英語文法☆最低限知っておきたい5つのルール

英語文法☆最低限知っておきたい5つのルール
英語文法は何だか難しそうで、英語を勉強したいと思っても知らず知らずのうちに避けてしまいがちですよね。「英会話だけ勉強したい」、「英語の文法は実際必要ないと思う・・・」と感じている人も多いようです。

しかし、本当にネイティブと分かり合える英語力を身につけたいなら、文法の学習は必要不可欠。こちらにとって英語の文法は難しいとはいっても、ネイティブは毎日のように使い回しています。また、文法をきちんと勉強していることをネイティブに示すことは、ネイティブに対する思いやりでもあるのです。

それでも、英語の難しい文法をすべてこなすのは大変です。そこで、「そこまで難しくはないけれど、これだけは押さえておきたい!」という英語文法5つをまとめました。ここできちんと土台をつければ、さらにレベルの高い文法習得も夢ではありません。それでは、最低限知っておきたい5つのルールをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

中学英語の文法を最短でマスターする勉強法

中学英語の文法を最短でマスターする勉強法
英語文法は、ある程度は学校で学ぶものの、中学生や高校生当時の頭にとっては少々難しく、なかなか理解できなかったという人は少なくないですよね。また、当時は英語文法をしっかりわかっていても、卒業と同時に忘れてしまったというケースもあります。

それでも、英語をマスターするためには、英語の文法は避けて通れない道です。本当に英語を流暢に話せるようになりたいのなら、まずは文法的知識をしっかりと身につけないとどうにもなりません。また、中学生レベルの基本的な文法知識があってこそ、次のレベルに進むことができるのです。

とはいえ、英語の文法といってもたくさんの種類があるので、一度に習得しようとすると大変かもしれません。そこで、そうであっても急いで覚えたいという人のために、最短で英語文法をマスターするためのコツ6つを解説しますので、一日も早くレベルアップを果たすための参考にお使いください☆

[ →続きを読む… ]

朝にうつ症状が出たとき、試してみるべき5つの対処法

朝にうつ症状が出たとき、試してみるべき5つの対処法
何かと、多忙な日々を過ごす現代人。そんな毎日の繰り返しに疲れ果て、知らず知らずのうちにうつの症状が出ていたりしませんか。まず、うつの症状として現れる目安が「朝が辛くてしんどく、夕方になるにつれその症状が改善されていく傾向がある」です。当てはまるかも…と思われたあなた、軽いうつになっているかもしれません。

しかし、心配することはありません。軽度ですと、朝のスタイルを少し変えるだけで改善されることがあります。同じ一日のスタートを切るのなら、明るく、いつもより少しだけ元気にスタートしたいですね。

そこで今回は、朝にうつ症状が出たな、出そうだな、というあなたが試してみると効果がでる、5つの方法をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

英語の文法を楽しく覚える8つのコツ!

英語の文法を楽しく覚える8つのコツ!
学生時代、英語のテストの前には必ず単語や文法をテスト前に覚えるのに苦労した…なんてことありますよね。日本語で話せばいいじゃん、ここは日本なんだから、と何かと理由をつけて避けてきた読者の方も多いはずです。日本語と英語は文法の順番が違うので、なおさら目的がないと前向きな気持ちになりません。

そんな、英語の文法を辛く苦しく覚えるのではなく、楽しく覚えられるコツがあれば今すぐ実践してみたいと思いませんか。英語も同じ人間が使いこなしているので、そこまで構えるほどではないはずです。

今回は、身近に流れている洋楽や、ちょっとした標識の英語を取り入れながら、英語の文法を学習してきた今までの黒歴史を塗り替えるべく、楽しくそしてもっと知りたいと思える、文法を覚える8つのコツをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

出向先で好印象な着任挨拶をする7つのポイント

出向先で好印象な着任挨拶をする7つのポイント
仕事をしていると、出向先に務める機会もあるかもしれませんよね。多くのグループ提携会社を持つ企業であれば、出向は日常茶飯事かもしれません。慣れ親しんだ職場から、別の職場へと期間限定で移動する「出向」は、人間関係の再構築などとストレスのたまる事柄でもあります。

しかし短期間とはいえ毎日一緒に仕事をする職場の人間とも、上手くやっていきたいと思うものです。そこで出向先での最初の挨拶が肝心になってくるのです。出向先での着任の挨拶について、上手に社員に受け入れられる大切なポイントを、いくつかまとめてみたので参考にしてください。

これから出向先に行くという方、第一印象を大切に、挨拶をしっかりと予習してから行きましょう。それでは、出向先で好印象な着任挨拶をする7つのポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]