在的に200万人ほどいるといわれています。この病気はすぐに体に異常が現れるものではありませんが、放置すると命にかかわる可能性もある危険な病気です。

しかし、多くの人は病名を聞いたことはあっても意外とその症状や治療法を知らないのが現状です。また自分では気が付かないので、悪化してから体に異変が起こるまで放置されがちです。

ここでは、睡眠時無呼吸症候群の症状や原因をお知らせします。もしも自分はもしかしたら?と感じたら適切な治療法で早急に処置を行うことをおすすめします。睡眠時無呼吸症候群は、早めの対処で悪化を防ぎ最小限に食い止めることで健康を守ることができます。では、睡眠時無呼吸症候群の症状と治療法を参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

【睡眠時無呼吸症候群】イビキを軽減させる7つの方法

【睡眠時無呼吸症候群】イビキを軽減させる7つの方法
イビキの原因は「無呼吸症候群」という病気だということをご存知でしょうか。毎晩のイビキ。「仕方がない」と諦めて放っておくと、無呼吸症候群の症状が進み死に至ることもあるのです。

無呼吸症候群とは、睡眠時に文字通り無呼吸になること。家族の誰かがイビキをかくという人にはわかりますよね。寝ている途中に急に規則正しいはずのイビキが止まるときがあることを。聞いている家族はドキッとするものです。

呼吸が止まる瞬間があるのはいわば体の「異常」です。呼吸を正常に戻すことで、安定した質の良い睡眠を取ることが出来ます。そこで今回、無呼吸症候群の症状であるイビキを軽減させる方法をお伝えします。イビキを軽減させるということは、呼吸を安定させるということ。完全にイビキがなくなるかどうかは個人差がありますが、お試しください。

[ 続きを読む… ]

睡眠時無呼吸症候群を改善するために大事なポイントとは?

睡眠時無呼吸症候群を改善するために大事なポイントとは?
睡眠時無呼吸症候群と聞いても、自分は関係ないと思っていませんか。「寝ている間に息が止まったら気付くはず」と考えているかもしれませんが、無呼吸症候群は自覚症状が弱く、家族などの同居者がいない場合は発見が遅れることが多いのです。

また、無呼吸症候群になってもすぐに身体に変化があるわけではないため深刻にとらえない方もいらっしゃいますが、無呼吸症候群は病気であり、放っておくと徐々に悪化していき、身体や精神に深刻な問題を起こすことになります。

睡眠時無呼吸症候群により日中の自動車の運転中に強烈な睡魔に襲われ、事故を起こしたという例も多数あります。睡眠時無呼吸症候群は決して甘く見ていいものではありません。そこで、今回は睡眠時無呼吸症候群にならないポイントやすでになってしまった方が改善するために大事なポイントについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]