仕事の悩みを解決する思考が育つ、日々7つの心がけ

仕事の悩みを解決する思考が育つ、日々7つの心がけ

仕事をもつ人たちは多忙な日々を送っています。そのような生活環境の中では仕事の目標や目的を見失ってしまいます。

すると仕事上で悩みを抱えることが出てきます。仕事の目標は、会社組織にどれだけ貢献できるかを問われるものです。

また、仕事の目的は顧客や社会にどれだけ満足を与えられるかということです。仕事の目標や目的を正しく理解すると仕事の悩みはほとんど解決できます。

ここではあなたと共に、仕事の悩みごとを解決していく考え方のポイントを見ていきましょう。



 


仕事の悩みを解決する思考が育つ、日々7つの心がけ

 


自分にない仕事の流儀を取り入れよう


ビジネスの世界では、一歩でも先んじてチャンスをつかむ者が生き残っていく厳しい一面をもっています。仕事で行き詰ってしまったら、藁にでもすがる思いで打開策を模索して行きます。

どうしてもアイデアが浮かばない時には、よい成績をあげている人や頭がよいと感じる人の行動を注意深く観察します。そこには自分にはなかったノウハウや行動パターンがあります。

それを言ってみれば、探り出し、推測して自分に使えるようにアレンジして仕事の目標や目的に沿うように取り入れていきます。

 


仕事の失敗を活かして今までのやりかたを改めよう


仕事での失敗は成長するための第一歩です。そして、失敗したらきちんと謝罪することが大切です。目標を見誤ったのか顧客のニーズに応えられなかったのか。

なるべくはやく失敗に至った経緯を冷静かつ客観的にまとめ、反省点やお詫びの言葉などもつけ加えた報告書を提出するようにします。

失敗したことは済んでしまったことで致し方ありません。けれども失敗に気づき素直に認めて反省して、その問題点を理解することが重要です。

そして、自分の今までの間違ったやりかたを修正します。その結果、失敗も経験のひとつとなって仕事にプラスに働きます。

 


仕事のときは無理をしてでも笑顔を見せよう


仕事の悩みを抱えていると、怖い顔や浮かない顔になり頭の中はネガティブな思考で一杯になります。職場や顧客の前では見せてはならないものです。

そこで、普段から笑顔を作り出す試みを取り入れていくと、すべてがいい方向にチェンジしていきます。

辛いときや疲れているときは無理をしてでも笑顔を作ります。そうすると、脳内の状態は明るい方向に傾きます。

体の感情もゆっくりと良い方向に変わり、自然に笑顔が浮かぶようになります。

 


思い切って実行プランの見直しをしよう


仕事の目標が高すぎることがあります。そうなると思うように行動を起こせなかったり、停滞感を味わったりします。そこで、思い切っていまの実行プランを見直してみます。

納期などの問題がなければ実行するプランの順番を遅らせてみます。自分の実力に見合うプランから手掛けるようにすれば、仕事はスムーズに流れていきます。

けれども自信がついてきたら、思い切って難易度の高いプランに挑戦する勇気を持つことは、あなたを飛躍させるチャンスになります。

 


自分の能力でできる仕事を受けよう


かって私たちは仕事人間などと呼ばれたことがありました。仕事中毒のように働き仕事に溺れてしまっては元も子もありません。

けれども仕事に責任をもって取り組む姿勢は大切なことです。仕事に向きあうときは、自分の能力で処理できるものと、そうでないものを明確に区別します。

そして、やらないもの、あるいは出来ないものの判断をしっかりと明らかにする必要があります。そのことを仕事を受けるときにためらわずに相手に伝える勇気が必要になります。

 


軽い運動をして考える力をリフレッシュしよう


目標達成にはどうしたらいいのか、顧客の希望するニーズに応えられないなど。仕事の解決策を探して机に向かってもいいアイデアが浮かばないことがあります。

そういう時は、思い切って違う空間に移動します。屋外の空や街路樹を眺めたり、大きく深呼吸して気分を一新します。

または、少し部屋の中を歩き回ってみても新鮮な酸素が取り入れられます。すると、脳血流は増えて停滞していた考える力が蘇ってきます。

そこでやる気を奮い立たせます。そして、自分を信じて再び仕事の解決策を探っていきます。

 


スタッフへの協力を感謝しよう


仕事が好きになるキッカケのひとつは、多くの仕事をこなして勘どころをつかむことです。そのためには得意でない分野の仕事もして苦労を重ねていきます。

その結果、少々のことではへこたれない根性がつき、忍耐力もついてきます。仕事の勘どころは自分のスキルになって仕事が面白くなっていきます。

多くの仕事をこなしてきた背景には自分の努力もありますが、周りのスタップの協力もかかせません。

何ごとに於いても自分ひとりの力だけで成し遂げたことではないという、謙虚な気持ちを常に持つことが大切です。

 

いかがでしたか。少し難しい問題でした。仕事上の迷いや不安を払拭する手段は、自分自身で努力して解決するしかありません。

自分自身の努力とは、ここで取り上げてきた仕事の目標や目的に沿った考え方をベースにして判断することです。

そのカギは、悩んでいる仕事の内容に仕事の目標と目的を当てはめます。すると問題点は浮き彫りになります。そして、あなたの結論を導きます。

ここで取り上げた仕事の悩みを解決する考え方は、ひとつの考え方としてあなたのお仕事のお役に立てれば幸いです。

 


まとめ


仕事の悩みを解決する思考が育つ、日々7つの心がけ

・自分にない仕事の流儀を取り入れよう
・仕事の失敗を活かして今までのやりかたを改めよう
・仕事のときは無理をしてでも笑顔を見せよう
・思い切って実行プランの見直しをしよう
・自分の能力でできる仕事を受けよう
・軽い運動をして考える力をリフレッシュしよう
・スタッフへの協力を感謝しよう