ストレスで過食をしてしまう人に共通する7つの事

ストレスで過食をしてしまう人に共通する7つの事

夜のドカ食い、週末のイライラ食い…とストレスが溜まると、どうしても過食気味になってしまう時はありますね。注意しつつも、なかなか食べることがやめられない方は多いです。

「また、食べてしまった」「どうにかして過食を止めたい」このように考えつつも、なかなか実現できていない方は多いでしょう。そこで、ストレスによる過食を解消する方法をご紹介いたします。

今回はストレスから過食に走る方に多い共通点から、改善するためのアプローチを行います。ぜひ、当記事をご参考になさってください。では、7つにまとめましたので、順番に見ていきましょう。



 


ストレスで過食をしてしまう人に共通する7つの事

 


心の隙間を探ろう


まずは、ストレスの元となっている心の隙間が何なのか?について調べましょう。仕事、恋愛、育児、人間関係…と、人がストレスを抱える精神的な問題は多岐に渡ります。

過食と言う結果の改善のために、原因となるストレスを解消することを考えましょう。これが最も効果的にストレスによる過食を解消するための方法です。

特に、ストレスによる過食を行う方は、こう言った精神的な問題を抱えている場合が多いですからね。まずは、この原因を自身を振り返りながら、調べるようにしましょう。

 


心を満たす食事をしよう


人が食べるのは体の栄養補給のためではありますが、体の栄養補給のためだけではないのですね。心の栄養補給としても、食事を行っているのです。

ゆえに、ストレスなどで心に隙間ができると、心の隙間を埋めるために、過食に走りがちになるのです。そこで、食事を食べ物のみに重点を置くのではなく、心を満たす食事も心掛けるようにしましょう。

好きなインテリア、好きな雰囲気のお店など、食べ物以外の部分に重点を置いて食事をとりましょう。過食の方は食以外の点を軽視している方が多いですからね。

 


誰かと一緒に食べよう


心の隙間を埋めるための食事として、食べ物以外の点を重視するのは前項で述べた通りですが、同様に、誰かと一緒に食事を取ることも推奨される方法です。現代は孤食化が進んでいますからね。

孤食では、お腹を満たすことしかできません。しかし、大切なのは心を満たすことです。ストレスにより過食を行う方は、特に孤食傾向が強いですから、この点も注意して食事をとるようにしましょう。

一人暮らしなどで相手がいない方は、話ができるお店などを利用するのも良いでしょう。とにかく誰かと楽しく食事をとるのが大切なのです。

 


栄養不足のサインを感じよう


過食に走る原因として栄養不足が挙げられます。体の栄養が不足すると、体はもっと食事をとるようにサインを出します。そのサインにより過食に陥るケースも多いです。

ここで、バランスを欠いた暴飲暴食に走ると、栄養バランスの改善は見られませんので、さらに食べることになります。結果、ストレスが増えて、より深刻な状態となるわけですね。

ですので、食事はバランスよくとることを心掛けましょう。栄養不足はイライラの原因であり、ストレスを抱える要因でもありますからね。これも、過食者に多い共通点の一つです。

 


ダイエットをやめよう


ストレスによる過食者に多いのが、ダイエットを原因とするものです。肥満が社会問題となる現代社会ですので、ダイエットは多くの方が実践されています。そこで最も採られる方法が絶食です。

完璧な絶食まではいかなくても、食べる量を抑えることでダイエットを行う方は非常に多いです。これが過食の元なのですね。食べる行為は人にとってとても大切なことです。

食べられないことは非常に大きなストレスになりますので、反動で過食に陥いるわけです。ですので、過食に陥った際は、ダイエット中でも即時停止するようにしましょう。

 


吐くのは絶対に避けよう


ダイエットなどで、食べる量を制限している場合、食べ過ぎたと感じた際に吐く方がいるのですが、これは絶対に止めましょう。

食べ過ぎた分を吐くことで、減らそうとしているのでしょうが、余計なストレスの元です。特に吐く行為は、体の循環の真逆をいく行為です。想像以上に体に負担を与えています。

また、吐いたことで余計に食べものに対する欲求が高まりますので、ストレスによる過食はさらに進行します。食後に安易に吐く行為に走っている方はすぐにでも止めましょう。

 


罪の意識を捨てよう


ストレスによる過食に走る方に多いのが、罪の意識を持ち過ぎることです。食べ過ぎた自分に余計な罪の意識を持つことで、さらなるストレスを抱え、悪循環に陥るケースですね。

これは過食後に、吐く行為に走る方にも多い傾向があります。ストレスの軽減のために、食べる行為に走ったとしても、余計な罪の意識を感じるのはやめましょう。

切り替えれば良いだけです。次から注意すれば良いだけです。何事もポジティブに捉えることが、精神的な問題には必要です。

 

いかがでしたか。ストレスで過食してしまう方に多い共通点と、その解消方法はご理解頂けましたでしょうか。ストレスの原因を探り、精神的な問題と肉体的な問題の両方からのアプローチが必要になるのですね。

後は自分に当てはまる項目を当記事を参照しながら、一つ一つ順に試すことです。さすれば、きっとストレスによる過食は避けられるでしょう。ここでも大切なのはポジティブに捉えることです。

常に前向きに、失敗を必要以上に重く捉えずに、対策法を進めることで、きっと良い結果が得られるでしょう。最後に、あなたの症状が改善されることを祈念しております。

 


まとめ


ストレスで過食をしてしまう人に共通する7つの事

・心の隙間を探ろう
・心を満たす食事をしよう
・誰かと一緒に食べよう
・栄養不足のサインを感じよう
・ダイエットをやめよう
・吐くのは絶対に避けよう
・罪の意識を捨てよう