これじゃ左遷されてもしょうがない!デキない人の共通点

これじゃ左遷されてもしょうがない!デキない人の共通点

生き馬の目を抜くビジネス社会では、何よりも信頼とスピードが要求されます。そこで、職場では能力を発揮してよい仕事を成したいものです。新社会人の新人職員たちは、職場では戸惑いは隠せません。

職場の雰囲気は独特なものです。けれども大多数の人たちは、直ぐにその流れをキャッチして順応していきます。ところが職場内には、未だに流れにマッチしきれない古参の人たちも存在しています。

そして、新人や古参のデキないと見られるボーダーライン上の人には、幾つかの特徴が見られます。これ以降、「これじゃ左遷されてもしょうがない!デキない人の共通点」を、皆さまとご一緒に見て参りましょう。



 


これじゃ左遷されてもしょうがない!
デキない人の共通点

 


些細なことに拘って、仕事を進められません


仕事上での不安や心配はあるものです。そのために、情報を出来るだけ集めて分析して、不安材料をなくしていくように努めていきます。デキない人は、どうでもよい些細なことに拘ってしまいます。

そして、そのことが気になって仕事を前に進めることが出来ません。そうなると上司や同僚からも敬遠されてしまいます。一緒にチームワークを組んで仕事をしていく上では、不適格者として捉えられます。

そこで、仕事の場から他へ左遷されるかもしれません。デキる人は、些細なことには拘らずに大局的に見て行動します。不安要素は、それを払拭できる資料収集の準備作業に、十分に時間を費やしていきます。

 


資料作りは曖昧で、その処理能力もありません


デキない人は、下調べやデーターのチェック、問題点や利点の抽出、大事なことをまとめる文章作成などの資料作りを、曖昧に処理しています。また、問題が発生すると自分で解決する姿勢を示しません。

問題点を洗い出し解決していく意欲がありません。問題のあった仕事はいつの間にか投げ出して、文句ばかり叩いて仕事に身が廃炉ません。この様な仕事を成していく処理能力のない人もいます。

左遷の候補に挙がるかもしれません。デキる人は、仕事を分析してそこから仕事を進めていく段取りを考えます。手順書や成績表などを集めて、その仕事の中身を評価できる資料作りをまとめることができます。

 


情報不足で、適切な文言ではありません


ビジネス社会では情報は不特定多数が共有します。情報を正しく伝えることは需要なことです。デキない人は、主語や述語を欠落させて簡素に書きます。情報の真意はその文章からは窺うことはできません。

それが指示洩れになり、詳細な補足事項の説明などを欠いているので問題になります。しかし、当の本人は書き上げた文章の内容で、十分に他者に真意は伝わったものと間違った判断をしています。

仕事上のミスやトラブルを誘発していきます。そうなると、左遷の候補にされるかもしれません。仕事がデキる人は、曖昧な表現や言葉を濁さずに分かり易い表現で書いて、必ず確認をとるようにしていきます。

 


緊張感がなく、公私の区別がみられません


職場には多くの人たちがいます。常に動き回っていて落ち着きのない人もいます。デキない人は、常に先を考えて行動することが苦手です。忙しくしている人も目的があって行動しているとは限りません。

あっちに立ち寄って話し込んだり、向こうの人たちと一緒に噂話をしていたりする人は、秘密案件などを抱えている大事な仕事には向きません。どこから秘密が漏れるかも知れないからです。

そういう人は、この部署から左遷されるかもしれません。デキる人は、仕事に集中できます。秘密案件では、自身は緊張感を持って仕事します。そして、プライベートとデスクワークの区別は明確にできています。

 


情報が多様で、整理ができていません


ビジネス社会では情報は全てに優先します。デキない人は、新しく市販される電子機器を使いたがります。そして、多様な機器が身の回りに存在します。ところが多様な機器の情報は一元化されていません。

情報はバラバラなもので一か所では閲覧できません。情報の確認作業や伝達事項などは、二度手間になりスピードは著しく遅くなります。その要因は、各機器を十分に使いこなせない人にあります。

最前線の職場では左遷のリストに挙がるかもしれません。デキる人は、電子機器に強く、情報を一元化してメリットやデメリットを数値化したり、仕事の傾向を見極める能力にも優れたものを持っています。

 


意見の相違を、解決しようとしません


職場での環境は快適さが求められます。時として上司や同僚とのちょっとした行き違いの不満は、ストレスの原因になります。デキない人は、その原因を自分の力で解決しようという行動を起こしません。

その結果、上司や同僚を批判します。また、自分の考えは上司や同僚に理解されて、解決に向かうと過度の期待を抱きます。そして、環境の変化が認められないと自身の不満は爆発します。

この様な人は、左遷されるかもしれません。デキる人は、職場の雰囲気を壊さない配慮と、自分から問題点を改善しようと考えます。そういう自発的な前向きな行動を起こしていきます。

 


仕事の失敗を言い訳して、責任を取りません


仕事の失敗を言い訳します。誰それがしたミスが引き金になった。景気が足を引っ張ったから悪い。などと他の要因が失敗の原因だと主張します。自分には責任はなく、すべて他にあると主張し続けます。

その反面、部下の失敗には躊躇なく責任をとらせます。重大な局面では何一つ決断を下せません。また、失敗から何かを学び取ろうともしません。勤務態度は不真面目で左遷の対象にされるかもしれません。

仕事がデキる人は、自分の責任は回避しません。部下の失敗などでも責任者として受け入れます。そして、迷惑をかけた周りの関係者に対して謝罪することができます。会社のイメージを大切にします。

 

いかがでしたか。ビジネス現場では、勝ち組になるためには労を惜しみません。チームワークが重視されます。時流に乗らないと弾き飛ばされます。仕事の空気を的確に掴み、それに沿った行動が求められます。

デキない人とデキる人がいます。自分はどうなのかチェックする余裕を持ちましょう。そして、時には時間を割いて手持ちのノウハウを見つめて、バージョンアップしておくことは必須の心得になります。

それが厳しいビジネス社会で生き残っていく知恵になります。さて、「これじゃ左遷されてもしょうがない!デキない人の共通点」を、あなたと共に見て参りました。この項がお役に立ちますことを願っています。

 


まとめ


これじゃ左遷されてもしょうがない!デキない人の共通点

・些細なことに拘って、仕事を進められません
・資料作りは曖昧で、その処理能力もありません
・情報不足で、適切な文言ではありません
・緊張感がなく、公私の区別がみられません
・情報が多様で、整理ができていません
・意見の相違を、解決しようとしません
・仕事の失敗を言い訳して、責任を取りません