好きな人に会いたいと思う時に思いとどまるべき7つの状況

好きな人に会いたいと思う時に思いとどまるべき7つの状況

恋愛しているときは、楽しくて何をやるにしても幸せな空気に包まれています。好きな人に巡り合ったことはラッキーなことです。けれども冷静になって考えてみると、大きな課題も見えてきました。

好きだという人は、あなたのことをベストパートナーとして捉えているのでしょうか。それとも単なる友だちとしてのお付き合いなのでしょうか。その重要なポイントを抜きにしてストーリーは展開していきません。

ここでは、好きな人に会いたいと思う時に思いとどまるべき7つの状況を、いくらかでも捉えられればと思っています。それでは、あなたとご一緒に好きな人に真正面から向き合っていくことに致しましょう。



 


好きな人に会いたいと思う時に
思いとどまるべき7つの状況

 


身だしなみを整えようとしている


好きな人に会いたいと思う時に、すぐに思いつくのは身だしなみです。服装をどうするか迷ってしまいます。そのシチュエーションでは、普段から心がけている清潔感や落ち着いた姿をイメージした服装です。

そして、好きな人が好むと思われるメイクや髪型を選択していきましょう。それでも気になれば、身近な人のアドバイスや身内の人に見てもらいましょう。そして、自身では分かりにくい、あなたの匂いもチェックします。

いくら好い匂いでもあまり強烈過ぎては、好きな人に嫌われてしまいます。身だしなみは、好きな人にあなたを知ってもらう必須のアイテムになります。気を抜かない細かな心配りをしていきましょう。

 


目線を受けようとしている


好きな人に会ったときに心がけたい仕草があります。常に絶やさない微笑みと、好きな人の目線を逸らさないことです。そして、離れたところにいるときでも、好きな人に目線を送る仕草も大切になります。

そうすることでもしかしたら、あなたの想いは相手に届くような気がします。そのために、あなたは好きな人に会う前に、微笑みと目線の送り方や受け方を鏡の前でトレーニングしておきましよう。

絶えず微笑みを浮かべた柔和な顔は、どの場でも相手を和ませてくれます。また、仕草を練習しておくことで、心に余裕が生まれてきます。微笑みや目線もさりげなく行うことが好感度をアップさせていきます。

 


距離感を考えようとしている


好きな人に、あなたを知られる存在として昇格させる方法は、距離感を有効に活用することです。あなたを認識して受け入れてもらうためには、あなたの印象を強く植え付ける必要があります。

そのテクニックは、いつもそばに近寄っているのではなくて、時には相手のパーソナルゾーン内から離れたり、また、近づいたりして相手の関心を引きつける行為をします。距離感は重要なキーポイントになります。

男の性は、野性的で逃げる獲物を追いかける性質を持っています。いつも相手の近くにいるのではなくて、離れることで好きな人の注意力を鼓舞して刺激を与えていきます。そういう行為も心がけていきましょう。

 


周りの人たちとよい関係を作ろうとしている


好きな人と会いたいと思っても、二人の周囲にいる人々との関係を無視することは出来ません。関係者との無難なお付き合いは、好きな人の立場やあなたに対する関係者の印象にも影響を与えてきます。

肉親や親しい友人、職場の関係者など、その範囲は、好きな人の置かれている状況によっても変化します。大勢いる関係者に、あなたはよい印象を持たれるのが大切ですが、至って難しいことになります。

全ての人があなたに好意を抱くとは限りません。そのあたりの微妙なシチュエーションは、あなたの胸に留めておくか、それとも好きな人に打ち明けてしまうのかは、あなたの判断に委ねられていきます。

 


好きな人をリサーチしている


恋愛の成立は、男女が相手を好きになることです。恋愛から発展して結婚の伴侶を求める行為に発展していきます。そのアプローチは、好きな人の記憶にあなたの印象が強く残るように働きかけていくことです。

そこで前もって好きな人のデーターをリサーチします。その結果、好きな人のことをより理解できるようになります。どんなタイプの人が好きなのか、何が好みなのか、癖や仕草はどうかなどを把握していきましょう。

それを十分に理解した上で、好きな人にあなたを知ってもらうための切掛けとなる、チャンスが訪れる場に臨むようにしましよう。そうすることで結婚を前提にしたお付き合いを成就させることができます。

 


振られたときのことを考慮しようとしている


好きな人とのお付き合いには、告白は欠かせないデモンストレーションです。「あなたが好きです。お付き合いさせてください」と宣言します。その告白でこれから目指す未来の展望が見えてきます。

それほど大事な告白ですが、時として好きな人に拒否されることも起こります。その際に失恋したショックを最小限に抑えるシュミレーションを、あらかじめ準備しておきます。

すると、振られる恐怖を前もって受け入れる下地が出来ていて、万が一のときの立ち直りが早くなっていきます。そのような背水の陣の心づもりは大切なことで、本番の告白にも力を与えてくれるようになります。

 


結婚を考えようとしている


好きな人とのお付き合いは、ある時点から結婚を前提に切り替わっていきます。男性は育児や家事のことに関心を、女性は家族構成や学歴や年収、そして、家事や育児に関心を持っていきます。

家庭生活は共同作業です。共働きの家庭ではイクメンも世間に浸透しています。更に二人の相性も関わってきます。また、何よりもあなたの本当の気持ちはどれほどなのか、それが一番大事なキーポイントになります。

けれども細かいことはさておいて、今は二人が結ばれて結婚できることが先決になってきます。そのために細かいことは、結婚してから追々に二人で相談して解決することが、当世風の考え方になっていきます。

 

いかがでしたか。好きな人にアプローチする際は、用意周到な前準備が大切になります。また、周囲の状況を知るアンテナを張ることも大切です。そして、冷静に対処する気持ちを持つことが重要になります。

あなたの普段通りの自分を演じていけばよいのです。そうすることで、好きな人の心の動きや仕草も見逃さないでしょう。あなたをアッピールするときには、自信を持つことが何よりも大切なことになります。

好きな人にさり気なくアプローチできれば、あなたは受け入れられたことになります。さて、好きな人に会いたいと思う時に思いとどまるべき7つの状況を、見てきました。あなたの恋愛のお役に立てたら幸いです。

 


まとめ


好きな人に会いたいと思う時に思いとどまるべき7つの状況

・身だしなみを整えようとしている
・目線を受けようとしている
・距離感を考えようとしている
・周りの人たちとよい関係を作ろうとしている
・好きな人をリサーチしている
・振られたときのことを考慮しようとしている
・結婚を考えようとしている