【人生相談】器を大きくするには?試すべき7つの方法

【人生相談】器を大きくするには?試すべき7つの方法
人生相談で意外にもよく見かけるトピックに「どうやったら人間としての器が大きくなるのか」というものがあります。特に生真面目でしっかりとした人が悩むことが多いようです。「周りがきちんとしていないのが許せない」、「自分自身も常にしっかりとしていないと違和感がある」といった悩みは確かにありますよね。

しかし、あまりに几帳面でいるというのも大変です。自分では良いと思っていても周りから苦手意識を持たれていたり、過度に頑張りすぎることによって自分自身の心や体を知らないうちに痛めつけていたりすることもあります。真面目な人に非はないものの、どこかで自分の器を大きくしなければやっていけません。

そこで試したいのが、人間の器を大きくするための方法です。今からでも始められる7つの方法について解説していますので、自分や周りのためにも実践しましょう。



 

【人生相談】器を大きくするには?
試すべき7つの方法

 

【人生相談】器を大きくするには?:「許す」ことを覚える


人間としての器を大きくしたいという人生相談を抱える人がまず試すべきなのは、「許す」ことを覚えることです。人間、「許せない」と思っているとどうしても体に力が入って緊張してしまいます。この緊張こそが心身を疲れさせる原因ですので、それを取り除いてやらなければなりません。

最初は難しく感じるかもしれませんが、とにかく実践しましょう。心がふわっと軽くなり、笑顔が自然に浮かんでくるのを実感できます。

 

【人生相談】器を大きくするには?:悲観的にならない


常にしっかりとしていなければ気が済まないという人生相談を持つ人のほとんどは悲観的です。四六時中リスクについて考えていて、「きちんとしていなければ何事も失敗してしまう」と考えています。

しかし、実際には几帳面さんが恐れているような恐怖の事態が発生することはあまりありません。少し休んだりゆっくりしたりしたからといって地球が滅亡するわけではないのです。それを認識できるようになれば、気持ちの方もだいぶ楽になります。

 

【人生相談】器を大きくするには?:長い目で見る


人間の器を大きくしたいと願う人に多くみられる特徴は短絡的な考え方です。何事においても短期間で利益を得ようとするため、自分より行動が遅い人を見るとイライラしてしまいます。

とはいえ、これからまだまだ続いていく人生を生き抜くには長い目で物事をみることも大切です。実際、長期スパンでいろいろと計画する方が大きな利をもたらしてくれることが多いでしょう。

「今すぐに利益を」と思って頑張っても失敗することが多く、自分でも疲れてしまうのが現実です。どんと構えて最後に大利を設ける意識を育てましょう。

 

【人生相談】器を大きくするには?:共感力


「自分の人間としての器が小さい」と人生相談する人の多くはとても良く頑張っています。必死に努力しているがために、頑張らない人を見ると我慢できなくなってしまうのです。

しかし、実は自分が気づいていないだけで、実際には周りの人も一生懸命頑張っているのかもしれません。誰にも言えない悩みを抱えながら何とか日々を生きているという人もいます。努力しているのはあなただけではないのです。

周りの人の苦悩や努力に共感できるようになりましょう。共感力を育てていけば次第に人間の器も広くなり、物事を多角的に考える能力も培われます。

 

【人生相談】器を大きくするには?:とりあえず笑顔を作ってみる


器が小さいから大きくしたい、と人生相談を抱えるほとんどの人に足りないものがあります。それは笑顔です。何だかいつもせっかちで何かについて思案しているように見えるその顔には明るさというものが感じられません。

こんな状態で生活を続けていては心身ともに蝕まれてしまいますので、この辺りでストップさせることが大切。そのための素晴らしい薬となってくれるのが「笑顔」です。無理にでも笑ってみれば心と体がほころんでくるのが実感できるでしょう。それが実感できたらそのリラックス状態をできるだけキープしてください。

 

【人生相談】器を大きくするには?:ユーモアを身につける


器を大きくするためのとっておきの薬はユーモアです。緊迫した状況の中にも面白味を見出せる能力はどこへ行ってもありがたがられますので、身につけておいて損はありません。

お気に入りのお笑い芸人や漫才師、落語家などのパフォーマンスを見て心から笑うと同時にユーモアについても学びましょう。笑いの能力は心に余裕を生み出し、人間の器をぐっと広げてくれます。

 

【人生相談】器を大きくするには?:器のイメージを広げる


人生相談で「人間の器」と言うくらいですから、その器を実際にイメージしてみることによって押し広げるという手も。自分が持っている器の大きさを思い描き、それをぐっと広げてください。自分が理想とする器の大きさがイメージできたら、日常生活でもその通りに行動できるように意識します。

 

器を大きくするための7つの方法、いかがでしたか。ご紹介した7つ全て、今からでもスタートできるものばかりです。とはいえ、今まで几帳面に努力してきた人にとっては到底受け入れられないものとして感じられるかもしれません。

しかし、人間の器を広げるのは結局は自分のためです。許すことを知ればストレスが少なくなりますし、ポジティブに長い目で物事を見るという能力は現代社会では必須スキルですよね。さらに他人に共感する力も、コミュニケーションにおいてはとても大切です。

周りの人と衝突しないためだけでなく、ぜひ自分の健康や利益のためにも「器を広げる」トレーニングを行ってください。実践することにより「絶対に」人生が向上することをお約束します。

 

まとめ

【人生相談】人間としての器を大きくするため、今からできる7つのこととは?

・「許す」ことを学ぼう
・ポジティブな姿勢が大事
・長い目で見るスキルを身につけよう
・周りの人も頑張っていることを理解しよう
・とりあえず笑顔を作る
・ユーモアを身につけよう
・大きな器をイメージする