恋愛心理学で、好きな男性の気持ちを探る7つの術

恋愛心理学で、好きな男性の気持ちを探る7つの術
好きな人の気持ちも、恋愛心理学があれば、その行動からこちらに興味があるか手に取るようにわかるもの。言葉やメールだけでのやり取りでは、好きな人の気持ちを探るのに限界を感じることってありますよね。

人によっては、その言葉には何の意味も無く、好意があるように表現できる男性も増えてきているこの頃。また、第三者の前だったり、公の場であったりで態度が微妙に変わる人も多く、こちらに気持ちがあるのか見極めるのは至難の技。

そこで、恋愛心理学を使って相手の行動の端々に目を配り、内から出てきているサインを上手く拾い上げ、二人の新しい関係を作っていく足がかりにしましょう。ではこれから、恋愛心理学を応用した、好きな男性の気持ちを探る7つの術をお伝えします。



 

恋愛心理学で、
好きな男性の気持ちを探る7つの術

 

ミラーリング効果で仕草の伝染を見極める


恋愛心理学でお馴染みの「ミラーリング効果」。これは、好意のある相手には行動が同調しやすいという効果です。ミラーリング効果では、知らず知らずのうちに、好きな相手の仕草をまねしたりするもの

簡単なものだと、こちらが頷くと相手も似た感じで頷いたり、こちらが飲み物に口をつけると、相手も同じようなタイミングで飲もうとしたり。ビジネスの場でも多く使われるこの効果、好きな男性の前では、会話しながら色々と動きをつけてみましょう。

 

相手の力になりたいという気持ちを試す


男女問わず、大切に思っている相手が、何か困っていると助けようとしてしまうもの。友人でも家族でも、怪我をしている人を送っていったり、重い荷物を持ってあげたりと、好きな人が困っている時には黙っているわけにはいかないですよね。

恋愛心理学でも、とても役立つこの効果。そもそも、気になる女性を男性側が助けようとするのは、同性の何倍も顕著なものですよね。重いものをもっていたり、高いところのもの取ろうとしている。そんな場面に気になる男性を遭遇させてみましょう。

 

意地悪は、受け入れてもらえるか試している姿勢


小学生にありがちな、「気になる女の子に対する意地悪行動」は、自分とのコミュニケーションで相手がどんな反応をみせるか、受け入れてくれるかどうかなど、こちらを試している証拠。

それって、恋愛心理学では、こちらをものすごく気にしていることになりますよね。何気ないやり取りでも、ついついツッコミを入れてきたり、いじってくる男性は、こちらを気にかけている大きな証拠です。ちょっと恋愛に奥手なタイプがやりやすい方法なのかもしれませんよね。

 

体の向きでも好意があるかどうかわかる


恋愛心理学でのボディーランゲージとして、体の向いている方向でも、こちらに対してどんな気持ちがあるかわかります

それとなくグループでテーブルを囲んだ場合でも、顔や身体、組んだ足がこちらを向いているというのは、こちらの話をもっとききたい、相手をもっと知りたいという興味の表れ。わざと逆の方向を向いて話をしてみたりすると、相手の向きがよくわかります。

 

饒舌になったり、早口になるのも適度な緊張感の表れ


緊張すると早口になるのは、恋愛心理学だけなくとも、普段の生活からなんとなく感じているところではないでしょうか?まだお互い慣れていない場合は特に、意識している相手に対して早口で接してしまったり、饒舌になってしまったりするもの。逆の立場でも、ついつい沢山話をしてしまい、自己嫌悪になったりすることがありますよね。

わかりやすく感じるためには、相手と二人きりになったり、目をじっと見て、こちら側はゆっくり話をしてみると、強く表れます。

 

こちらの表情を伺う、わざとゆっくりする


男性は、女性ほど人の感情を気にするクセというのは、普段からはあまりないので、目が合ったり表情を見られるということは、実は珍しいのです。そんな男性が、道で偶然あったり、たまたま近くを通っただけで、よく目が合ったり、こちらの表情を掴もうとしているという姿は、恋愛心理学では、十分、好意があるということになります。

特に、恋愛心理学では、男性は女性よりも偶然のラッキーを願っているという傾向があります。気になる相手の間では、わざとウロウロしてみたり、ゆっくりしたり、可愛い仕草が沢山あります。

 

距離が近づいた時の、一瞬の緊張を感じる


ふとした瞬間に、相手のパーソナルスペースに入る時や、近づいた時に、こちらに好意のある男性というのは、一瞬動きが止まります。男性からは近づくのが難しい場合、相手の輪の中に意識している女性が入ってくると、緊張感が走るからです。

こんな恋愛心理学を利用して、服についた糸くずをとったり、近くにあるものを取ろうとするときに、目を合わせなくても良いので、ちょっとだけ顔を近づけてみてください。相手の緊張が伝わるようなら、こちらを強く意識していることは間違いありません。

 

ここでご紹介したような、ちょっとした恋愛心理学を知っているだけで、自分の身近な男性の、誰と誰が好意を持ってくれているのか、簡単に知ることができます。

相手の動きから小さなサインを少しずつ感じ取ることも大切ですが、恋愛心理学を少しでも知っているならば、できるだけ積極的に仕掛けてみてもよいですよね。目を合わせたり、相手に近づいてみたり、ボディーランゲージを多く使ってみたりなど、普段のコミュニケーションで周囲に悟られないように試してみることもできるでしょう。

また、この恋愛心理学では好きな男性の気持ちだけでなく、好かれたら困る相手の気持ちも知ることができるので、予防線を張っておくことも可能になります。相手の好意を知ることができたら、大きなチャンス。思い切って二人の距離を縮める行動に出てみましょう。

 

まとめ

好きな男性の気持ちを探るには

・ミラーリング効果で見極める
・力になりたいという気持ちを試す
・試されているという意地悪
・好意がある体の向き
・饒舌になったり、早口になる
・表情を伺う、わざとゆっくりする
・近づいた時の、一瞬の緊張