無呼吸症候群の治療方法と自分でできる6つの対策

無呼吸症候群の治療方法と自分でできる6つの対策
眠っているときに息が止まる、という話を聞いたことがありますよね。『睡眠時無呼吸症候群』は、別名“SAS(サス)”とも呼ばれる睡眠障害、歴とした病気です。しかし恐れなくても、無呼吸症候群は治療、自己対策の出来る病気です。

眠っている間のことなので気づきにくいですが、自覚症状としては、寝ている間にむせることがある、何度も目が覚める、寝汗をかく。すっきり起きられなかったり、起きた時に異常に口が渇いていることなどがあげられます。

先述しました通り、無呼吸症候群は治療で治すことができる病気ですので、ひとつでも気になる点があれば早めに病院を受診することが大切です。早めに治せば他への悪影響が出なくてすむことも多いのです。

そこで今回は、無呼吸症候群かもしれないけれどすぐに治療は難しい、という方のために、簡単に自分で出来る対策をお伝えします。まずは今日から、積極的に対策を行いましょう。

[ →続きを読む… ]

産後うつの特徴的な症状と、その乗り切り方!

産後うつの特徴的な症状と、その乗り切り方!
産後に、うつ症状になることを「産後うつ」と呼びます。産後うつ症状は珍しくなく、多くのお母さんが産後うつの症状に悩まされていますよね。産後うつは主に、妊娠中に爆発的に増えた女性ホルモンが、出産を機に急激に減少することで起こる症状と言われています。

しかしそれだけではありません。出産の痛みは命を削るほどの痛みなので、出産を終えた後は「生死の危機を乗り切った」状態で精神がぼーっとしてしまうのです。ほとんどの妊婦さんが産後うつ症状を経験しているにもかかわらず、男性サイドの「産後うつ」に対する認識が甘いことも、症状悪化の原因と言えるかもしれません。

そこで今回は産後うつについて、初心者にもわかりやすく説明します。乗り切り方も一緒にお伝えするので、産後うつ症状にお悩みの方は是非、参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

理想の睡眠時間は?あなたの最適を知るポイント

理想の睡眠時間は?あなたの最適を知るポイント
睡眠時間の最適な時間は何時間かと聞かれると、だいたい7時間~8時間だと答えますよね。その回答は間違えではありません。一般的に健康に良いとされる睡眠時間の最適な時間は、7時間前後と言われています。しかし、7時間寝ても眠気がとれないとか、寝起きが悪いと感じる人もいます。

寝起きが悪いと感じる人は、その原因を低血圧とか蓄積された疲労のせいだと考えることが多いですが、もしかしたら、その考えは間違っているかもしれません。起床した時に、すっきりせずに体調が悪いと感じるのは、睡眠時間が最適ではないからという可能性もあるのです。

そこで、睡眠時間で最適な時間とは何なのか、また、その時間はどのように調べると正確なのかを6つのポイントに分けてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

無呼吸症候群の適切な治療法と改善策とは?

無呼吸症候群の適切な治療法と改善策とは?
睡眠時無呼吸症候群に悩まされている方、多いですよね。その無呼吸症候群の治療にはいくつか方法があり、症状の重さや好みによって変わってきます。

睡眠時に起こることなので、自分ではなかなか気が付けないという難点がある病気で、気が付いて病院に行った時にはすでに症状が重くなっていたというケースもあるのです。無呼吸症候群の人は、夜中に質の良い睡眠がとれないままにずっと生活していることが多く、日中の疲れや眠気症状に注意を払えばいいのですが、「ちゃんと寝てるし」と軽視していると病状が進んでしまいます。

無呼吸症候群が重くなると、日中急に意識を失い、抗えない睡魔に襲われてしまいます。そして、車の運転中や仕事中でも突然寝てしまうのです。無呼吸症候群の人がこうして日中に意識を失い、重大な事故に発展することもありますので、早めの治療がおススメです。そこで今回は、無呼吸症候群の治療法と改善策についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

睡眠時間は7〜9時間が最適とされる6つの理由

睡眠時間は7〜9時間が最適とされる6つの理由
自分の睡眠時間が最適なのはどの位なのか、知りたいですよね。日本人は睡眠時間を最適に取れていないと言われています。理由として、仕事で残業し、家で休む時間が少ないこと、夜勤などのシフト勤務で生活リズムが崩れていること、ゲームやインターネットなどで夜遅く起きていることなど、様々な原因が挙げられます。

睡眠は、私達が毎日行う行為です。心身の疲れをリセットする効果があります。なので、良質な睡眠を取ることは、とても重要なのです。

働いている人の中には、6時間取れれば良いという人もいます。しかし、睡眠時間の最適なラインは、7時間から9時間だと言われています。なぜ、睡眠時間は7〜9時間が最適なのか、今回はその理由をお伝えします。

[ →続きを読む… ]