仕事で上司にやる気を見せたい時に効果的な7つの行動

仕事で上司にやる気を見せたい時に効果的な7つの行動

職場で上手く人間関係やってますか?特に上司と上手くいっていますか?職場の人間関係でやはり上司との関係は切っても切れないものです。

悩みはありますか?上司から信頼されて仕事を任されていますか?上司から怒られてばっかりいませんか?

そんなあなたに上司へのやる気をアピールしてはいかがでしょうか。上司からの信頼を勝ち取る為にとりあえず嘘でもいいのでやる気を見せる行動を教えます。これをやれば上司のあなたに対する見方が大きく変わる行動を挙げてみました。

覚えて実践してみましょう。それがあなたの職場が円滑にまわることにもつながります



 


仕事で上司にやる気を見せたい時に
効果的な7つの行動

 


まずは朝の掃除からやろう。


これは実戦されている方、会社で義務づけられている決まっている時間があると言う方多いのではないでしょうか?また嫌々やってはいませんか?

基本朝の掃除は仕事の効率化にも非常にいいです。朝出社する→パソコンの電源を入れる→メール等のチェックをして返信が必要ならやる→掃除する。そういった流れで仕事に入っていく方多いのではないでしょうか?

朝の掃除は仕事へのやる気アピールに最適です。ポイントはいつも同じ場所ではなく人の目が行き届いてない場所を清掃することです。管理職の上司はそういうところをよく見ます。

「こいつは気が利く。」「ささいなことに目が届く。」と感じせせるのが狙いです。

 


挨拶を元気よくしよう。


普段掃除がされないような会社にお勤めの方には挨拶は非常に大事です。皆さん出来ていますか?適当に「オッス!」とか「よう!」とかで済ませていませんか?

朝の挨拶はいいアピールチャンスです。適度な大きな声で元気よく明確に「おはようございます!」と呼びかけて下さい。もちろん上司だけでなく他の同僚にもそうです。

元気の無い覇気のない挨拶をすると「こいつは大丈夫か?」と思わせる事となります。これでは今日一日安心して仕事を任せることができなくなります。上司は以外と見ています。

挨拶は元気よくしましょう。職場の人間関係もその方がスムーズになるようです。

 


言われたら即行動しよう。


上司から呼び出され「これすぐにやって欲しいんだけど・・・」とか「今日中にこの仕事してほしいんだけど・・・」と聞かれた経験ありませんか?それでその場ですぐ実行しましたか?ほっぽり出して違う仕事をしませんでしたか?

上司はそんな姿をみてガッカリすることでしょう。「自分の意思が明確に伝わっていない。」と思うことでしょう。ひどい場合は「こいつには何を言っても無駄だ!」と思われるかも知れません。

言われた事は即行動しましょう。仕事へのあなたのやる気を見せるいいチャンスです。そんな姿に上司は好感を覚えること間違いなしです。

 


約束の時間をつくりそれを守ろう。


言われたことが即実行することが出来ない場合にはこの方法を用いましょう。上司から言われた時に「何時までには仕上げます。」「いついつ何時までには終えときます。」と約束の時間を作りそれを確実に実行しましょう。このような事が出来ずにいつも言われたことに「はい解りました。」とだけ返事していませんか?

そんなこと誰にでも出来るのです。もしもそれでやってなかったとしたならば上司からあなたへの見方が冷たくなります。一気に信頼感が薄れていきます。

仕事で忙しいことは誰にでもわかるのです。上司も当然解っています。もし仕事で忙しいのなら時間を決めそれを確実に実行することが上司からの信頼を得ることに繋がるのです。

 


残業してみよう。


皆さんの会社では最近「時短!時短!」と叫ばれていませんか?ですので残業は好ましくないとの認識が多く広がっています。しかし仕事は一定量こなさないとなりません。

当然残業をしなければいけない時もあるでしょう。そんな時は率先して残業しましょう。上司から「こいつは頼もしい!」と思わせるようにしてください。

逆に愚痴を聞こえるように言ったり、仕事が多すぎるアピールは上司のみならず同僚からも嫌われます。基本仕事は効率良く早くこなせる人に任せたいものです。

ですが終わらない場合は文句1つ言わず残業する姿に上司は好感を覚えることでしょう。それが信頼関係に繋がるのです。残業は好ましくはないですがもしなったら文句は言わずに黙々とやりましょう。

 


飲みの席でやる気をアピールしてみよう。


最近の若者は飲み会離れが進んでいます。上司から「今夜一杯どうだ?」と言われ「今日は彼女とデートなんで行けません。」とか「今日はテレビ観るので行けません。」なんて断り方していませんか?正直上司はガッカリします。

上司の方が最近は気を使うなんて話もよく聞くところです。ほんとにこれでいいのでしょうか?答えは「NO!」です。上司から飲み会に誘われたら率先して行きましょう。

もちろん程度にもよりますが、上司からの信頼を得るいいチャンスです。そしてそこは上司を立てましょう。

上司から昔の話等聞くことはあなたの仕事にとってプラスなことばかりです。そしてあなたの仕事へのやる気をアピールするいいチャンスです。「こんな仕事をやってみたい」「あんな仕事をやってみたい」とアピールして下さい。

 


結果を出そう。


皆さんこれ聞くと「当たり前だ!」と思うことでしょうが基本一番大事なのは結果です。仕事の結果ほど仕事へのやる気を見せる機会はありません。確かに結果に至るまでの過程も大事です。

しかし結果が伴わなければ評価は下がってしまいます。仕事は結果を出すこと成果を上げる為に一生懸命働く事が大事です。上司はその過程も見ています。

見ていない上司は逆に言えば無能な上司と言えます。そんな上司はこっちから見限ってしまいましょう。有能な上司なら結果を出そうと必死になっている過程も結果と合わせて評価してくれるはずです。

結果を出すことで職場の人間関係が上手くいくとも言えます。やはり結果の出ていない人間は皆から避けられるようになります。結果を出しましょう。

 

いかがでしょうか。職場の人間関係でも大きなウエイトを占める上司とのやり取りです。その上司に仕事へのやる気をアピールすることがいかに大事なことかご理解いただけましたでしょうか。

冷たい言い方をすれば職場の人間関係が上手くいかない人は離職率も高いです。つまり安定して1つの会社に留まれる人は職場の人間関係が上手くいっていると言うことです。特に直属の上司とは仲良くするようにした方が皆さんの仕事がやりやすくなります。

上手にやる気アピールをして良好な人間関係を築いていきましょう。今まで出来ていなくてもいいのです。これから出来るようになればいいのです。

 


まとめ


仕事で上司にやる気を見せたい時に効果的な7つの行動

・まずは朝の掃除からやろう。
・挨拶を元気よくしよう。
・言われたら即行動しよう。
・約束の時間をつくりそれを守ろう。
・残業してみよう。
・飲みの席でやる気をアピールしてみよう。
・結果を出そう