ポジティブシンキングな人になるためのヒント!

ポジティブシンキングな人になるためのヒント!
「ネガティブなことばかり考えずポジティブシンキングしたい!」と考えることってありますよね。ネガティブを「慎重な考え」「熟慮した考え」と好意的に言われることもありますが、ネガティブはあくまでマイナス思考であり、よくありません。

生きていくうえではポジティブシンキングの方が気持ちが楽です。そしてそのことをみんなわかっています。そのため、ポジティブシンキングになりたい、ポジティブシンキングをしたいと考える方は多いのです。

しかし、思考をいきなりポジティブシンキングにすることは簡単ではありません。少しずつ考え方を改め、シフトしていかなければなりません。そこで今回はポジティブシンキングな思考、人になるためのヒントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

睡眠時間は7〜9時間が最適とされる6つの理由

睡眠時間は7〜9時間が最適とされる6つの理由
自分の睡眠時間が最適なのはどの位なのか、知りたいですよね。日本人は睡眠時間を最適に取れていないと言われています。理由として、仕事で残業し、家で休む時間が少ないこと、夜勤などのシフト勤務で生活リズムが崩れていること、ゲームやインターネットなどで夜遅く起きていることなど、様々な原因が挙げられます。

睡眠は、私達が毎日行う行為です。心身の疲れをリセットする効果があります。なので、良質な睡眠を取ることは、とても重要なのです。

働いている人の中には、6時間取れれば良いという人もいます。しかし、睡眠時間の最適なラインは、7時間から9時間だと言われています。なぜ、睡眠時間は7〜9時間が最適なのか、今回はその理由をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

心理テスト☆好きな色で分かるあなたの深層心理!

心理テスト☆好きな色で分かるあなたの深層心理!
子どもの頃、心理テストで好きな色を答えるというのを経験したことありますよね。心理療法でも、心理テストとして色に関する質問をする場面があります。なぜなら、色彩というのは心理と密接に関連しており、その人の心理状態を把握する方法として有効だからです。

色彩は心理学の分野でも長く研究されてきました。今では経済活動や生活にも取り入れられています。その一例として、ファミリーレストランでは店舗の内装に「赤」を多く使っています。これは、赤には時間を短く感じさせる効果があり、普通より長い時間を過ごしたと感じ、お客さんの回転率が上がるからです。

このように、色彩は私達の生活や心理状態と深く結びついています。心理テストとして好きな色を知ることは、今の自分の心理状態を把握することにも繋がります。そこで、心理テストで答える色が、どんな深層心理を表しているのかをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

考える力を身に着けて、解決力を高める方法

考える力を身に着けて、解決力を高める方法
大人になってから、「学生時代にもっと考える力を養っておけば良かったな」と思った経験ありますよね。そもそも「考える力」とは、論理的に物事を考えることを意味します。

この考える力は、今を生きる上ではとても重要になっています。現代社会は多様化かつ複雑化しており、今まで経験したことのない問題に直面することもしばしばあります。それらを解決するためには、考える力を養うことが必要です。

考える力を身につけるためには、知識と経験の両方を持ち合わせることが大切です。知識だけあっても活用しなければ使い物になりません。また、経験から得たことを違う状況で応用出来なければ、意味がないのです。そこで、知識と経験を培い、考える力を身に着け、解決力を高めるにはどうすればいいのかをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ポジティブシンキングで毎日ハッピーに過ごす7つのコツ!

ポジティブシンキングで毎日ハッピーに過ごす7つのコツ!
何事にもポジティブシンキングな人って一緒にいて楽しいですよね。芸能人でいえば、松岡修造やノンスタイルの井上裕介などが、ポジティブシンキングな言葉を使ったカレンダーを発売し人気になりました。

なぜ今、ポジティブシンキングな姿勢が好まれるのでしょうか。現代はリストラや非正規雇用の増加などで、生活が不安定な人が多いです。そのため、考え方もネガティブになりがちです。ネガティブな考え方は周囲にも広がり、皆がネガティブになってしまいます。なので、仕事の場面でもその悪循環を解消できるような、ポジティブシンキングな姿勢を持つ人が求められているのです。

とはいえ、いきなりポジティブシンキングになるのは難しいですよね。そこで、ポジティブシンキングになるにはどうすればいいのかをお伝えします。

[ →続きを読む… ]