心理学で学ぶ恋愛テク☆男性の本音が現れる7つのサイン

心理学で学ぶ恋愛テク☆男性の本音が現れる7つのサイン
恋愛に疑心暗鬼はつきものですよね。大好きな彼の本音を知りたい。そんな気持ちを抱えている方に、今回は、心理学で学ぶ恋愛テク「気になる彼の本音」を大公開します。恋愛の渦中にいると彼の気持ちもわからずに、舞い上がった後に深く落ち込む…なんてことを繰り返してしまいますよね。

しかし冷静に、落ち着いて考えれば彼の小さな仕草から、彼の本音がまるわかりになるのです。心理学のテクニックを用いて、恋愛中の彼の本音を探ってみましょう。男性に限らず女性だって、仕草に本音が出てしまうものですが、はっきり言って女性の方がはるかに演技力に長けています。

それに比べて男性は、本音を隠し切れない正直な生き物。心理学的に彼の気持ちを推測することで、恋愛を有利に運ぶことが出来るのです。以下にお伝えする男性の7つの「サイン」を知ることで、彼の本音を探ってみましょう。



 

心理学で学ぶ恋愛テク☆
男性の本音が現れる7つのサイン

 

目を合せない時はやましいことがある


心理学的に言うと、恋愛中に「目を合わせない」ときの相手は、何かやましいことを抱えているというサインです。男性は女性に比べて浮気をしやすい生き物だという事は世間一般に知られています。浮気をしている男性は、多くの場合本命の彼女から目を反らします。

また、浮気相手に対しても、大切な話になると目を反らして向き合おうとはしません。たとえ浮気をしていなくても、心の中で「今の彼女以上にいい相手がどこかにいるはず」と考えている場合などは、やはり目を反らします。心理学では瞳は胸の内の恋愛観を、外へと映す鏡だと考えられているのです。

 

自慢話ばかりをする


自慢話ばかりをする男性にお疲れの女性も多いのではないでしょうか。女性に比べて男性は自慢の多い生き物です。心理学的に見なくても、恋愛中に自慢話をする男の心理は見え見えですよね。「俺を褒めてくれ!」「尊敬してくれ!」と訴えているのです。母親に甘える男の子と同じです。

自慢話ばかりをする男性であっても、愛情があるのならば褒めてあげてほしいです。そうすることで、相手の欲求も満たされるでしょう。

 

ペンを回すなど、手元が落ち着かない


授業中や何かの時に、手元を落ち着きなく動かしている男性がいます。これは心理学的に見ると「恋愛にイライラしている」状態だと言えます。「イライラ」と言われても、彼女にイライラしているのか、今の状況にイライラしているのかはわかりませんよね。

その時々によってイライラの原因も変わります。デート中であれば、カフェなんかよりも早くホテルに行きたくてイライラしているのかもしれません。なんでもない時であれば、頑張って彼女に合わせて、本当の自分を出せていないことにイライラしているのかもしれません。

彼の手元が落ち着かない時は、この心理学を思い出して、彼のイライラの原因が恋愛にあるのかどうかを探ってみましょう。

 

目をじっと合わせる


恋愛中、目をじっと合わせてくる男性がいますよね。見つめられてドキドキする場合と、「何?」と思う場合とありますが、この場合の男性の心理は簡単です。心理学では瞳は心の代弁者。

恋愛の中で相手の目をじっと見つめる行為は、「相手の心をこっちに向けたい。」「もっと親しくなりたい。」「親密になりたい。」と考えているサインです。こんな事実を見てしまうと、見つめられたときにますます緊張して照れてしまいそうですよね。

 

腕組が多い


腕組をする男性は少なくないですが、心理学的に恋愛中の腕組は要注意です。組まれた腕の中には大切な「心臓」があります。つまりハートですよね。ハートを隠したい。自分のハートから距離を取ってほしい。一人になりたい。本音を隠したい。心理学的に、腕組にはそんな意味があるため、恋愛中は要注意のサインなのです。

ただ、恋愛中であってもなくても、人とは一定の距離を保って付き合いたいというタイプだけなのかもしれません。恋愛している女性にとっては、そんな男性の腕組を解いてその中に入ってしまいたい気分でしょうが、相手の距離感を大切にしてあげることが何よりも大事です。

 

あごを触る


あごを撫でまわすしぐさをする男性も、少なくないですよね。毎日男性はひげをそるものなので、ひげを剃った感触を手で確かめているようにも見えます。しかしあごを触る仕草は、心理学的に見ても恋愛中には、ある大きなサインと考えられているのです。

心の中でやましいことを考えているときなど、あごを触る仕草をしてしまいます。また、心理学的にはあごを触るときは、高飛車で恋愛相手を「下」に見ているケースが多いと言われています。

「恋愛してやっている」と上から見ている場合には、その恋愛の立ち位置は要注意ですよね。どちらかが相手を見下すのではなく、フラットな関係で恋愛できるように話し合っていく必要があります。

 

あごを突き出す


また、あごを大きく突き出す男性も多くいます。心理学的に見てもこのしぐさはやはり要注意。特に恋愛中にこのようなしぐさを見せる男性には注意してほしいです。

あごを突き出すしぐさは、心理学に詳しくなくてもなんとなくわかりますよね。「偉そう」という印象があるはずです。子どもでみるとわかりやすいのですが、身長測定の時に自分を大きく見せようとして、あごを突き出す子どもがいますよね。大人になってあごを突き出す人の心も、やはり同じです。

自分を大きく見せようとしているのです。「威張りたい」「人の上に立ちたい」というプライドの高い人に多い仕草で、心理学的に恋愛中にこのしぐさをする人は、横柄で「俺様」タイプが多いと言われています。立てて上げる控えめな女性がお似合いですよね。

 

さて、心理学で学ぶ恋愛のサインについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。普段何気なく目にしている男性のしぐさの中に、こんなに心理学的な意味があるの?と驚かれる方も多いでしょう。

恋愛中の男性のしぐさは、ここまで本音がまるだしだという驚きも否めません。男性は正直な生き物です。口では相手を偽ることもいうかもしれませんが、本音は隠せないのです。仕草でついつい本音を漏らしてしまう男性に、ため息が出そうになることもありますよね。

しかしよく考えれば、本音を表に漏らしてしまっている男性はかわいいではないでしょうか。恋愛において相手の本音を仕草から読むことが出来るという点でも、女性にとっては有利な状況ですよね。

相手の仕草から心理学的に本音を読み取り、恋愛において有利な立場に立てるように合作することも、女性ならば簡単にできるでしょう。心理学を味方につければ、恋愛において彼を手のひらで転がすことも簡単にできるかもしれませんよ。

 

まとめ

恋愛中の男性の本音とは

・目を合せない時はやましいことがある
・自慢話ばかりをするときは褒めてほしい時である
・手元が落ち着かない時はイライラしている
・目をじっと合わせるときはもっと親密になりたい時である
・腕組が多いときは距離を取りたいときである
・あごを触るときは高飛車な態度である
・あごを突き出すときは威張りたいというサインである