男性のさり気ないしぐさから分かる5つの脈ありサイン

男性のさり気ないしぐさから分かる5つの脈ありサイン
今日は男性のしぐさについてお伝えします。好きな人、好きまでは行かないけれど気になる人、付き合いたい男性がいるときに真っ先に気になるのは自分に脈があるか無いかですよね。全く脈が無くてもとにかく押してみるという超肉食系女子はともかく、ほとんどの方は彼の好みに自分が当て嵌まっているかが気になるはずです。

だけど気になる彼に直接脈があるか無いかだなんて聞けないですよね。彼の友達に探りを入れるのも、友達と知り合いじゃないと難しいし、そもそも気になっているのを誰にも知られたくないという性格の女の子だって多いはずです。

草食系男子という言葉がはやるほど、最近では自分から直接アピールできる男性が少なくなってきているようです。そんな男性を好きになってしまった場合、彼からの脈ありサインをしぐさから見抜いてあなたからきっかけを与えてあげることが重要です。

今回は少しシャイだったり、彼の好みを調べる方法が無いというあなたのために、男性のさりげないしぐさからわかる脈ありのサインについてお伝えします。



 

男性のさり気ないしぐさから分かる
5つの脈ありサイン

 

顔や体が自分の方を向いている


さりげないしぐさから脈ありサインを見抜くにあたって、もっともわかりやすいしぐさはあなたと話しているときに現れます。彼はあなたと話をするとき、しっかり目を見てはきはきと話してくれますか?それとも目を合わせずに話しますか?

前者であれば、彼はあなたに多少なりとも好意を持ってくれていると考えられます。人間は好意がある人に対しては、なるべく真剣に向き合おうとする傾向にあります。これは男性に限ったしぐさではなく、女性も同様です。ただし男性は仕事に対して情熱を持っている方が多いので、仕事の話をしているときは好意が無くとも前のめり気味に聞いてくれることもあります。

脈があるかないかを確かめたいのであれば、何気ない日常会話をふってみると良いでしょう。ただの日常会話に対して顔だけでなく体ごとあなたを向いて話を聞いてくれていた場合、あなたのことを気に入っている可能性が高いです

 

自分の前でだけ姿勢が崩れている


次もさきほどと同様に相手の姿勢に注目してみましょう。アメリカの心理学者メラビアンの実験によると、好意を持っている相手を前にした男性はどちらかの肩が下がって姿勢が崩れてしまうという結果が出たそうです。

これは脈ありのサインとしてはあまり知られていないしぐさではないでしょうか。あなたと話している男性が無意識にどちらかの肩が下がったようなしぐさをしていた場合、脈があると考えていいかもしれませんね。

 

オレは、自分は、などの一人称で話す


今度は会話の中で頻繁に使われている言葉から、脈ありのしぐさを読み取っていきましょう。

ある国で発表された心理学の論文では、男性は好きな女性に対しては一人称を多用する傾向があるとしています。『私』『俺』『僕』などの一人称を使用することで自分の心情をより強く表現し、無意識のうちに自分をアピールしているのです。男性自身は無意識のうちに発している言葉なので、周りに悟られずに脈ありサインを見抜く方法としてかなり有効ですね。

男性が異性に対して一人称を多用して話すときは、自分を知ってもらいたいと積極的にアピールしていると思うようにしましょう。さらに身ぶり手ぶりなどのしぐさが一緒に出てきている状態は何のしぐさもない状態と比べて、より好意を持っているといえるでしょう。

もしもあなたにライバルがいる場合、男性が会話中にあなたとライバルどちらに一人称を多く使っているかでどちらにより好意を抱いているかを知ることも出来そうですね。

 

頻繁に名前を呼ばれる


男性はそもそも女性に比べてあまり身振り手振りのしぐさやボディタッチをしてくることがありません。女性の脈ありのサインとして、ボディタッチなどのしぐさが挙げられることがありますが、男性は(セクハラを気にしている場合もあってか)必要以上に触れてくる人はあまりいませんよね。

では女性の脈ありサインに比べて男性の脈ありサインはわかりにくいのかといえば、そういうわけではありません。男性の脈ありサインのしぐさは言動に気を付けていれば意外とわかりやすかったりもします。

そのわかりやすいサインの一つに、名前を呼ばれるかどうかというものがあります。男性が女性に話しかけるとき、相手の名前を呼ぶかどうかで好意があるかないか知ることができるのです。

それでは名前を呼ぶ場合と呼ばない場合、どちらが好意を示しているのでしょうか。答えはもちろん前者です。男性があなたの名前を頻繁に呼ぶのであれば、ある程度好意を持たれていると考えていいでしょう。

逆に言えば苦手な相手の名前は口にしたくないという心理が働きますので、あなたの名前を呼ばずいきなり要点だけを伝えてくる男性がいたら、もしかしたらその方はあなたのことを苦手に思っているかもしれません。(もしくはあなたの名前を知らないという可能性もあります。相手が自分の名前を知っているかどうかは一度確認しておきましょう。)

 

上記全てに当てはまらない


さて、ここまでさりげないしぐさからわかる脈ありサインについてお伝えしてきました。では質問です。今までお伝えしたしぐさ全て当てはまらないという方はいらっしゃいますか。いらっしゃった場合は好きな男性の自分に対するしぐさが脈が無いことを現しているという結果になって気落ちしているのではないでしょうか。

ですが諦めるのはまだ早いです。実はこれら全てに当てはまらなかった場合、逆に脈アリだと判断できるケースもあるのです。それは、あなたが気になっている男性がとてもシャイで自分に自信がない男性だった場合です。

こういう性格の男性の場合、話すときに顔や体があなたの方を向いていないのは単に恥ずかしいからだと考えられます。あなたの前で姿勢が崩れることがないのも、あなたに好意を抱いているため緊張しているのだととらえられます。

『俺』『私』といった一人称で話さないのは自分の意見に自信がないからですし、あなたの名前を呼ばないのも「自分がなれなれしく名前を呼んだら迷惑なのではないか」とマイナス思考で考えてしまう傾向にあるからです。

彼の性格によっては脈ありのしぐさが無い方が、逆に脈ありだということもありますので諦める前に彼のことをしっかりと分析してみましょう

 

いかがでしたか。えっ、あんなのが脈ありのサインだったの!? と思うようなわかりにくいしぐさもあったのではないでしょうか。

冒頭で述べたように、現在は携帯電話の普及などからいつでもどこでも簡単に連絡がとれるためか、肉食系男子と呼ばれる男性が少なくなっており、それと同時に草食系男子と呼ばれる少し積極形にかける男性が多くなってきています。

平均初婚年齢も段々と高くなってきている今だからこそ、女性の方から積極的にアピールしていくのも良いのではないでしょうか。草食系男子の分かりにくい脈ありのしぐさを見抜くことで、ライバルを出し抜くことも出来るかもしれません。あなたの恋を成就させるためにも、彼のしぐさに注目していきましょう。

 

まとめ

男性のさり気ないしぐさから分かる5つの脈ありサインは

・顔や体が自分の方を向いている
・自分の前でだけ姿勢が崩れている
・オレは、自分は、などの一人称で話す
・頻繁に名前を呼ばれる
・性格によっては、上記全てに当てはまらない場合もある