寂しいあなたを元気にしてくれるおすすめ映画!!

寂しいあなたを元気にしてくれるおすすめ映画!!
寂しい気分は秋や冬の季節に、何の予兆もなく訪れてきます。失恋したり、仕事で失敗したわけでもないのになぜだか無性に寂しいと感じることが誰しもあるのではないでしょうか。

そんな時期に恋人との別れや仕事でのミス、友達との喧嘩、職場の異動などがあると、さらに孤独や周囲からの疎外感を感じてしまいます。そんな寂しさは時間の経過とともに徐々に薄れていきますが、その間、何にもやる気が出ず、無気力のまま過ごすのはもったいないです。

寂しい時には、映画を見ると気持ちが一新されますが、見る映画のチョイスはとても重要です。そこで、寂しい時に見ると元気になれる映画を、どんな人におすすめなのかという具体例も交えて6つ解説します。



 

寂しいあなたを元気にしてくれる
おすすめ映画!!

 

プラダを着た悪魔


仕事で失敗をしてしまったり、上司から命じられた仕事を満足にこなせず、周囲と自分を比べて「自分は仕事ができないな」と落ち込んで、寂しい気持ちになっている人には「プラダを着た悪魔」がおすすめです。

主人公の新人アシスタントが、厳しい上司のもとで、私生活を犠牲にまでして仕事を頑張り、徐々にステップアップしていくこの物語を見ていると、自分も努力をすればできるようになれる、と自信がつくでしょう。最終的に上司に認めたれた主人公を見ていると、気分もスカッと晴れます。

 

魔女の宅急便


大学生や社会人になったのをきっかけに実家から出て一人暮らしを始めた人は、新生活がスタートして1ヶ月後くらいに家族がいない環境が寂しいと感じるホームシックや慣れない新生活に対する憂鬱感に襲われます。このような5月病の人は、「魔女の宅急便」を見ましょう

アニメだからとあなどってはいけません。住み慣れた両親との家を出て、たった一人で見知らぬ人ばかりが住む街で魔女になる修行をスタートさせた主人公と自分を重ねられずにはいられないでしょう。

失敗をして寂しい気持ちになることもあるけれど、この街が好きと言えるようになった主人公を見て、自分も元気を出して頑張ろう!と思えるはずです。

 

ホーム・アローン


実家ぐらしの人でも、普段あまり両親や兄弟と会話をしないとか、一人暮らしをしていて家族と疎遠になっている人が、ふと寂しい気持ちになったら「ホーム・アローン」を見ましょう

「ホーム・アローン」は、子供が泥棒をあの手この手で退治するコメディタッチの映画ですが、笑いあり、涙ありのヒューマン・ドラマとも言えるのです。日頃、家族がうっとうしいと感じている主人公は、独りになって初めて家族の大切さを痛感します。

そんな描写を見ると、自分も元気がでてきて、家族と会話をしてみようという気分になれるのです。

 

リトル・ミス・サンシャイン


季節の移ろいを感じてなんとなく寂しい気分になった時、「リトル・ミス・サンシャイン」を見ると、家族のありがたみを感じることができて、心がほっこりできます

「リトル・ミス・サンシャイン」では、最初はバラバラだった家族がお互いに支えあうようになります。自殺未遂を図ったゲイのおじさん、太っているのに美少女コンテストにチャレンジする少女、自信家の父親など、個性的なキャラクターが織り成す物語は笑って泣けて元気がでること間違いありません。

 

そんな彼なら捨てちゃえば


恋人に浮気をされたり、片思いをしていた彼氏にふられたり、失恋がきっかけで寂しい気持ちなる事は女性なら誰でも経験があるでしょう。そんな時は、誰とも会いたくなくなってしまうものですが、独りでじっと部屋にこもっていても元気になれるまでかなりの時間がかかります。

そこで、失恋した人におすすめの映画が「そんな彼なら捨てちゃえば」です。浮気をしていた夫に別れを告げて前に進む女性や身近なところに大切な人を見つけた女性などを描いたこの作品を見ると、自分を振った男なんてバカだわ!もっといい恋人を見つけてやる!と思えるようになって、元気が出てくるでしょう。

 

テルマエ・ロマエ


映画を見る気にもならない位に寂しい気持ちになってしまって、友達や家族など誰とも会いたくないと感じた時には、騙されたと思って「テルマエ・ロマエ」を見てみましょう

イケメン俳優の阿部寛が真剣な顔で演じる古代ローマ人は、笑わずには見られません。古代ローマ人がタイムスリップして現代に来てしまうという現実世界には起こるはずもないSFの設定は、現実から逃避して、お腹の底から笑わせてくれるのです。

 

いかがでしたか。寂しい時は、食欲も物欲もわかず、誰とも会いたくない気持ちなってしまうでしょう。そうなると、外に出かけることもなく部屋にいることになるのですが、独りで音のない部屋にずっとこもっているとどんどん寂しい気分になってしまいます。

外にでかける気力もないくらい寂しい時は、映画を見て元気をだしましょう。テレビだと途中でCMが入って、途中でチャンネルのザッピングができるため、番組に集中することが難しいのですが、映画だと集中して見るため、その作品に感情移入することができるのです。

今回ご紹介した映画は、恋愛ものや家族愛を描いたもの、コメディなどジャンルは様々です。しかし、共通しているのは、前向きになって元気が出るという点です。主人公が奮闘したり、家族を大切に思ったり、果敢に恋愛にチャレンジする姿に自分を重ねて見ていると、自然と元気が湧いてくるでしょう。

 

まとめ

おすすめ!寂しい気分が吹っ飛んで元気になれる映画とは

・「プラダを着た悪魔」は仕事で失敗して落ち込んだ時におすすめ
・「魔女の宅急便」は新生活が始まって5月病気味な時に効く
・「ホーム・アローン」を見れば家族の大切さを実感!
・「リトル・ミス・サンシャイン」を見ると家族愛にほっこりする
・「そんな彼なら捨てちゃえば」は失恋した時に元気がでる
・「テルマエ・ロマエ」でお腹の底から笑って元気になろう